mark

2018/06/02
6月になりました

spacer spacer
spacer

梅雨の走りのような天候です。一時はだいぶ騒がれた麻疹(はしか)ですが板橋区では一応終息宣言が出されたようです。しかし全国的には終息はまだですし、全地球的には流行地域もあります。油断は全くできません。日本で流行に至らないのはなんだかんだ言っても皆さんワクチンをしてくださっており、そこそこ高い抗体保有率が維持されているためかと思われます。さらにがんばって、対象の方皆さんにワクチンを接種していただくことで外国からのはしかの輸入を防ぎ、さらに天然痘のように地球上からの撲滅となることを祈念しています。若い頃はしかによってその命や一生を奪われたかなりの数のお子さんとご家族を知る一小児科医の願いです。 前回もお知らせしましたが、
6月5日(火)より火曜午前は渡部先生の外来となります。
よろしくお願い致します。



mark

2018/05/07
5月になりました

spacer spacer
spacer

外国からいらしたたった1人の方のようで改めて感染力のすごさを感じます。いつも言うことですが定期接種を受けられない0歳児が最大の被害者です。はしかが流行すると必ずはしか脳炎の患者さんが一定数出現し悲惨な経過をたどることも多いようです。また完治したと思っても数年後に亜急性硬化性全脳炎(SSPEといいます)という極めて厄介な病気にかかることもあります。いずれも効果的な治療法はありません。ワクチンのみが唯一最大のはしかウイルスに対する対抗手段です。特にまだ接種していない1歳児および年長さんはお急ぎください。 水痘(みずぼうそう)も小学校世代にひっそり流行っています。小学校1年生以下の世代の方は定期接種で2回ワクチンを受けていらっしゃるので流行することはまずないのですが、2年生以上は要注意です。みずぼうそうは帯状疱疹の方から感染する場合もあります。幼稚園や保育園で流行しにくくなっているためにこういったケースが増えています。帯状疱疹の方が回りにいらっしゃった場合には受診の際に必ずお申し出ください。 先月から渡部先生が外来にいらっしゃっています。少しずつ慣れてらしたため、6月から火曜午前の外来は渡部先生にお願いすることといたしました。よろしくお願い致します。



mark

2018/03/28
お知らせ

spacer spacer
spacer

桜の花も咲きまたインフルエンザもほぼ見られなくなりました。花粉症の方以外は比較的平穏なシーズンとなって来たようです。先日お知らせいたしましたが9月より引き継いでくださる小児科医に、4月より来ていただくことになりました。渡部浩平先生という新進気鋭の方です。月曜日午前中、火曜日全日、金曜日午前中を予定しておりますが、当面は当院のシステムに慣れていただくために、しばらくは服部とともに診療をして頂く方針です。いろいろご不便もおかけいたしますが、今後もよろしくお願い申し上げます。

4月21日(土)は日本小児科学会(福岡市)に出席のため休診にさせて頂きたく思います。こちらもご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。



mark

2018/03/07
お知らせ

spacer spacer
spacer

3月になりました。はっとり小児科は2003(平成15)年31日開院し以来15年経過いたしました。なんとかここまでこられたのも患者さんやご家族また職員はじめいろいろな方々のおかげと思っております。改めてはっとり小児科にかかわりをもっていただいたすべての方に最大の感謝を申し上げます。

実は家庭の事情により本年7月末をもって理事長交代をし閉院させていただくことになりました。突然の話で驚かせて申しわけありません。ただし約1月のお休みをいただき9月より新理事長の小児科医がここで開院する予定になっております。今後もよろしくお願い申し上げます。

 



mark

2018/02/01
2月になりました

spacer spacer
spacer

先月は関東地方としては異常な大雪と寒さに見舞われました。そのせいか例年に増してインフルエンザが流行しています。先述したようにA型とB型が混在しているのが大きな特徴です。たてつづけに両方のインフルエンザに罹患された方も相当数いらっしゃいます。1回かかったからといって油断は全くできません。 インフルエンザに関してはほとんどの園、学校から登園ないし登校許可証の提出を求められます。インフルエンザの場合は発熱をした日、および解熱した日を基準に出席停止期間を考慮します。医療機関としては保護者の方のお申し出のみが情報源ですのでよろしくお願いいたします。「熱っぽかった」というお話より、例えば、「38.5℃だった」というほうがより客観的でわかりやすいのでご面倒でも検温していただければと思います。また許可証ご希望の方はどうしても朝に集中(特に休み明けの月曜日等)しますので、そのまま登園、登校されない方はゆっくりと来て頂いたほうが良さそうです。許可証のためのみに来院されることは患者さんとご家族にとってかなり面倒なことかと思いますし、われわれも少し面倒ですね。患者さんご家族、園あるいは学校、医療機関の3者の信頼関係がありみなさん公正にしていただいたら許可証なんて要らないのではなんと思うのは私だけでしょうか?
長い間ご迷惑をおかけした日本脳炎ワクチンですが、ようやく出回るようになったため、全面的に再開始といたしました。あわてなくても結構ですがどうぞ母子手帳を確認し薄紫色のシールが4歳以上の方は2枚、5歳以上の方は3枚そして10歳以上の方は4枚貼ってあることをご確認ください。



mark

2018/01/01
あけましておめでとうございます

spacer spacer
spacer

はっとり小児科15回目の新年を迎えることができました。速いものです。本年もよろしくお願いいたします。
ご迷惑をおかけしたインフエンザワクチンですがだいぶ手回るようにはなりました。ワクチンが不足気味だったせいかどうかはわかりませんが、例年より早めに年末からインフルエンザが出ています。例年は年内はほとんどA型なのですが今シーズンはA型とB型が混在し、むしろB型が多く見られます。ということは不運な方はたてつづけに2回かかる可能性もあるわけです。正月休みで一旦小康状態にはなるかと思いますが、これからが本格的になるでしょうから十分ご留意ください。毎年同じようなことを言っていますね。
特に新年の話題ではありませんが、最近転倒等で外陰部を傷つけた女児が数名受診されました。デリケートな部位なので大学の小児外科を紹介させていただきましたが、普通のスカートはいた方は軟膏処置ですみましたが、入浴中に転倒したの方は全身麻酔での縫合が必要となりました。当院の小児外科の上井医師によると薄いパンツであっても1枚の布の有無が重要とのことです。たしかに男の子の同部位の外傷はすくないようです。
そこで教訓
@運動するときはスカートよりズボンがよい。そうでなくても、せめて毛糸のパンツを。
A風呂場では慎重に行動しましょう。

てなところでしょうか。今年も健やかに。



mark

2017/12/02
12月になりました

spacer spacer
spacer

1年経つのは早いものです。ワクチン不足でご迷惑をおかけしているインフルエンザワクチンはだいぶ流通しはじめ、事態は改善の方向に向かってはいるようですがまだ十分とはいえません。きっと年明けになると潤沢に供給され、結局余ったという事態になりそうな気がしています。
この欄の記載事項の半分はワクチン関連のような気がします。そのくらい小児科と周辺領域ではではワクチンは皆さんの関心が高い事項かと思います。最近出版されたワクチン否定本がやや話題になっているようです。私はこういった医者が書く医療否定本はあまり好きではありません。内容を全否定するつもりは毛頭なく、また言論の自由も非常に大切に思っています。私が嫌いな点は、医師はやはり科学者なのだから言いたいことはまず堂々と学会や論文で科学的に意見を述べ、その後一般の方々へ啓蒙するのが本来の姿ではないかと思います。また巧妙なキャッチフレーズで一般の方々を煽るような調子の文が多いような気がするのも好きになれません。出版社の儲け主義に乗せられている気がします。ワクチン否定に対する反論は専門家にお任せしますが、私はワクチン否定論者の先生に2項目の質問をしたいと思います。

@ワクチン接種をしなかったために疾患にかかり重大な結果になったと思われる方をどのくらいご存知ですか?

Aワクチン接種をしたために副反応により重大な結果になったと思われる方をどのくらいご存知ですか?


のふたつです。ちなみに私の答えは@はおそらく20名くらいでしょうか。(はしか脳炎、風しん脳炎、おたふく脳炎、難聴、重症百日咳等です)ただし当時にもうてたワクチンをうたなかったという意味です。その後ワクチンの数が増え現在ならおそらくならなかったであろうインフルエンザ菌や肺炎球菌の髄膜炎やロタ脳炎で亡くなった方も数多く思い出されます。まことにお気の毒な彼らの姿は小児科医として痛恨の思い出です。またAに対する私の答えは0です。いつも言うように100%効果的で、危険が0なんてなワクチンはありません。ワクチンをうった恩恵とうたなかったリスクは評価が難しいものです。どうぞ、うつリスクとうたないリスクを十分にバランスしてご検討ください。
さらに小児科医が金儲けのためにワクチンをうっている論調がもしあれば、ますます言語道断です。小児科医は自分の金儲けのためにこどもに不利益になることは絶対にしないはずです。また経済的に見てもワクチンでその当座は売り上げ増加になるでしょうが(実は最近のワクチンは仕入れ価が非常に高価で利益率はたいしたことはありません)、次第に疾患そのものが減少し金銭的には損をすることとなるでしょう。でも苦しむお子さんが減れば大いに結構と思っています。
年末年始体制ですが、12月29日(金)午前中までは平常診療、12月29日(金)午後〜1月4日(木)休診、1月5日(金)より平常診療となります。平年と若干異なります。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。



mark

2017/11/17
インフルエンザワクチンについて

spacer spacer
spacer

中断しておりますインフルエンザワクチンの予約の件ですが、少数ながらワクチンを入手することができそうになりました。そこで11月20日(月)より受付を再開始させていただきます。ただし数には限りがあるためまた中断となる可能性は十分にあることをお含みください。よろしくお願い致します。



mark

2017/11/02
11月になりました

spacer spacer
spacer

先月も雨が多くその上週末になると台風が来たため、外遊びもできず欲求不満なお子さんも多かったのではないでしょうか?先月中旬に前野町付近にインフルエンザの小流行の兆しがありましたが、湿度が高かったせいかその後拡大はせず一旦終息しているようでほっとしているところです。しかし毎年言っておりますがインフルエンザは毎冬必ず流行しますので十分注意が必要です。その対策の1つとしてインフルエンザワクチンがありますが、不足状態が改善する様子がなく大変入手に難渋しています。そこでワクチン不足のためインフルエンザワクチン接種の受付を一時中断しなくてはならなくなりました。まさに“無い袖は振れぬ”状態です。まことに申しわけありません。再開時期は今のところお約束できません。また例年お受けしているお母様に対する接種はさらにむずかしく少なくとも11月中は無理と思われます。恐れ入りますが他医院をお当たりいただくか、12月以降までお待ちください。よろしくお願い致します。



mark

2017/10/19
インフルエンザワクチンについて

spacer spacer
spacer

既報のごとくインフルエンザワクチンが不足しております。10月開始される方のワクチンがなくなりました。まことに申し訳ありませんが10月19日(木)より一旦予約受付を中断させていただき、10月23日(月)より予約を再開いたします。こういった自転車操業状態は当分続くものと予想されます。毎年何らかのワクチン不足騒ぎがあります。なんとかしていただきたいものですね。どうぞご理解とご協力の程お願い申し上げます。 



mark

2017/10/02
10月になりました

spacer spacer
spacer

だいぶ気温も下がってふつうの風邪の方が増えて来ました。大変お待たせいたしましたがインフルエンザワクチンの予約を開始いたします。今年度はインフルエンザワクチンの供給が遅れかつかなり不足気味のため以下のごとくといたします。

【接種回数】
6か月〜12歳:2回(2〜4週間隔)
13歳以上:1回

【注射費用】
1回目4000円
2回目2000円
ただし他院で1回目を受けた方は4000円

【受付開始】
(10月中の接種ご希望の方のみ)
10月3日(火)
電話でのみお受けいたします。
2回接種の方は2回まとめてお受けします。接種開始は10月5日(木)の予定です。
                
以上の理由により未だ十分量のワクチンを確保できておりません。途中で一旦予約を中断する可能性があります。予約状況は院内掲示、ホームページでご確認ください。電話でもご遠慮なくお問い合わせください。またキャンセルの場合は必ずお電話をください。無断キャンセルの場合は予約を2回とも取り消させていただきます。例年はお母さんへの接種もいたしましたが、本年は当面お子さんのみとさせていただきます。おつりのない様におねがいします。予約をした方は、できましたらあらかじめ用紙を取りにいらしてください。また基礎疾患のある方は別途考慮させていただきますのでご相談ください。  
昨日駐車場で当院を受診をされたと思われるお子さんが他の方の車に投石をしたとのクレームがありました。もし自分の車に石をぶつけられたら誰でも大変いやなことでしょう。駐車場はご承知のようにはっとり小児科専用ではありません。今後このような事態が重なると駐車場を借りられなくなることが懸念されます。十分なご注意をお願い致します。



mark

2017/09/02
9月になりました。

spacer spacer
spacer

8月は天候が不順で夏の定番の手足口病に加え、むしろ冬の定番とされていたRSウイルス感染症も多くみられました。手足口病は見た目は何かと派手ですが重症化する方は皆無に近く皆さん数日以内に復帰されましたが(一部の親御さんはお子さんから罹患され大人は大変だった方もいらっしゃいました)、RSウイルス感染症は小さい赤ちゃんを中心に重症化することもあり、入院を要した方もいらっしゃいました。気候の変化かあるいは検査が簡易に行われるようになったせいか小児科の歳時記もだいぶ変わりました。
既報のごとく9月から都合により看護職員さんがおやめになることになり、人手不足が懸念されます。当面みなさまにご迷惑をおかけいたしますがよろしくご理解のほどをお願い致します。
9月13日(水)は服部が板野医師に代わり担当いたします。こちらもよろしくお願い致します。



mark

2017/08/15
看護師さん募集!

spacer spacer
spacer

9月から都合により看護職員さんがおやめになることになり、人手不足が懸念されます。当面みなさまにご迷惑をおかけいたしますがよろしくご理解のほどをお願い致します。そこでこの欄も借りて看護師さんを募集いたします。時間や形態は委細面談で、少しでもお気持ちのある方は職員だれでもけっこうですからどうぞ気軽にお声かけください。



mark

2017/08/04
8月になりました。

spacer spacer
spacer

今年は梅雨明け前のほうが暑く、むしろ明けてから不順な天候が続いています。例年とはすこし違う気候のせいかヘルパンギーナや手足口病といった夏カゼのほかにゼコゼコする冬型の風邪やマイコプラズマ感染症も相当数いらっしゃいます。毎年同じような話ですが、外出する機会も増えるでしょうからお子さんの事故にも十分ご注意ください。また食中毒にも要注意ですね。
8月、9月の水曜日の担当ですが都合により臨時に変更させていただきます。服部が8月16日、23日、9月13日に板野医師に代わり担当いたします。(8月30日は後述のごとくお休みをいただきます。)ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。
先も触れましたが夏のおやすみは学会出張も含めて8月27日(日)から9月3日(日)までとさせていただきます。どうぞご容赦ください。



mark

2017/07/12
日本脳炎ワクチンの不足について

spacer spacer
spacer

日本脳炎ワクチン不足についてはご迷惑をおかけしております。7月6日付けで日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会からのお願いを受けワクチンの接種対象を変更いたします。ただし不足状態が改善したわけではなく当分ご迷惑をおかけしますがお許しください。
@1回目、2回目の方を優先させていただきます。
A3回目、4回目(2期)の方は申しわけありませんがお待ちいただきます。
B年齢制限が差し迫っている方、近々東南アジア等に転居の方は別途考慮させていただきます。



mark

2017/07/07
7月になりました。

spacer spacer
spacer

怠惰のため更新が大変遅くなりました。
例年に比べこのあたりでは手足口病やヘルパンギーナなどの夏カゼも少なく平穏な日々がつづいております。そこで乳児死亡率のお話でも。小児の健康状態を示す数値はいろいろありますが、乳児死亡率とは生まれた赤ちゃん1000人のうち1歳までに何人亡くなるかを示した数字です。わかりやすいのでこれを取り上げてみます。こちらをごらんいただくとわかりますが、今の日本では1000人生まれた赤ちゃんで1歳になれない子は1.9人で世界でももっとも少ない値です。先天性の重篤な疾患を持った赤ちゃんもいらっしゃるわけですから、0にするのは現時点では不可能かと思われます。赤ちゃんもご家族もがんばってることと思いますし小児科医としてはちょっとうれしい数字です。この1.9という数字ですが、日本でも戦前は100以上、私が生まれた頃でも50程度、私が医者になったころでも日本はまだ10以上で世界でもトップとはかなり差がありました。そのころ日本の都道府県別では乳児死亡率などの数字が岡山県が圧倒的に低く、断然トップでした。これはわれわれ小児科医の先輩である山内逸郎先生という方のご尽力が大きいのですが、医者になりたてのころどうしても山内先生にお目にかかりたく夏休みを利用して岡山に行ったことを思い出します。この乳児死亡率もアフリカの発展途上国では100以上のところもまだありますし、近隣のミサイルを打ち上げている国は25程度とされていますが信憑性は?でしょうか。
大人の勝手がこどもたちにしわ寄せが行く世の中はいやですね。



mark

2017/06/01
6月になりました。

spacer spacer
spacer

5月も大流行はなく平穏に過ごすことができました。ただし前報のごとく日本脳炎ワクチン不足が続いています。お待ちいただいている方にはまことに心苦しいのですが、状況が少しでも好転したら部分的にでも解除したいと思っております。日本脳炎は日本という名前はついていますが国内でで罹患する可能性は相当に低いので、恐れすぎることはないかと思います。蚊に刺されなければかからない病気なので蚊に注意をいたしましょう。日本脳炎だけでなくデング熱やとびひの予防にもつながりますのでお勧めです。
最近の文献(英語ですが)で気になるものを見つけました。それによると女性のファッション用のマネキンの体型のほとんどは人間にすると極端にやせすぎとのことです。そんなやせすぎの体型を素敵なファッションの見本として提示することは、若い女性たちに誤ったイメージを与え、貧血や摂食障害等の危険に結びつくことが危惧されます。たしかに最近の思春期以降の女の子は自分は太っているというイメージを持っている方が多く不適切なダイエットを行って重大な病気に結びつく方も増えているように感じます。こどもは少しずつ体重が増えていくことが正常であることを再認識していただきたいものです。



mark

2017/05/12
日本脳炎ワクチンの不足について

spacer spacer
spacer

日本脳炎ワクチンが非常に不足しています。最大限の努力で確保してまいりましたが追いつかず、心苦しいのですが当面以下のようにさせていただきたいと存じます。

@1回目、4回目(第2期)の注射の方は申し訳ありませんがしばらくお待ちいただきます。

A当院で1回目、2回目の接種を受けた方は2回目および3回目の予約をお受けいたします。

B近々東南アジア等にご転居の方は別に考慮させていただきますのでお申し出ください。




mark

2017/05/01
5月になりました。

spacer spacer
spacer

4月はこれといった大流行も無く平穏に過ごすことができました。ただ、例年通り新入園児の方々にはつらい季節となったようです。気候もよくなってくることですし連休で一息ついてといった感じでしょうか。
最近幼稚園や保育園から登園許可書の提出を求められるケースが増えてきているように感じます。以前は学校保健法で出席停止となる疾患(はしか、水ぼうそう、おたふくかぜ、インフルエンザ等)に限られていたように思うのですが、だんだん増えてきて感染症の可能性があれば出せ見たいな感じになっているところもあります。臨床の場において“○○の可能性はありますか?”と問われた場合には答えはほとんど“イエス”しかありません。小さな淡い発疹ひとつ、ちょっと軟便あるいはちょろっと鼻水だけでも感染の可能性はあることになってしまいます。何回も受診しなければいけなくなる患者さん親子が一番大変ですし、私どもも少しだけ大変です。大勢のお子さんを預かる中、厳格な保護者の方もいらっしゃるでしょうし園のお立場もわからないわけではありませんが再考を望むところです。板橋区内の園の方は園側と板橋区医師会小児科医会の取り決めで無料なのでまだよいのですが、区外の園や一部所定の用紙で無いものを持参されると有料となるためなお心苦しい気がします。



mark

2017/04/01
4月になりました。

spacer spacer
spacer

桜が開花してからは気温が低めの日が多く、そのため開花もゆっくりだったようですがそろそろ満開近しでしょうか。入学式まで保ってくれると良いですね。さすがにインフルエンザも少なくなっていますが寒さと卒業式への強行出席などの影響もあるのでしょうか名残りのインフルエンザも少し見られます。ワクチンの効果もそろそろ種切れでしょうし皆様どうぞご留意ください。
毎年同じことを言っておりますが、新年長の皆さんは麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)の第2期の接種時期になります。最近日本の各地で外国(特にインドネシア)帰りの方からの感染が見られ、今年に入って3月8日までで44名の患者さんが発生しております。昨年同時期の患者数が2名だったことを考えると由々しき事態かと思います。このまま油断をすると日本は麻疹排除国のタイトルを剥奪されたあげくにワクチンを受けられない1歳未満の赤ちゃんに流行することが危惧されます。どうか皆さんはやめの接種を受けられることを強くお勧めいたします。
都合により4月以降の水曜午前の担当は原則板野医師となります。よろしくお願い致します。



mark

2017/03/01
3月になりました。

spacer spacer
spacer

3月はじめはまだ寒い日も多いのですが梅の花も咲き陽の光も力強くなってくるのはうれしいことですね。インフルエンザもだいぶ下火になってきました。いままでですとこの時期ロタウイルス等の急性胃腸炎が増えたのですがワクチンの普及でそれもなく平和な日々を迎えています。
年長さんに対するはしか・風疹混合ワクチン(MRワクチン)の第2期の接種期限は今月いっぱいです。このワクチンが現在不足気味のようでこの時期いわゆる駆け込み需要のため一層品薄になることが危惧されます。対象の方はお早めにお願い致します。はしかはたった1人の患者さんから集団発生を引き起こします。現に先月も三重県でありました。私ぐらいの世代ですと多くのはしか患者さんを診ています。脳炎や重症肺炎で死亡された方や、死に至らずも完全に植物状態なってしまったお子さんも記憶に残っています。はしかにかかる子供はもう見たくありません。はしかにかかる方の大半はワクチン未接種か1回のみの方と思います。第2期もきわめて大切ですのでお忘れないようにお願いします。



mark

2017/02/01
2月になりました。

spacer spacer
spacer

今年の1月は例年より寒い日も多いように感じましたが歳のせいでしょうか?そのため大方の予想通りインフルエンザが流行しています。ほとんどはA型で比較的軽症に経過する方も多いように感じます。ワクチンを適正に接種した方も発症している方も多いのですが特に軽い方が多いように感じます。また抗インフルエンザ薬の効果も見られているようです。しかし決して侮れない疾患ですし、まだ流行の真っ只中ですので十分にご用心ください。
世界中を見回すとどうも穏かな世界とは逆の方向に進んでいるように思われます。どうして人間どもは争いごとを好むのでしょうか。悲しいことですね。梅の花も開いてきました。春が待ち遠しいですね。



mark

2017/01/01
あけましておめでとございます。

spacer spacer
spacer

あけましておめでとうございます。おかげさまではっとり小児科も14回目の新年を迎えることができました。改めてみなさまに御礼申し上げます。昨年秋から暮れにはインフルエンザは本格的な流行には至りませんでしたが、みなさまご存知のごとく胃腸炎が大変多くみられました。大半はノロウイルスかと考えられますが感染力が非常に強く一家全滅などというお宅も多かったのですが、幸いに軽症で経過する方が多かったのは幸いでした。年が明けてもまだ名残りはあるかと思いますのでどうぞご留意ください。またインフルエンザは新学期が始まって1週間ぐらい経った1月中旬位からピークをむかえることが多いのでこちらも更なる注意が必要です。毎年同じようなことを言っておりますが、病気の移り変わりで季節を感じるのは小児科医の悲しいさがなのでしょうね。気候や花鳥風月あるいは味覚で季節の移ろいを感じられるようになりたいものです。
今年一年明るいニュースの多い年になることを切に望みます。こどもがらみの暗いニュースはご免ですね。特に虐待であるとか子供を使った自爆テロなんてな話は金輪際見聞きしたくありませんね。
1月の水曜日午前の外来の件ですが、都合により交代し11日と25日は板野先生、18日は服部となります。なお、1月4日まで休診、5日より通常通り診療いたします。よろしくお願い致します。



mark

2016/12/01
12月になりました。

spacer spacer
spacer

晩秋から初冬に移行しつつあるようです。インフルエンザも区内でボチボチでているようですが、幸いこの近隣の園や学校で爆発するまでには至っていないようです。代わりにというわけではありませんが、嘔吐や下痢の胃腸炎が急に増えている印象があります。が幸い重症化する方はほとんどおられないようです。みなさんどうぞお気をつけください。
またワクチン不足の話題で恐縮ですが、日本脳炎ワクチンが不足し、1回目の接種の方にはお待ちいただいておりましたが、いったんは完全に中止せざるを得ないほど逼迫しましたが、幸い一息つけて現在は希望のお子さんすべてに対応はできております。ただしいつ状況が変わるか不透明ですので対象の方は早めの行動をお勧めいたします。朝令暮改といった感じですが、ご理解のほどお願い致します。

年末年始は以下の体制になります。
12月28日(水)までは平常診療
12月29日(木)〜1月4日(水)休診
1月5日(木)よりは平常診療

休暇期間中はいろいろご迷惑をおかけいたします。毎年同じことを言っているようですが、来年こそすべてのお子さんにとって穏やかな良い年になるように祈りましょう。皆様よいお年をお迎えください。



mark

2016/11/01
11月になりました。

spacer spacer
spacer

10月上旬には半袖を着て冷房を入れていたと思うのですが、1月たらずでコートや暖房もほしくなるような陽気です。そろそろインフルエンザの話題が出てきそうですね。以前にも書きましたとおりはしか風しん混合(MR)ワクチンは再開できましたが、こんどは日本脳炎ワクチンが不足しています。例によって厚生労働省は足りているはずだとのコメントですが現場では不足しており全国的な傾向のようです。そこで当院でも1回目の接種の方にはお待ちいただいております。幸い季節は冬に向かっており蚊に刺されなければかからない病気ですので当面はよいのですが、この騒ぎが長期化しないことを願っております。ただし東南アジア等の流行地に移住や旅行される方(6か月以降の方が対象)は優先的に接種いたしますのでご相談ください。しかし何かのワクチンが足りないといって騒ぐのは年中行事のようです。定期接種はおおまかな接種者数が予想できると思うのですが厚生労働省でなんとかコントロールできないのでしょうか。本当に無駄なエネルギーを使わされている感じです。B型肝炎ワクチンはいまのところ供給は順調ですが、お母様(お母様が陽性の場合は母子感染防止事業といって違ったメニューになります)以外の同居ご家族にHB陽性の方がいらっしゃる場合は、2か月以前(ワクチン自体は生まれたその日から接種可能です)でも早期ワクチン接種が強く勧められますので直ちにご相談ください。



mark

2016/10/10
はしかワクチンについて

spacer spacer
spacer

先日この欄でもお知らせしたはしかワクチンの不足の件ですが、状況が少しずつ改善の兆しがあるため、原則第1期(1歳児)に限っていたはしか風しん混合ワクチン(MRワクチン)の接種を再開させていただきます。お待ちいただいていた第2期(年長さん)の方には大変ご迷惑をおかけいたしました。ありがとう存じました。



mark

2016/10/01
10月になりました。

spacer spacer
spacer

9月はほとんど曇りか雨で時折台風が来て大胆な味付けをするみたいな天候でかなり欲求不満だったお子さんも多かったことと思われます。先月も話題にしたはしかですが幸いこの近隣では大爆発には至っていないようですが引き続き要注意です。そこで未罹患、未接種の方は速めに予防注射をと言う話になるのですが、お定まりのワクチン不足騒ぎになっております。厚生労働省は例によって定期接種分は足りているとの発言の繰り返しですが、現場ではきわめてワクチンが入手しづらい状態になっております。そこで当院では1歳の第1期の定期接種の方を最優先とし、未罹患でかつ1回も接種していない中学生以下の方を優先に接種させていただいております。予約をお受けしていた方は責任を持って接種させていただきます。年長さんの第2期の方もお待ちいただいておりますが、来年の3月までには必ず接種していただけるように配慮いたします。最近厚生労働省から昨年度の市長村ごとのはしか、風しん混合ワクチンの接種率が発表されました。板橋区は第1期は対象4485名中4395名接種(接種率98.0%) 、第2期は対象3996名中3962名接種(接種率99.1%:東京23区では第一位)と大変すばらしい成績だと思います。おそらく0歳児クラス以外ではクラス内流行は避けられるかと思われますし、近隣で大流行しない理由かとも思います。今後は成人への対策も肝要かと思われますがワクチン不足ではいかんともしがたいですね。なんとかしてほしいものです。
これも既報ですが10月1日よりB型肝炎(HB)ワクチンの定期接種を開始いたします。対象は本年4月生まれ以降の2か月から1歳未満の方で対象の方はもうそろそろ予診票がお手元に届いたのではないでしょうか。先月にも書きましたように3回接種ですが、特に4月生まれの方は10月以降に開始して誕生日の前日までに3回接種するのは相当きついスケジュールになるかと思いますのでお早めにご相談ください。ただしお母様がHB陽性の場合には異なるスケジュールになるために定期接種の対象にはなりません。またお母様以外の同居ご家族にHB陽性の方がいらっしゃる場合は、赤ちゃんに2か月以前の早期ワクチン接種が強く勧められますので直ちにご相談ください。



mark

2016/09/04
9月になりました。

spacer spacer
spacer

8月の東日本は天候不順な日が多くあまり夏らしさは感じられないうちに9月になってしまったという印象です。
以前にもこの欄に書きましたが日本から麻疹(はしか)が撲滅されてかなり経ちました。言い換えるとはしかは海外から輸入しない限りかからない病気になりました。しかし最近国内で複数の感染が報告(千葉県松戸市、東京都北区、神奈川県相模原市等)されました。その中で最も気になるのは関西在住でワクチン未接種の方が、インドネシアから帰国後にはしかを発症し、発熱や発疹があるにもかかわらず8月14日に幕張メッセでのジャスティンビーバーとやら(私には初耳の方ですが)のコンサートに行ったそうです。その会場だけで約25000人、その間の移動や宿泊施設で何人の方が同じ空気を吸っていたかを想像すると非常に恐ろしい話です。その中に何人のワクチンを受けたくても年齢に達せずに受けられない赤ちゃんが居て、今頃発症しているかもしれないと思うときわめて遺憾です。会場で感染した方々がまわりの赤ちゃんにうつす二次感染の可能性も大です。もしその方がその危険を知りつつ会場に行ったのならあえて言いますが犯罪行為かと思います。
今年度のインフルエンザワクチン接種法が決まりました。方法は昨年と同じです。今年も原則小児に限らせていただきたいと思います。
接種回数:6か月〜12歳 2回(2〜4週間隔)、13歳以上1回
注射費用は12歳までは1回目4000円、2回目2000円(1回目を他院で接種した方は4000円です)、13歳以上は4000円です。接種予診票は当院にあります。

可能ならばあらかじめ用紙を取りにいらしてください。
受付開始:9月23日(金)電話でのみお受けいたします。2回接種の方は2回分まとめてお受けします。
接種開始:10月18日(火)です。
いろいろ細かく言って申し訳ございませんが、限られたマンパワーでなるべく効率よくやるためですのでよろしくご理解のほどをお願いたします。
またB型肝炎ワクチンの定期接種が10月1日より始まります。対象は本年4月1日以降に生まれた方で生後2月〜1歳までです。対象者には順次予診表が区より送られてくるようです。待機されている方も相当数おられる様ですし、日本で使われているワクチンの50%以上が熊本で生産されているため地震の影響が懸念される上、インフルエンザワクチンの接種時期と重なるためどこの医療機関でも相当の混乱も危惧されます。ご希望の方はどうぞ早めにお問い合わせください。行政サイドは10月1日スタートがお好きのようですが、新しいワクチンに関してはぜひ避けていただきたいと毎年のように言っておりますがなんともなりませんね。
9月5日(月)より通常診療になります。よろしくお願い致します。



mark

2016/08/01
8月になりました。

spacer spacer
spacer

今年は関東地方の梅雨明けがだいぶ遅れました。暑くないのはありがたかったですが、例年とはすこし違う気候のせいかヘルパンギーナや手足口病といった夏カゼのほかにゼコゼコする冬型の風邪も相当数いらっしゃいます。喘息の気がある方などは特にご留意ください。8月の小児科は年間を通してもっとも暇な時期ですが、外出する機会も増えるでしょうからお子さんの事故には十分ご注意ください。また食中毒も要注意ですね。
8月、9月の水曜日の担当ですが都合により臨時に変更させていただきます。服部が8月3日、17日、9月7日、板野医師が8月10日、24日、9月14日になります。(8月31日は後述のごとくお休みをいただきます。)ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。
先も触れましたが夏のおやすみは学会出張も含めて8月27日(土)から9月4日(日)までとさせていただきます。どうぞご容赦ください。



mark

2016/07/02
7月になりました。

spacer spacer
spacer

梅雨真っ盛りです。九州地方は地震に引きつづき豪雨に襲われてまことにお気の毒です。改めてお見舞い申し上げます。このあたりは今のところはアジサイにカタツムリといたような昔の梅雨の風情がします。今後も激しい雷、ゲリラ豪雨、竜巻などは御免蒙りたいものです。梅雨が昔風なためか例年に比べていわゆる夏カゼの患者さんが少なく平和な感じがします。しかし少しずつ手足口病やヘルパンギーナの患者さんがみられつつありますのでどうぞご用心ください。といっても対策は十分な休養と水分栄養補給および手洗いといった古典的な方法くらいしかありませんが、昔ながらのものは的を射ている事も多いですね。
夏のおやすみの件ですが今年は8月27日(土)から日本外来小児科学会(高松市)に出席のためお休みをいただき引きつづき9月4日(日)まで夏休みとさせていただきます。今年も昨年同様1週間より1日多いのですがスタッフも含めて学会出張いたしますのでどうぞご容赦ください。



mark

2016/06/16
6月になりました。

spacer spacer
spacer

6月になりました。ゴールデンウイーク明けから梅雨入りまでは一年を通して最も過ごしやすい気候かと思っておりましたが、5月は半袖を着たいような暑い日が多い様に感じました。 もう間もなく梅雨入りでしょうか。
5月は特に大きな感染症の流行は見られませんでしたが、一部で水痘(水ぼうそう)と流行性角結膜炎(はやり眼)が流行したところが見られました。水痘は2回の定期接種が始まってから劇的に減少した印象があったのですが、今回は予防接種0〜1回接種の小学生の世代より流行が始まった印象があります。この世代は自分で着替えをするので親御さんが発疹に気がつかず登校させてしまうケースが散見されました。それでクラスで流行しその後弟や妹が罹患するといったパターンが多いように感じました。流行性角結膜炎は感染力が極めて強く大人にも容易に感染するため保育園でお子さんがもらってきて一家全滅となりお母さんが1月近く職場をお休みせざるを得ないという方も複数おられました。どうぞご留意ください。
4月よりBCGの個別接種が始まっておりますが、当面混乱を避けるため専用の時間帯を作らせていただき、他の予防接種や健診とは同時には行わないようしております。長期入院をしていたであるとか海外にいた等特別なご事情がある方は考慮させていただきますのでお申し出ください。



mark

2016/05/02
5月になりました。

spacer spacer
spacer

4月はインフルエンザの名残りはあるもののこれといった流行はなく、比較的静かで穏やかな外来でした。いらっしゃる患者さんの大半が新入園児あるいは新入学児でした。特に今まで自宅にいらしたいわゆる“箱入り”だった方には相当な試練のようです。第1子の場合はことさらのようです。たてつづけの発熱にはじめて体験するご両親は驚かれることかもしれませんが“また風邪をひいた”ではなく“これでまたひとつ免疫がついて丈夫になった”くらいに思っていただきたいと思います。新入園児の小児科通いは、保育園での号泣の合唱とともに4月の季語あるいは風物詩といってよいものと思われます。おそらく新入園の皆さんもふた冬過ぎれば見違えるように丈夫なお子さんになると思われます。
5月13日(金)午後と14日(土)は日本小児科学会(札幌市)に出席のため休診にさせて頂きたく思います。遠隔地のため例年より半日多く休みを頂きご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。また5月11日(水)午前は臨時に板野先生の外来となります。こちらもよろしくお願い致します。



mark

2016/04/08
おしらせが2点あります。

spacer spacer
spacer

おしらせが2点あります。
板橋区のBCG接種が集団から個別接種になることを受け当院でも4月11日(月)より接種開始いたします。ただしこのワクチンは他のワクチンとは接種方法が全く異なりやや面倒な点もありますので、当面接種する日時を限定して行うことといたします。詳細はご連絡ください。
もう1点ですが4月14日(木)の受付時間は小山医師のご都合により17時45分までとさせていただきます。間際のご連絡でいろいろご迷惑をおかけいたし申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。



mark

2016/04/01
4月になりました。

spacer spacer
spacer

ことしも桜が咲きました。この時期は特有の雰囲気がありますね。
今月以降に生まれた赤ちゃんからB型肝炎ワクチンが定期接種(はやい話が無料)になります。接種は3回でそれぞれ生後@2か月、A3か月、B7〜8か月が対象となるようです。ただし実施は今年10月からなので、今月生まれの赤ちゃんはBしか対象にならず、@とAは自費ということになります。ですので10月まで待つという意味はありませんのでご注意ください。
定期でできるワクチンも徐々に増え次第に世界の標準に近づいてはいますが、保育園問題ひとつをとってもまだまだこどもたちに対する施策はお年寄り等に比べ不十分に思います。小児科医のひがみもあるでしょうがこの原因のひとつは子供たちには選挙権がないこともあろうかと思います。さらに親の世代は選挙権はあってもお年寄りに比べて投票所にいかないこともあるでしょう。この際思い切ってすべての子供にも選挙権を与え、成人するまでは保護者がその子に代わって子供の立場で投票するなんて制度も一考ではないでしょうか。書生論ですかね。



mark

2016/03/01
開院から13年経ちました

spacer spacer
spacer

3月になりました。例年同じようなことを書いておりますが2003年3月1日の開院より13年が経ちました。はやいものですね。多くの方々のご協力を得、またさらに多くの方にご迷惑をおかけしたかと思います。それらすべての方々にお礼とお詫びを申し上げたいと思います。
今シーズンのインフルエンザはスタートが遅かったのですが急に増え結局例年通りに流行が見られました。A型とB型がいっときにはやり、学校内や家庭内でも両方の方が混在していたり、たて続けに両方にかかってしまったアンラッキーな方も見られました。さすがにピークは過ぎたと思いますが例年だらだらと流行がつづくことが多いのでまだ油断はできません。どうぞご留意ください。
年長さんに対するはしか風疹ワクチン(MRワクチン)の期限は今月いっぱいです。あやしい方はもう一度母子手帳のご確認をお願い致します。もうひとつワクチンネタですがB型肝炎ワクチンが10月から定期接種化(早い話が無料)されることになったようです。ただし対象は今年4月以降に生まれた方だそうです。つまり今生まれている赤ちゃんは待っていても無駄のようです。以下は愚痴ですが、どうして新しいワクチンの開始は必ず10月からなのでしょうか。どちらの医療機関もインフルエンザワクチンが始まるので予防接種外来が最も忙しい季節なので、いろいろトラブルも起こりやすいでしょうにと思ってしまいます。お上からすれば関係ないことなんでしょうか。



mark

2016/02/01
2月になりました

spacer spacer
spacer

例年より遅い様に思っていたインフルエンザの流行が1月末より急激に増え、近隣の小学校や幼稚園でも学級閉鎖になっているところもあるようです。例年の繰り返しですが十分にご留意ください。
化血研騒ぎはだいぶ沈静化し 4種混合ワクチンもすべての方に接種出来るようになりました。ご好意でお待ちいただいた方々に改めてお礼申し上げます。 日本脳炎ワクチンやB型肝炎ワクチンも他社製品もあることからなんとか渋滞を起こさずにすみました。この間B型肝炎ワクチンを緊急に接種すべき方(B型肝炎陽性のお母さんから生まれた赤ちゃんやB型肝炎陽性の患者さんの針を誤ってさしてしまった方など)の分までは不足しなかったことは幸いでした。原因はいろいろでしょうが毎年のように起こるワクチン不足は何とかしていただきたいものです。
聞きなれぬ病気ですがジカ熱という病気がアメリカ大陸で流行しているようです。当面日本にはあまり影響はなさそうですが、これもマラリアや日本脳炎およびデング熱と同様に蚊に刺されることによりかかる病気です。ある調査によるとヒトを最も殺す動物はなんと蚊で年間約72.5万人を殺しているそうです。ちなみにヘビは第3位で5万人、ワニは第10位で1000人、サメは第15位で10人だそうです。全地球レベルで蚊の駆除を考えてみる価値はあるように思います。でもこの調査で最も衝撃的だったことはヒトを殺す動物の第2位はヒトで47.5万人とのことです。これはなお深刻な問題で全世界の人間がほんとうに真剣に考えるべきことでしょうが解決はもっと困難なのでしょうか。情けないことです。



mark

2016/01/01
あけましておめでとうございます

spacer spacer
spacer

おかげさまではっとり小児科も13回目の正月を迎えることができました。安穏な年となることを心より祈っております。
昨シーズンはインフルエンザのピークが一昨年12月だったので大変な暮れでしたが、対照的に昨年12月は静かにすごさせていただきました。と言うことはこれからインフルエンザのシーズンを迎えると考えられるので皆さん今後の十分な警戒が必要です。
化血研騒ぎはまだ収まってはおりませんりませんが、4種混合ワクチンは少しずつ手に入るようになり今月よりすべての皆さんに接種できる運びになりそうです。お問い合わせください。しかし日本脳炎ワクチンやB型肝炎ワクチンはまだとまっているようで今後が気になります。とくにB型肝炎ワクチンは来年度よりの定期化が予定されているのでその影響は大いに危惧されます。十分な検査をし品質に問題がないのならば、化血研へのペナルティーは別の形で科し、ワクチンは早期に市場に出していただきたいと思います。私のところにはいらっしゃいませんが、特殊な疾患で血液製剤を使い続けなければならない患者さん方の薬剤はもちろん最優先で配慮されるべきでしょう。
今年もいろいろなことがあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。



mark

2015/12/01
12月になりました

spacer spacer
spacer

寒くはなってきましたが例年ほどではないせいでしょうか胃腸炎もインフルエンザもあまり出ていないようです。先月この項ですこし触れましたが、4種混合ワクチンの不足は12月はじめの時点では持続しています。当院では乳児期の1回目、2回目の接種を優先にし3回目、4回目(追加)は保護者の皆様のご好意で待っていただいております。しかしこのままですと1回目からの接種も不可能となるため新規予約はお断りしている状況です。気持ちよく待っていただいた保護者のかたがたには心よりお礼申し上げます。ただしお上からは出荷のお許しが出たそうですし、別の会社のワクチンもそろそろ発売になるそうなのでもう少しの辛抱かと思います。今回の騒動は詳細はわかりませんが、会社の責任はもちろんありましょうが、お上の監督責任も問われるのではないかと思います。会社への罰なら別の形にし、乳児を人質にとるような形は許されることではないと思います。
やや旧聞ですが本年9月末にWHOがアフリカのすべての国でポリオが終息したと発表いたしました。まことにすばらしいことかと思われます。後残るはパキスタンとアフガニスタンの紛争継続地域だそうです。どうして人間は無駄な殺し合いをするのでしょうかね。
もうひとついやな話で栃木でT型糖尿病の男児にインスリン注射をやめさせ死に至らしめた事件で自称祈祷師とやらが逮捕されました。事実であるならまことに許しがたい行為です。もし保護者が知的障害がないなら同罪かと思います。おとなたちは子供たちが暮らしやすい環境を作ってやれないものでしょうか。
年末年始は以下の体制になります。
12月28日(月)までは平常診療、12月29日(火)〜1月4日(火)休診、1月5日(火)よりは平常診療。
休暇期間中はいろいろご迷惑をおかけいたします。毎年同じことを言っているようですが、来年は穏やかな年になるように祈りましょう。よいお年をお迎えください。



mark

2015/11/01
11月になりました

spacer spacer
spacer

寒い季節に向かっています。例年RSウイルス感染症に代表される“ゼコゼコする風邪”、あるいはノロウイルス感染症に代表される“おなかの風邪”、 時にはインフルエンザの“はしり”が見られるのですが今年は今のところはこのあたりでは大爆発には至っていないようです。
インフルエンザワクチン接種はピークを迎え各医療機関のワクチンはてんてこまいかと思いますが、毎年この時期にあわせいやみのようにワクチン不足騒ぎが起きます。インフルエンザワクチンに関してはマスコミでも取り上げられてのでご存知の方も多いでしょうが、そのほか4種混合ワクチンや日本脳炎ワクチンでも同様のことが起きているようです。蚊はもういないと思いますので日本脳炎はまだ良いのですが、百日咳はいつかかるかもわかりませんので4種混合は大いに心配です。どうもマスコミは小児にしか関連しないことは冷たいような気がするのは小児科医のひがみでしょうか。ワクチンに関してはできるかぎり努力をし接種いたしますがどうしても不足する節にはなるべく医学的に公平になるよう対処する所存です。
やや旧聞ですが本年も2名の日本人がノーベル賞を受賞されました。まことにすばらしいことと思います。梶田先生のニュートリノうんぬんに関しては正直言ってそのすばらしさを理解するだけの知識がなく、とにかくすごいんだくらいの感想しかなく申し訳ありません。 大村先生のご研究はすばらしさが理解できます。対象疾患患者がほぼ発展途上国に限られる疾患で、この手の疾患はエボラ出血熱やデング熱も同様ですが先進国は儲からないためか研究が進まない傾向にあるようです。一方エイズや新型インフルエンザのように先進国でも多くの患者がでる疾患には比較的熱心な様です。ある意味人種差別なのかもしれません。大村先生の薬は家畜薬として利益がでたという点は製品化する上でラッキーだったのかもしれませんが非常に偉大な功績と思います。これが年1回の経口薬という点も良かったのかと思います。注射でしたら医師や看護師がいないところではほぼ不可能ですが、 経口ならば誰でも投与することができるのも成功した要因でしょう。発展途上国では注射の不活化ポリオワクチンではなく経口のポリオ生ワクチンが良いというのと同じ理由ですね。経口の方が圧倒的にコストがかからないということもありますが。
もう間際の話ですが、11月4日(水)の診察は服部、11日(水)は板野先生に変更になります。よろしくお願いいたします。



mark

2015/10/03
10月になりました

spacer spacer
spacer

今年は秋がはやいような気もします。昨年の今頃は木曾御嶽山の噴火とデング熱の国内発生が話題になっていました。今年は全国各地で噴火騒ぎはありますがさいわい大惨事には至っていませんが、そのかわりというわけではないでしょうが大洪水で多くの方が難渋しておられるようです。心よりお見舞い申し上げます。本当に自然災害の多い国で多方面での注意が常に不可欠ですね。
デング熱の方は今のところ国内で感染した方の報告はない(外国でもらってきた方は結構いらっしゃいます)ようですが、東南アジア等では多発しているようで亡くなられた方も相当数いらっしゃるようです。今後も要注意ですね。デング熱同様に蚊が媒介する感染症の話題でことしは25年ぶりで千葉県で日本脳炎の小児例が報告されました。東日本での日本脳炎発症は珍しいとされてますが気になるところです。温暖化の影響でしょうか?デング熱のワクチンはありませんが日本脳炎には優秀なワクチンがありますので3歳過ぎたら積極的に接種しましょう。流行地に住む方やご心配な方は6月以降の接種も可能ですのでご相談ください。
今年度のインフルエンザワクチン接種法は昨年までと同じで受け付けは9月28日(金)より開始になっております。未定であった価格ですが、1回目4000円、2回目2000円(ただし他院で1回目を受けた方は4000円)とさせていただきました。ワクチンが3価から4価にパワーアップされるにともない納入価が値上げになったためです。2回受けられるお子さんの負担をなるべく減らしたいという考えからやや変則的になりました。よろしくご理解のほどをお願いいたします。



mark

2015/09/01
9月になりました

spacer spacer
spacer

今年は秋が早いような気もします。8月末は長めにお休みをいただきご迷惑をおかけいたしました。久しぶりにスタッフともども日本外来小児科学会年次集会(仙台市)に参加し大いに勉強をし、かつ東北のさわやかな風を浴びれリフレッシュできました。
院内に日本小児科医会発行の“スマホに子守りをさせないで”というポスターとパンフレットを置かせて頂いております。たしかに最近ところかまわずスマホに熱中されている方が多いですね。薬物のように直接体内に摂取しないもの(ギャンブル等)も依存症になるわけですからスマホ依存症もあるのでしょうね。スマホに夢中で赤ちゃんが転落事故なんてのは論外ですが、赤ちゃんにスマホの画面をみせるのもお勧めできませんね。私が小児科医になった頃指導してくださった先生はよく“テレビに子守りをさせないで”とおっしゃっていました。時代は移っても赤ちゃんは機械が相手をするのではなくお母さんの胸に抱っこされ、お母さんの笑顔に見つめられ、お母さんの声を聞いている時がきっと最も幸せなんだろうと思います。もちろんお父さんも結構ですが、やっぱり母にはかなわないというのが本音です。母乳が出ないのもハンディキャップになるのでしょうか。

今年度のインフルエンザワクチン接種法が決まりました。方法は昨年と同じです。今年も原則小児に限らせていただきたいと思います。
接種回数:6か月〜12歳 2回(2〜4週間隔)、13歳以上1回
注射費用は未定です。(今年度からワクチンが強化されるにともない、値上げになるそうなんですが薬価がまだ未定のためです)
接種予診票は当院にあります。可能ならばあらかじめ用紙を取りにいらしてください。
受付開始:9月28日(月)電話でのみお受けいたします。2回接種の方は2回分まとめてお受けします。
接種開始:10月20日(火)です。
いろいろ細かく言って申し訳ございませんが、限られたマンパワーでなるべく効率よくやるためですのでよろしくご理解のほどをお願いたします。



mark

2015/08/01
8月になりました

spacer spacer
spacer

夏まっさかりです。“今年は特に暑いですね”なんてなことを毎年言っているような気がしますが、やはり暑いですね。学校、幼稚園が夏休みに入りさすがに発熱の患者さんは減ってきましたが、まだ手足口病をはじめとする夏カゼが見られます。が他にはこれといった流行はないようです。先月この欄で触れた韓国のMERSも事実上の終息宣言が出されほっと一息です。しかしいつ既知の病原体が変異したりあるいは未知の病原体がパンデミックを起こす可能性はあるわけですから、注意は払っておきたいものです。
夏のお休みの件ですが、今年は8月22(土)から日本外来小児科学会(仙台市)出席のためにお休みをいただきひきつづき30日(日)まで夏休みとさせていただきます。例年より1日多いのですがスタッフを含め学会出張いたしますのでどうぞご容赦ください。また8月は水曜午前および木曜午後が臨時体制となり、5日(水)、19日(水)、20日(木)は服部が、12日(水)は板野先生になります。よろしくお願い致します。



mark

2015/07/01
7月になりました

spacer spacer
spacer

梅雨真盛りです。昔は梅雨というと紫陽花にしとしとと降る雨にかたつむりというイメージでしたが最近はゲリラ豪雨に落雷下手をすると竜巻などと大変荒々しくなってきました。ご存知のごとくおとなり韓国では中東呼吸器症候群(MERS)で大騒ぎのようです。多数の患者さんが発生したためウイルスが変異をしてインフルエンザのように簡単にヒトからヒトへの感染をするようになったことが危惧されましたがそうではなさうで少しほっとしています。結果論ですが一人目の患者さんを抑え込めたらこんな事態には至らなかったのでしょう。やはり感染の制御は初期対応が大切ですね。これは保育園や幼稚園などでのインフルエンザや水ぼうそうでもおんなじですね。クラスの大半が罹患してから隔離だ登園許可書だと騒ぐのは医学的には“あとの祭り”ということでしょう。ことしは夏カゼのスタートがはやく、胃腸炎症状の方が多いような気がします。みなさんどうぞご注意ください。
夏のお休みの件ですが、今年は8月22(土)から日本外来小児科学会(仙台市)出席のためにお休みをいただきひきつづき30日(日)まで夏休みとさせていただきます。例年より1日多いのですがスタッフを含め学会出張いたしますのでどうぞご容赦ください。



mark

2015/06/01
6月になりました

spacer spacer
spacer

5月は例年より暑かったようですね。以前にも書きましたが予防接種の普及に伴い感染症を中心としてこどもの病気が減っているように感じます。これはお子さんにとってはまことに喜ばしいことですが、相対的に誤飲や転落などの事故が増えているように感じます。本年3月の厚生労働省よりの報告 によると小児の誤飲の原因の第一位がタバコから医薬品になりました。この調査が始まって以来一位はずっとタバコだったので画期的なことかもしれません。日本人の喫煙率が低下していることも関連しているのでしょうが、乳幼児がタバコと縁遠くなった事自体は歓迎すべき事かと思います。しかし気になる点は誤飲事故の絶対数は増加していること、また考えようによっては医薬品の誤飲はタバコより危険と考えられることです。タバコは毒性が強く2本食べるとニコチンは乳児の致死量を超えるとされています。しかし実際には死亡に至る事例がほとんどないのは、実際にタバコまるごと1本なんてまずくて食べられないのではないでしょうか。それに比べると薬はきれいで甘い味がついているものもあり、中にはチョコレート味なんてなものもあり乳幼児にはお菓子としか思えないものもあります。おそらくどのおうちにも赤ちゃんの致死量を超えるおいしいお薬があるかと思われます。事故はすべてまわりの者の責任であり、決して笑い事ではありません。どうぞ十分にお気を付けください。
6月の水曜日午前の外来の件ですが、17日と24日の板野先生と服部が交代いたします。6月の板野先生外来は、3日・24日で、服部が10日・17日となります。よろしくお願いいたします。



mark

2015/05/01
5月になりました

spacer spacer
spacer

年間を通しても最も過ごしやすい季節のひとつかと思います。暖かくなるにしたがいインフルエンザも激減し、例年ですと春先は水ぼうそうやロタウイルス感染による赤ちゃんの下痢症が流行することが多いのですが今年はほとんど見られなくなりました。その理由としては昨年10月から水痘ワクチンが定期化になり、多くの方がワクチンを受けてくださったことが挙げられます。ロタウイルス感染症にしても任意接種ですがやはり多くの方が受けてくださったことが最大の理由かと思います。改めてワクチンのパワーには愕かされます。ワクチンに限らず医療行為にはすべて功罪はあると思います。比較的最近不活化ワクチンへの移行に伴いとりやめになったポリオの生ワクチンにしても極めてまれなワクチン株によるポリオ様麻痺(VAPPといいます)がとりあげられ相当な悪者扱いされていたような気がします。もちろんVAPPに罹患された患者さんはまことにお気の毒に思いますし、国内でポリオが根絶されたのちも(不活化ワクチンに移行せずに)長期間生ワクチンを続けたことには批判される点はあろうかと思います。ただし昭和30年代日本国内に大流行したポリオを短期間で劇的に終息させたポリオの生ワクチンの功績は極めて大きいと思います。超法規的決断をされた当時の厚生大臣はじめ関係者の方々には私は非常に感謝しております。おかげで当時小児であった私たちの世代はおそらく数万〜数十万人の子がマヒを免れ、数千人の子が命びろいをしたのかもしれません。しかし厚生大臣の“平常時守らなければならぬ一線を越えて行う非常対策の責任はすべて私にある”という発言はしびれますね。



mark

2015/04/01
4月になりました

spacer spacer
spacer

例年通り桜とともに新年度を迎えることとなりました。出発のシーズンでありますが同時に別れの季節でもあるのでどうしても桜には一抹のさびしさも感じます。
WHOが日本ははしかが排除状態であることを認定したそうです。 これはまことに喜ばしいことで多くの関係者が努力され、また多くの親御さんが接種に通い赤ちゃんが泣いてくださったおかげだと思います。もちろん地球上から排除されたわけではなく今でも毎年外国から輸入されたはしかの発症が見られています 。やや旧聞ですが米国のディズニーランドで昨年暮れにはしかの集団発生がありました。ディズニーランドの同じところを訪れた方の中でワクチンを接種していなかった高校生世代に多発したようです。米国ではしかは2000年にすでに排除宣言されていました。今後同様のことは日本でももちろん起こりうることなので、4月になると毎年言っていることですが、新年長さん(来年4月に小学校に入る方)はこの1年間の間にはしか風疹混合(MR)ワクチンの2期を受けましょう。毎年3月末に駆け込みでワクチン希望の方がいらっしゃいますが、土壇場で発熱したり希望が重なってワクチンが足りなくなることもあるためなるべく早く済ました方が賢明かと思います。
4月18日(土)は日本小児科学会(大阪市)に出席のため休診にさせて頂きたく思います。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。
また4月8日(水)午前は板野先生の外来となります。こちらもよろしくお願い致します。



mark

2015/03/01
開院から12年が経ちました…

spacer spacer
spacer

3月になりました。はやいもので2003年3月1日の開院以来12年が経過しました。あっという間に過ぎ去ったような気がします。この12年間大過なく過ごさせていただけたことに対しはっとり小児科にかかわってくださったすべての皆様(来診くださったお子さんたちとご家族、およびスタッフ一同等のみなさま、近隣の病医院のみなさま、医師会の方々ほか)に改めて心よりお礼を申し上げます。
今シーズンはインフルエンザの流行パターンがかなり例年と異なり2月に入りかなり患者数は減少しました。このままだと12月がピークだったということになりそうです。しかしまだ油断は禁物です。インフルエンザが一段落すると花粉症とロタウイルス等による嘔吐下痢症が現れてくるのですが、ロタウイルスワクチンをされる方が増えてきたことによりロタウイルス感染症が減少してきているため大流行にはならないかもしれません。花粉症は感染症ではないのでもちろんワクチン接種とは無関係です。
毎年3月に話題になるのですが年長さんを対象としたはしか風疹混合ワクチン(MRワクチン)の2期の期限が3月いっぱいです。また3歳、4歳児を対象とした水痘ワクチン(暫定措置)も3月が期限です。どうぞ再度母子手帳をご確認ください。他の薬剤と違いワクチンはデリケートな製品らしく、賞味期限も短いこともあり、ちょっと需要が増えるとすぐ在庫切れになってしまうこともあります。早めの行動をお勧めいたします。



mark 2015/02/01
2月になりました。
spacer spacer
spacer

受験シーズンですが、毎年雪とインフルエンザが受験生を悩ませますね。そのインフルエンザですが今シーズンは出足が早かった分1月中旬で早くも落ち着いているようにも思われます。しかし例年はこれからがピークですし、B型は全くといっていいほど出ていないこと等を考えるとこれから第2のさらに大きな山が来る可能性も大いにありますので十分ご留意ください。
年長さんを対象とするはしか風疹混合ワクチン(MRワクチン)第2期の接種率が板橋区内は58.9%と伺いました。1歳を対象とする第1期は90%超であることを考えるとかなり低率で心配な数字です。彼らが大学生世代になる頃にまた麻疹が流行することも危惧されます。
みなさんお子さんが赤ちゃんのころはワクチンに関心を持ってくださるのですが、お子さんが成長し、牛馬にも踏まれなくなる頃には関心が薄れる傾向があるようです。上記MRのほかに、9歳以降の日本脳炎2期、11〜12歳のDT2種混合(ジフテリア、破傷風)ワクチン等の接種率も低いようです。数年前大学生世代へのはしか流行や、30歳台のお父さん世代の男性への風疹流行といったニュースでマスコミが騒ぐと、急に接種希望者がいっぺんに増え、ワクチン不足になりまたさらにひと騒ぎするのに、のど元過ぎればなんとやらで熱がすぐ冷めてしまうのは困りものです。感染症撲滅には地道な努力が必要ですね。今のお子さんがお子さんを育てる頃にははしかや風疹のワクチンは過去のものといった時代になってほしいものです。



mark 2015/01/01
あけましておめでとうございます
spacer spacer
spacer

おかげさまで無事11回目の新年を迎えさせていただきました。あらためて皆様には心よりお礼を申し上げます。
この冬は寒さも厳しく、各地で大雪の便りも聞かれております。そのためかインフルエンザが早期から流行して2009〜2010以来のあわただしい年末を過ごしました。2009年は例の新型インフルエンザ騒ぎがあった年であの時は夏からの流行が見られ1月にはもうすでに峠は越えていたのですが、今年はこれからが本番を迎えるといった状況です。皆さんどうぞご注意ください。
4種混合ワクチンへの移行に伴い3種混合ワクチンが中止になりました。3種混合ワクチンを4回受けていない方でポリオワクチンも所定の回数(生ワクチンのみの方は2回、そうでない方は4回)うけていない方は4種混合に代えて打つことはできます。ご相談ください。
1月5日(月)より平常診療になります。本年もよろしくお願い致します。



mark 2014/12/01
12月になり…
spacer spacer
spacer

大分寒くなってきましたました。今秋は例年より嘔吐、下痢を起こすノロウイルス等の胃腸炎が少なくて良い傾向かと思っておりました。ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン(プレベナー)の普及で赤ちゃんの細菌性髄膜炎が減少し、ロタワクチンの普及(まだ任意ですが)でロタウイルス感染の基く下痢による入院も激減しているそうで胃腸炎が減ったのはロタワクチンの影響もあるかなと思っておりました。ワクチンの普及で小児の感染症が減ることは小児科医にとっては大いなる喜びであります。
しかし区内でもインフルエンザが、ここにきて増える傾向を示し学級閉鎖も見られています。ありがたくない話ですが例年より出足が良いようです。いつも申しておりますが、インフルエンザが流行しない年はありません。 予防法はいつも通り(手洗い等、人ごみは避ける、保温・加湿する、休養・栄養は十分に、外出は暖かい雨の日になどなど)ですがどうぞご留意ください。また前日明らかな発熱があった方で帰宅したものの、翌朝は一旦解熱していることも多いので、やや無理をして登校、登園する方が多くみられます。インフルエンザの場合そのタイミングが最も感染力が強いので前日に発熱があった方は翌朝熱が下がっていても、登校園を自粛してくださればかなり感染は防げるような気がいたします。これはインフルエンザに限らず他の疾患で同様なことが言えるかと思います。
年末年始は以下の体制になります。曜日の関係で本年も例年より長めになり申し訳ありません。
12月27日(土)までは平常診療(午前中のみです)
12月28日(日)〜1月4日(日)休診
1月5日(月)より平常診療

来年こそは明るく平穏な年であることを祈念いたします。皆さまどうぞよいお年をお迎えください。



mark 2014/11/01
11月になりました。
spacer spacer
spacer

先月も触れた御岳山の噴火で思い出したのですが私は北海道の有珠山が2000年に噴火した少し後に現地を訪れたことがあります。よく知っている道路やお菓子工場や保育園等が無残にも吹き飛ばされ、おしつぶされ、穴だらけになっている惨状を見て本当に驚きました。有珠山は噴火口の本当に近くに住民が生活をしているため、より恐ろしいのですがこの噴火に際しては的確な噴火予知と避難指示が出され人的被害が全くなかったそうです。今回の御岳山の噴火では残念ながら予知は困難だったとのことでまことに痛ましいことになりました。今回予知できなかったことについては素人が批判をすることは控えるべきかと思いますが、有珠山の爆発の際の火山学者および行政関連の方々の卓見は称賛されるべきのように思います。どうも人間はマスコミも含め批判は簡単にするのですが賞賛はなかなかしないものですね。

この時期は例年ノロウイルスに代表されるようないわゆる嘔吐、下痢症が流行するのですが今年はほとんど見られず比較的穏やかなのですが、先月も申し上げた通り水痘ワクチンとインフルエンザワクチンの急増でそこのところのみ大混雑といった印象です。こちらのマンパワーの問題もありご希望に沿いきれずいろいろとご迷惑をおかけしているかもしれませんが、よろしくお願い致します。
もう一つワクチンの話題ですが。4種混合が開始され2年が経過し3種混合ワクチンおよび単独の不活化ポリオワクチンをうつ方はほとんどいらっしゃらなくなりました。それに伴い3種混合ワクチンは国産なのですが新たに製造がされなくなり期限切れ真近のものしか手に入らなくなっています。今まで決められた通りに接種を受けられている方は関係ありませんが、このままですと(7歳半までの)期限内でも肝心の注射薬がないという事態になりそうです。ぜひもう一度母子手帳をご確認いただき3種混合を4回打っていない方はお急ぎください。4種混合ワクチンに関しては供給は潤沢であり、またポリオ単独ワクチンは輸入ですのでおそらくそのような事態にはならないだろうと思います。



mark 2014/10/01
10月になりました。
spacer spacer
spacer

今年は残暑もそう厳しくなく秋本番を迎えたという感じです。最もすごしやすい季節のひとつなのでしょうが、台風がやってくるのだけが厄介だなあと思っていたところ、突然御嶽山が噴火したというニュースがありました。これまた大惨事ですね。噴火する1日でも前に予知できていたら被害は回避できたのではと思うと残念ですが、それが人力の到底及ばない自然の力というものなのでしょうか。本当に日本は様々な災害があり、地球上で起こる災害で体験できないものはほとんどないのではないでしょうか。もちろんうれしい話ではありませんが心して生きていく必要がありますね。
気温が下がるにともない、少しずつカゼが増えているようですが、いまのところ何かが大流行してきているということはないようです。しかし風邪がはやらない年はありません。どうぞ皆さま健康維持にご留意ください。
今月より水痘ワクチンが定期化(早い話が無料)になりました。対象は1、2歳の方で接種回数は3月以上あけて2回です。ただし来年3月までの期限で3、4歳の方も受けることができます。
対象の方を簡単に表にすると…

  1〜2歳

3〜4歳

水痘にかかった事が
ある方
× ×
水痘ワクチンを1回
接種された方
1回
接種
×
水痘ワクチンを2回
接種された方
× ×
水痘ワクチンを
未接種の方
2回
接種
1回
接種

ということになります。過去の接種歴の確認が必要ですので必ず母子手帳をご持参ください。
ところでワクチンの制度が変更になるのはどういうわけか圧倒的にこの時期に多く、インフルエンザワクチン接種の時期にも重なるためどの病医院さんでもいろいろ混乱が起きることも予想されます。当院もいろいろご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願い致します。正直なところ制度の変更は暇な夏場にお願いしたいというのが本音です。



mark 2014/09/01
9月になりました。
spacer spacer
spacer

先月末はお休みをいただきいろいろご迷惑をおかけいたしました。この夏は暑さという点ではここ最近ではしのぎやすい方だったと思いますが、局地的豪雨が多かったように思います。私のこどものころには一つの台風で数千人の犠牲者がでるということも稀ならずありました。最近は大型台風襲来といっても全国でも犠牲になる方は数名程度のことが多く(それでも大変ことですが)亡くなられた方の中には大しけのさなかにサーフィンをやっていたであるとか、雨の中制止も聞かず中州でキャンプしていたというような自己責任もあるのではと思われらる方もおられ、何となく日本全体が災害に強くっているのかなと感じておりました。しかし広島市では100名近い方が死亡ないし不明とは大惨事ですね。それもおそらくほとんどの方が、自宅で寝ていたのでしょうから、もちろん自己責任は皆無でまことにお気の毒です。
最近、デング熱の話題が出ています。また聞きなれないカタカナの病気がでてきて不安をあおりたてられている方も多いようですが、基本的にはほとんどは治る疾患で、ヒトからヒトへの感染はなく(蚊に刺されなければかからない病気です)そんなに大騒ぎする必要はないように思います。エボラ出血熱と混同してなお不安にならないようにお願いします。しかしマラリアや日本脳炎が代表格ですが、蚊といううものはなかなか侮れませんね。こどものころよりハエは激減したように思うのですが、蚊とゴキブリと(ついでにカラスも)減ってはいないように思います。

今年度のインフルエンザワクチン接種法が決まりました。
方法は昨年と同じです。今年も原則小児に限らせていただきたいと思います。
接種回数:6か月〜12歳 2回(2〜4週間隔)、13歳以上1回
注射費用:1回目3000円、2回目2000円※ただし他院で1回目を受けた方は2回目であっても3,000円です。
なるべくおつりのない様におねがいします。用紙は当院にあります。可能ならばあらかじめ用紙を取りにいらしてください。
受付開始:9月25日(木)
※電話でのみお受けいたします。2回接種の方は2回分まとめてお受けします。
接種開始:10月16日(木) 
以上です。いろいろ細かく言って申し訳ございませんが、限られたマンパワーでなるべく効率よくやるためですのでよろしくご理解のほどをお願いたします。



mark 2014/08/01
8月になりました。
spacer spacer
spacer

梅雨明け後急に暑くなった感じで応えますね。夏カゼ(手足口病やヘルパンギーナも含む)およびおたふくかぜの一部流行は相変わらずですが、幼稚園や学校がお休みになり、また帰省される方も増えるためもっとも小児科が静かな季節です。
最近アフリカでのエボラ出血熱の流行拡大が懸念されています。有効な治療法はなく、致死率が時に90%であるとか、治療の先頭に立っていた医師も死亡と聞くと不安に駆られますが、感染様式を考えるとインフルエンザのように世界的な流行にはならないと思われます。自らの生命を賭して診療に当たられている現地の医療スタッフには本当に頭が下がります。
しかしそのように皆が必死に守ろうとしている人命が、一発の砲弾やミサイルで一瞬にかつ大量に失われることはまことに遺憾です。だいたい民間航空機や子供の集まる学校に攻撃をするなんて丸腰の町人に対し武士が刀でいきなり切りかかるようなもので人道的に許されないことと思います。

先月も書きましたが8月24日(日)〜31日(日)の1週間を夏休みとさせていただきます。また水曜午前の外来担当も変更があり板野先生外来は6日・13日、服部は20日となります。いろいろご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



mark 2014/07/01
7月になりましたが
spacer spacer
spacer

梅雨まだ真っ盛りという感じです。昔は梅雨というとしとしと静かに雨が降るという感じで、思いつくイメージは黄色い傘をさした小学生が、あじさいにかたつむりを仲良くじっと見ているといった風情でした。雷が鳴るとそろそろ梅雨明けが近いと言ったものでしたが、最近の梅雨は雷鳴とともにまるで熱帯のスコールのような雨が降るといった感じでそれにひょうや突風なんておまけがつくと恐怖を感じることすらありますね。気候が変化しているのでしょうか?
季節がら手足口病やヘルパンギーナが現れており、また一部でおたふくかぜが流行しているようですがみな大爆発にまでは至っていないようです。これから本格的な夏に向かうといわゆる夏カゼも増えてくるでしょう。夏カゼは冬のかぜに比べ比較的元気は良いことが多く、こじれることも少ないように思いますが、季節がら脱水にはなりやすいので、水分補給には十分に注意いたしましょう。
夏やすみの件ですが今年は8月24日(日)〜31日(日)の1週間をお休みとさせていただきます。
また水曜午前の外来担当も変更があり、板野先生外来は7月は2日・16日・23日、8月は6日・13日、服部は7月は9日・30日、8月は20日となります。(7月分は先月既報です)いろいろご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



mark 2014/06/01
6月になり…
spacer spacer
spacer

梅雨入り序章といった感じです。昨年は5月中に梅雨入り宣言が出たような記憶があります。今年の梅雨はどうなるのでしょうか。
最近五街道雲助さんという落語家さんが書かれた本に、彼の妹さんが赤ちゃんの頃に百日咳で亡くなられたとの記述がありました。“今ならいい薬があるのでしょうが・・”と書かれておりました。雲助さんは昭和23年のお生まれなので、もう60年も経っているのでしょうが、今でも百日咳にいい薬はなく罹ってしまった赤ちゃんは命の危険があることは当時と同様です。今でも地球全体では年間20〜40万人が亡くなっておりそのほとんどは乳児だそうです。たしかに医学は発達してはいますが、60年はおろか、何百年も前から進歩していないこともたくさんあるでしょう。もっとも人の命を守るのは医学だけの問題ではなく政治や経済その他の要因が大きくかかわっているでしょう。
百日咳に関しては60年前にはなかった有効で安全なワクチンが無料で受けられます。どうぞみなさん3か月を過ぎたらすぐ4種混合ワクチンをお受けください。
7月の水曜日午前の外来の件ですが、23日と30日の板野先生と服部が交代いたします。7月の板野先生外来は、2日・16日・23日で、服部が9日・30日となります。よろしくお願いいたします。



mark 2014/05/15
少しサボっているうちに…
spacer spacer
spacer

5月も中旬になりました。5月は連休があるせいか、毎年同じ様なせりふではじまるような気がします。進歩が見られませんね。
皆様ご存じのようにウインドウズXPサポート終了とやらで、コンピューターに不具合の生じる懸念があるため連休前に機械およびソフトの更新を行いました。新しくて良いものになったのだから、本来は扱いやすくなるはずなんですが、現実は大違いで私をはじめ以前よりかなり手間どっており皆様方にもいろいろご迷惑が及んでいるかと思われます。申し訳ございません。私のような機械音痴にはバージョンアップということがしばしば仕事の能率ダウンにつながります。不合理ですね。そもそも全世界的に広く売り出していたものを一方的にサポート終了なんて言い出すのは、どうもこの業界は阿漕な商売という感じがいたします。なんてな感想も、機械に弱い年寄の繰り言なんでしょうね。
連休明けから梅雨入りまでの時期は一年でもっとも過ごしやすいシーズンの一つでしょう。新入園児さんたちも慣れてきて、そのためかあまりこれといった疾患の流行もないようです。こんな時には母子手帳を確認していただき、うち忘れのワクチンをチェックするのもいいですね。どうぞお気軽にご相談ください。



mark 2014/04/08
外来担当の臨時変更のお知らせ
spacer spacer
spacer

都合により4月、5月の水曜午前の外来担当を臨時に変更いたします。

4月23日(水) 板野先生
4月30日(水) 服部
5月 7日(水) 服部
5月14日(水) 板野先生


以上です。
ご迷惑をおかけいたします。
なお受付終了時刻は12時とさせていただいております。あわせてよろしくお願い致します



mark 2014/04/03
4月になりました。
spacer spacer
spacer

寒いの大雪だなどと文句を言っていてもやはりまた春は巡って桜のシーズンを迎えることができました。さすがにインフルエンザも少なくなりましたが、まだA、Bともに残っているようです。ワクチンの効果も薄れてくることから、今しばらくはご留意ください。

先月も書きましたが、はしかが少しでているようです。ことしは流行することも危惧されています。ワクチンでほとんど予防ができ、もうひと踏ん張りで天然痘のように地球上から撲滅することも可能な疾患です。1歳になった方および新年長さんはぜひはしか風しん混合ワクチン(MRワクチン)を受けましょう。毎度言うことですが最大の被害者はワクチンを受けることのできない赤ちゃんたちです。

もう一つワクチンの話題を。ご存知のように最近はDPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合に代わり、ポリオを加えた4種混合をうっています。そのため3種混合ワクチンの使用量が激減しメーカーは製造中止することになったそうです。ワクチンの使用期限は短いので今年中に使えるワクチンがなくなることが予測されます。規則通りに接種してきた方には無関係な話ですが皆さん母子手帳で黄色のラベルを確認してください。忘れて4回やっていない方ははやめにご相談ください。黄色い紙自体は7歳半まで有効ですが、来年以降にはものがないという事態になりそうです。3種混合の途中から4種混合にスイッチすることはできないことになっています。ご注意ください。

4月よりの消費税増税にともない、自費診療の値上げを考慮せざるを得なくなりました。理論的にはすべて3%分の上乗せとなるべきなのですが、われわれのような小規模な窓口では半端のある金額ですとおつり等で混乱が起きやすくなるので、比較的に安価に設定してあった2品目のみ値上げをさせていただき、その他はを据え置くことといたしました。

値上げとなるもの:おたふくかぜワクチン 6000円、B型肝炎ワクチン(10歳未満) 5000円

据え置くもの:水ぼうそうワクチン、ロタワクチン、血液型検査、心理外来関連、乳児健診、診断書等の書類

まことに心苦しいのですがご理解をお願い致します。



mark 2014/03/01
3月になりました。
spacer spacer
spacer

3月になりました。2月は東京では過去の記憶にないほどの大雪で、一時は冬季オリンピック開催中のソチよりも雪が多いようにも見えました。そのため2月15日(土)朝どうしても出勤できず急遽休診となりまことに申し訳ありませんでした。あれほどの雪とわかっていれば宿泊するなどの対策をとれたのに残念です。あとの祭りですね。

一旦落ち着きつつあるようにみえたインフルエンザですが前野町近辺では2月最終週からやや再燃しているようにも感じます。相変わらずABともにありますがBが多いようです。引き続きご留意ください。

フィリピン等で麻疹(はしか)が流行 しているようです。そのため日本に輸入され国内でも小流行しているそうです。先月も書きましたが年長さんを対象とする麻しん風しん混合ワクチンの期限が3月いっぱいです。未接種の方は接種を強くお勧めいたします。

花粉症の方にはつらいシーズンとなってきましたが、春を待つ心には独特の期待感がありますね。



mark 2014/02/02
あっという間に2月を迎えました。
spacer spacer
spacer

日脚の延びと梅のつぼみに春が少し感じられますが寒さはまだ続くようですね。
予想通りですが1月中旬よりインフルエンザが流行してきました。今シーズンの特徴の第1としてA型とB型が混在していることがあげられます。例年両方とも流行するのですが、ふつうは一方が頑張れば他方は譲るといった感じだったのですがどういうわけか双方がんばっているようです。ということは運の悪い方はたてつづけに罹患することがありうるわけで、まさに“踏んだり蹴ったり”状態ですね。どうぞご用事を。
第2の特徴としてはお父さんが感染源の方が多いように感じます。ご存知のように昨年度から学校や幼稚園・保育園の出席停止期間がきびしくなりました。そのせいか学校・園での流行が減りその分成人の間で流行しているのかもしれません。お父さん全員が発症後5日間かつ解熱後2日間仕事を休んでいるとは考えづらいですね。ましてや体調が悪いのに受診せず解熱薬を服用し無理して満員電車に乗り込んで皆さんにインフルエンザウイルスをプレゼントしている方も相当数いらっしゃるような気がいたします。

毎年同じ話ですが年長さんを対象とする麻しん風しん混合ワクチンの第2期の期限が3月いっぱいです。ぎりぎりで発熱する、またはいわゆる駆け込み需要で間際にワクチンが不足するなんという事態も想定されるわけですから早めの(もう早くもありませんが)接種をお勧めいたします。
インフルエンザ流行がピークを迎えると春も遠くない気もしてきます。もう一息ですね。



mark 2014/01/01
あけましておめでとうございます。
spacer spacer
spacer

おかげさまで11回目のお正月を無事迎えさせて頂きました。改めてお礼申し上げます。年頭にはいつも思うことですが今年もまた平穏な年であることを切に願います。
昨年末には嘔吐下痢症が小流行しインフルエンザもすこし見られましたが、幸いなことに例年に比べると穏やかな感じがいたしました。しかし年明けはまたインフルエンザが本格的に流行することが危惧されます。予防法は例年通り(手洗い等、人ごみは避ける、保温・加湿する、休養・栄養は十分に、外出は暖かい雨の日になどなど)です。皆様ご留意ください。
みなさんはあまり関心がないことかと思われますが、大阪大学名誉教授の高橋理明先生が昨年末にお亡くなりになりました。高橋先生は世界で初めて水痘(みずぼうそう)のワクチンをお作りになられたことで知られています。世界中の多くの国で広く使われ、米国では1995年より定期接種化され患者さんが激減しているそうです。ニューヨークタイムズ(もちろん英語なんですが)には年間400万人の患者、11000人の入院、100-150名の死者を出していたこの疾患も高橋先生のおかげで過去のものになったと大きく報じられました。日本ではほとんど報道もされませんでしたが、この差はちょっと残念です。ただし米国よりはかなり遅ればせながらその水痘ワクチンがようやく定期接種化されるようです。それも2回接種とのことで、本家ながら20年遅れではありますが大変喜ばしいことと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。



mark 2013/12/04
12月になりました。
spacer spacer
spacer

気温の低下とともに乾燥した日も多くなり、板橋区内でもインフルエンザが散見されるようになりました。最近はインフルエンザを疑われるとすぐ鼻汁を採る検査ということになりがちですが、皆様ご承知のごとく発熱直後では検査が陽性となることが少なく“熱が出たばかりです”という方はまた翌日受診してくださいということになりがちです。これはこの時点ではまだ鼻汁にウイルスがあまり排出されていないといことを示すもので他人に感染させる危険も少ないということだろうと思います。ということは発熱直後に早退をすれば、その施設内での集団感染は防げる可能性が高いことを示していると思います。ところが翌朝は一旦解熱していることも多いので、やや無理をして登校、登園する方が多くみられます。その後再発熱しまた早退となりその時点でははっきりと陽性を示すようになる方が多いように思います。この段階では他人に感染させる可能性は格段に強まっていることでしょう。ということは前日に発熱があった方は翌朝熱が下がっていても、登校園を自粛してくださればかなり感染は防げるような気がいたします。これはインフルエンザに限らず他の疾患で同様なことが言えるかと思います。

このようにやや無理をして翌朝行く方は小学校高学年から中高生あるいは保育園児に多い傾向があるように思います。これは大きなお子さんはご学校を休みづらいあるいは保育園児の場合は親の仕事の都合がからむ等の事情があることもわからないではありませんが、前日高熱があった方は、朝一旦解熱していても“とりあえず登校園”ではなく、自分と周囲の双方のために少なくとも1日はおやすみされることを強くお勧めいたします。

年末年始は以下の体制となります。曜日の関係で例年より長めになりご迷惑をおかけいたし申し訳ありません

12月28日(土)までは平常診療
(午前中のみです)

12月29日(日)〜1月5日(日)休診
1月6日(月)より平常診療


よろしくお願い申し上げます。来年は明るく平穏な年になるよう心より願っております。



mark 2013/11/01
11月になりました。
spacer spacer
spacer

11月になりすっかり秋になりました。今年は台風が多かったように思います。各地で大きな被害も出ているようですが、昔に比べると人的被害は相当少なくなっているようです。私はたまたま狩野川台風と伊勢湾台風の後に現地を訪れたことがあるのですが、被害地の様子は子供心にもかなり衝撃だったことをはっきりと覚えています。この2つに限らず昔の大きな台風では1回で数千人規模で犠牲者がでたようですが、最近は人数はかなり少なくはなっているようです。とはいえことしの台風でもお亡くなりになった方がいらっしゃるのは厳然とした事実です。心よりお見舞い申し上げます。台風に比べ地震の被害は現在でもかなり甚大です。この差は予知できるか否かも大きな要素なんでしょうか。

既報のごとく今月より肺炎球菌ワクチンは従来の7価から13価にパワーアップされます。前にも書きましたが肺炎球菌という細菌は90種類以上の型があります。それらすべてをカバーできるワクチンがあれば理想なのですがそれは現状では不可能で、90種類のうち小児に髄膜炎を起こしやすい7種類を選んで作成したのが従来のプレベナーというワクチンでした。今回それに6種類加えて13種類に対応できるようにしたものがプレベナー13という新しいワクチンです。今月から自動的にこのタイプのものを使用することになりました。詳しくは厚生労働省のホームページ等をご覧ください。 蛇足ですが、主にご高齢の方の肺炎球菌による肺炎予防のためのワクチンはニューモバックスという23価のワクチンですが小さいお子さんには無効で当院では扱っておりません。

寒くなってそろそろ冬に流行するような咳や鼻汁をとうもなう風邪や、嘔吐、下痢などのおなかの風邪が増えてきました。ご留意ください。



mark 2013/10/03
10月になりました。
spacer spacer
spacer

10月になりかなり過ごしやすくなりました。先日厚生労働省の研究班が国内の麻疹(はしか)が排除されたという見解をまとめました。少し前までは日本ははしかの輸出国として諸外国の顰蹙をかっていたわけですが、まことに喜ばしいことであります。ただし輸出国ではなくなっても輸入国になる危険は常にあるわけですから、引き続き注意はもちろん必要です。この素晴らしい成果の主因は乳幼児の接種率の向上があると思います。しかし油断をするとすぐ元の木阿弥と言ったことになるでしょうから、地球上からはしかが撲滅されるまで接種率をさらに上げる努力は続けられるべきと思います。はしかのみならずポリオ、B型肝炎はじめいろいろな疾患が撲滅されると素晴らしいですね。
もう一つワクチン関連の話題ですが、乳幼児に対するヒブワクチンおよび肺炎球菌ワクチンが定期接種化され、多くの方が受けられるようになりました。これらは本来細菌性髄膜炎の予防を主目的としたもので、おかげで髄膜炎は減少しているようですが、それらのおまけとしてこの2つの細菌が原因の肺炎や中耳炎も減少してきているようです。実際当院からこれら2つの菌が原因の重症感染症で大きな病院にご紹介する方々も減少しているようです。これもまことに喜ばしいことです。11月より肺炎球菌ワクチンは従来の7価から13価にパワーアップされる予定です。(この件はもう少しはっきりしたら後日詳述いたします)なお一層の効果が期待されますね。以前からこういった細菌に対し抗生物質が効きにくくなること(耐性菌といいます)がおおいに問題になっています。一番の原因は抗生物質の使い過ぎなのでしょうが、ワクチンのおかげで感染症が減り抗生物質は必要な人にのみ的確に投与されるようになると耐性菌も減ることが期待されます。
さらにワクチン関連の話題です。インフルエンザワクチンの受付が始まっております。インフルエンザウイルスは毎年型が変わるのではずれの年もあり、効果も数か月しか保たないため他のワクチンに比べパワー不足ではあることは否めません。現状のワクチンではインフルエンザの撲滅までは期待できません。その上有料なので積極的には受けない方もいらっしゃるかと思います。しかし全体的に見ればうった方は病気にかかりにくくなりまたかかっても軽く済むことが多くやはりお勧めだと思います。私の知る限りほとんど医療関係者及びその家族は受けているように思います。どうぞご検討ください。



mark 2013/09/11
今年度のインフルエンザワクチン接種について
spacer spacer
spacer

今年度のインフルエンザワクチン接種法が決まりました。接種量、方法は昨年と同じです。本年も諸事情により接種対象は原則小児に限らせていただきたいと思います。

【接種回数】
6か月〜12歳:2回(2〜4週間隔)
13歳以上:1回


【注射費用】
1回目:3000円
2回目:2000円

※他院で1回目を受けた方は2回目の場合でも3000円とさせていただきます。なるべくおつりのない様におねがいします。

【予約受付】
9月19日(木)開始
※電話でのみお受けいたします。2回接種の方は2回分まとめてのご予約が可能です。

【接種時期】
10月17日(木)開始予定

用紙は当院に用意してあります。可能ならばあらかじめ用紙を取りにいらしてください。

よろしくお願い申し上げます。




mark 2013/09/01
9月になりました。
spacer spacer
spacer

残暑はつづいていますが、朝夕はさすがに過ごしやすくなりました。涼しくなることはありがたいのですが、2学期が始まることも相俟ってまた風邪が増え、喘息発作も起こりやすくなるシーズンにもなります。どうぞご留意ください。これから冬にかけて、中国でのH7N9新型鳥インフルエンザあるいは中東呼吸器症候群(MERS)てな話題が再燃してこないことを切に願います。

またまたワクチンの話題ですが、ずっと不足気味だったワクチン(4種混合およびMRワクチン)はだいぶ渋滞が解消してきたといった感じです。該当される方々はどうぞ接種をいたしましょう。インフルエンザワクチンもほぼ例年同様(9月中旬受付開始、10月中旬に接種開始)に行う予定ですが詳細が決まり次第またお知らせいたします。

10月以降の水曜日午前中の担当ですが、第1、3、5を板野先生、第2、4を服部ということにさせていただきます。いろいろ変更が多く申し訳ございません。

9月8日(日)は板橋区休日当番医です。午後3時以降は小山先生の担当になります。近隣の薬局のご利用になりますが、なるべく早い時間帯でのご利用をお勧めいたします。




mark 2013/08/03
8月になりました
spacer spacer
spacer

梅雨明け早々は猛暑日の連続でどうなることやらともっておりましたが関東地方は暑さも一段落といった感じです。しかし他の地方では猛暑あるいは、豪雨でまことに大変そうですね。お見舞い申し上げます。
報道等でご存知かと思いますが、手足口病が多発しております。今年のはやや非典型的な方が多く、発熱してからしばらくして発疹が出る方や、またその発疹も手のひらや足の裏よりむしろ肘や膝の周り、あるいはお尻にみられることが多いように感じます。また発疹自体も時に大きな水疱となり、一見水ぼうそうに見えるものもあります。この病気は(例外はもちろんありますが)軽症で済むことがほとんどです。特効薬やワクチンはありません。しいて言えば安静と水分補給が特効薬です。(病気でなくても水分補給はとても大事な季節ですね)また特に隔離をする意味もないので、病気の早期発見する意義は少ないと思います。直径1o程度の赤い発疹が1つあるなんて段階で受診して頂いても、"経過をみましょう"としか申し上げられません。どうぞ神経質になりすぎないでいただきたいと思います。
既報ですが本年は8/21(水)〜8/27(火)を夏休みとさせて頂きます。8/28(水)から通常診療です(28日は午前のみで板野先生の担当です)。こちらもご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。




mark 2013/07/13
麻しん風しん混合ワクチンについて
spacer spacer
spacer

先日もこの項でお知らせいたしましたが麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の入手がむずかしくなりつつあり、当面1歳児に対する接種(1期)に限定させていただきたいと存じます。限られたワクチン量で最大の効果を得るため、および今まで機会がなくかつ幼い子供を最優先して守りたいための措置ですのでご理解頂けると幸いです。年長さんへの接種(2期)は来年3月までに受ければよいので、秋以降にはワクチン事情が改善するとのことですので、そのころに優先的に接種させていただきたいと存じます。2歳以降でMRワクチン未接種の方はご相談ください。 




mark 2013/07/04
7月になりました
spacer spacer
spacer

梅雨入りが早かったので梅雨明けも早いのでしょうか。いつもながら梅雨明けは待ち遠しいのですが、暑い夏も勘弁といったところですね。
成人男性を中心とする風疹流行がつづき各地で成人に対する無料ワクチン接種が施行されております。風しん単独ワクチンは決定的に品薄で、代わりに麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)が使用されております。そのこと自体は大変結構なことなのですが数か月前より危惧していた通りMRワクチンが不足気味とのことです。すぐに増産するのは難しいとのことで、緊急輸入するのが最良の方法なのでしょうが、それが不可能でもしワクチンが不足するという事態に至れば当院では1歳児を最優先させていただこうかと考えております。心苦しいのですが1歳児には今まで接種機会もなく、もし麻疹に罹患すれば甚大な被害をこうむることが予想されるからです。さいわい今のところそのような事態までには至っておりません。少なくとも抗体が十分にある方への(念のための)接種はしばらくお待ちいただければと思います。
都合により8月以降の水曜午前の担当を変更させていただきます。
【8月】
7日:服部
14日:板野、
21日:お休み(下項参照)
28日:板野、
【9月】
4日:服部
11日:板野
18日:服部
25日:板野

10月以降は未定ですが変更になるかもしれません。しょっちゅう変更し、まことに申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

本年は8/21(水)〜8/27(火)を夏やすみとさせていただきます。8/28(水)から通常診療です(28日は午前のみです)。こちらもご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。




mark 2013/06/03
6月になりました
spacer spacer
spacer

5月からの梅雨入りとのことで少し損をしたような気もいたします。梅雨に関する用語も多様で思いつくだけでも走り、中休み、梅雨晴れ、返り梅雨、戻り梅雨、空梅雨等があり日本人の季節感の繊細さを表しているようにも感じます。一方でうがった見方をすれば梅雨入りあるいは明けの判定が難しいので気象庁の言い訳用とも考えられるかもしれません。
この時期の気候は高温多湿ですが、低温乾燥が好きなインフルエンザが何故かまだ板橋区内でも出ています。Bが主体ですがAもあるとの情報もあります。インフルエンザといえば中国のトリインフルエンザ(H7N9)騒ぎは小康状態のようですが、また秋から冬にかけて再燃する可能性は十分にあろうかと思います。北朝鮮のミサイル騒ぎも同様に小康状態のようですが、こちらも再燃する可能性は十分にありもちろん季節は特定できません。どちらも人騒がせで油断はできませんね。未知の感染症といえば新種のコロナウイルス(SARSもこの仲間でした)による中東呼吸器症候群(MERS)も不気味です。まあ、恐れすぎず侮らずでいきましょう。しかし中東(middle east)という用語も欧米が中心であるという思想のあらわれのようでいまひとつしっくりしないなと極東(far east)に住む私は思ってしまいます。
4種混合ワクチンは一時よりだいぶ渋滞が解消しつつある様です。完全解禁には至りませんがどうぞお問い合わせください。時折ご両親の世代が百日咳に罹患したという話を耳にします。3か月すぎたらなるべく早期の4混(ない場合は3混)接種を強くお勧めいたします。




mark 2013/05/12
すこしサボっているうちに…
spacer spacer
spacer

あっという間にゴールデンウイークもだいぶ過ぎてしまいました。新入園児の方たちの風邪もやや落ち着き、ことしは比較的天候にも恵まれたためか、連休明けからは穏やかな日々を迎えております。
最近風疹が大流行との話が巷間を賑わしておりますが、患者さんの多くは成人男性です。ご承知のように以前は胎児を風疹から守る目的で女子中学生のみがワクチン接種の対象でした。そのため成人男性の抗体保有率が低くこのような事態に至っていると考えられます。これはワクチンが非常に有効である証明であろうかと思います。風疹流行の被害者はワクチンが接種できない1歳未満の乳児たちであり、最大の被害者はいまお母さんのおなかにいる胎児たちでしょう。成人に対する風しんワクチンの公費助成が板橋区でも行われております。これは大変結構なことですが妊婦の夫以外の成人男性にも接種できるような制度にして頂けるとさらにありがたいと思います。
小児科医としての危惧ですが、急に大勢に接種することになったため風しんの単独ワクチンは極端に不足しており、これは麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)で代用できることになっています。医学的にはまず問題はなくむしろおすすめなのですが、多数の成人にMRワクチンを接種することで1歳児用のワクチンが不足し、それがもとで麻疹が大流行するなんてな事態に至らないことを切望します。考えすぎでしょうかね。ただ、この数年というもの、毎年のようにのようにいろいろなワクチン不足(考えただけで、SARS騒ぎの時のインフルエンザ、新型インフルエンザ、ヒブ、B型肝炎、不活化ポリオ、4種混合等)が思い起こされます。4種混合はいまだに不足で皆様に多大なご迷惑をおかけしております。お役所のおっしゃる“計算上は十分足りているはずです”は全く信用できません。




mark 2013/04/05
おかげさまで10周年を迎えました
spacer spacer
spacer

4月になりました。ことしは昨年とはうって変わって桜の開花はとても早く満開の卒業式といった風情でしたが、その後低温が続いたためか花保ちは良いようですが、さすが入学式までとはいかないようですね。
インフルエンザもほぼ終息しこれといった疾患の流行もなく小児科医は比較的のどかな春を過ごさせていただいております。しかし報道でもご存知のように成人男性を中心に風疹が大流行しております。現在30歳代以上の方は女性にのみ予防接種を行っていたのが原因と考えられます。予防接種は非常に有効なので、私どものようにほとんど小児の患者さんのみを拝見している医院は患者さんはいらっしゃらないのですが、お父さんが感染源になり、妊娠中のお母さんにうつしてしまうと、赤ちゃんに高率に障害が出てしまいます。これを先天性風疹症候群といい、風疹のワクチンをする最大の目的はこの先天性風疹症候群の予防です。私事ですが、私の同世代の友人がこの疾患に基づく心血管疾患で先年急逝してしまいました。まことに痛ましい事実です。
また風疹ワクチンは妊婦さんには接種できませんので、女性の方には妊娠してからではなく妊娠前に抗体検査を受けていただき陰性の方にはワクチンの接種を強くお勧めいたします。各自治体では大人の方へのワクチンの公費補助を導入しつつあるようで、まことに結構なことですがとなるとまた恒例のワクチン不足騒ぎが懸念されますね。この麻疹風疹ワクチンをみなさんにうっていただく広告を小児科医有志で広島カープの本拠地である MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(長い名前ですね)に出すことになりました。(東京ドームは予算の関係で難しいそうです)ことしは広島カープの活躍に期待しマスコミにおおいに出ることを望みます。以前同じ趣旨の広告を千葉マリンスタジアムに出しましたがその時は千葉ロッテマリーンズは日本一になりました。
ことしはその広島市で日本小児科学会が開かれます。それに出席のため4月20日(土)は休診とさせていただきます。まことにご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。
4月1日よりヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンが定期接種になり板橋区でも対象の方は無料で接種できるようになりました。正式に決定したのが3月29日の夜で、こちらへの通達は翌30日という慌ただしい話でした。医師として“無料になるのを待つ”ということはその前に罹患してしまう危険があるためにお勧めできませんでしたが、今は“無料になったのだから”以前よりさらに強くお勧めいたします。当面用紙は同じものでよいそうなのでどうぞ接種をいたしましょう。併せて新年長さんの方も麻疹風疹ワクチン(MRワクチン)もいたしましょう。




mark 2013/03/02
おかげさまで10周年を迎えました
spacer spacer
spacer

3月になりました。おかげさまで無事に10周年を迎えることができました。つい先日開院したように感じる時もありますが、やはりいろいろなことがありました。なんとかここまで来れたのもはっとり小児科にかかわってくださった方すべてのおかげ様と思います。心より感謝申し上げます。10という数字をどこまで伸ばせるかは神様にしかわかりませんが、今しばらく私なりに頑張るつもりですので今後もよろしくお願い申し上げます。
今シーズンのインフルエンザの流行は例年よりはやく終息しつつある印象です。今後また違う型が出てきていわゆる二峰性の流行となる可能性はありますがとりあえずは喜ばしいことです。でも今しばらくは油断せず自己管理もお願いします。
重ねてのおしらせですが3月6日(水)より第1および第3水曜日午前中板野稔子医師に来ていただくことになりました。当面はいろいろ不慣れなこともあろうかと思いますのでその点ご容赦ください。板野医師は水曜午後大学の外来にいらっしゃる都合上水曜日の午前中のみ(第1、3に限らず)、受付終了時刻を12時に変更させていただきます(他の曜日は12時45分です)。時間短縮となりまことに申し訳けございませんがよろしくお願い致します。また3月20日(水・春分の日)は板橋区の休日当番日です。3月29日(金)は都合により服部が休診となり代わって小山先生の診療となります。申し訳ありませんがよろしくお願い致します。年度末にあたり毎年同じ話ですが、年長さん、中1および高3世代の方ははしか・風しん混合ワクチン(MRワクチン)の2回目の接種はお済みでしょうか。3月末までが有効期限です。是非お忘れなく。
ことしも記録的な雪だそうですが、このところ毎年記録的な暑い夏と、記録的に寒い冬がつづいている様にも思います。本当に気候の変化が激しくなっているのか、それとも単にマスコミが騒いでいるだけなのでしょうか?いずれにしてもわれわれの我慢強さが年々後退していることは間違いなさそうです。でもまあ心地よい季節まで本当にもうひとふんばりかと思います。




mark 2013/02/02
2月になりました。
spacer spacer
spacer

はやいものです。例年通りインフルエンザがピークを迎えつつあるように思われます。近隣は今のところすべてA型で旧来の香港型といわれるものです。ということは2009年のシーズンにいわゆる新型にかかった方や、昨年B型になった方でもまたかかる可能性は十分にありますのでご注意ください。またこの型は小児の脳症およびご高齢の方の重症化が懸念されるので一層の注意が必要です。雨を伴う温かく湿った南風が吹くことを願います。
去る1月24日(木)は突然休診とさせていただき大変ご迷惑をおかけいたしました。お詫び申し上げます。10年で初めての事態でした。スタッフ一同インフルエンザ感染防御には最大限の注意をしていたつもりでしたが、最大の感染防御法である感染者に近づかないということは不可能なためご迷惑をおかけました。
前回もお知らせいたしましたが、3月より水曜日午前中に新たな医師に来ていただくことになりました。板野稔子医師です。経験も十分にある中堅の医師です。当面第1と第3水曜日に来ていただきます。はじめは当院のカルテシステムに不慣れかと思いますのでその点ご容赦ください。板野医師は水曜午後大学の外来にいらっしゃる都合上水曜日の午前中のみ(第1、3に限らず)、受付終了時刻を12時に変更させていただきます(他の曜日は12時45分です)。時間短縮となりまことに申し訳けございませんがよろしくお願い致します。





mark 2013/01/01
あけましておめでとうございます。
spacer spacer
spacer

はっとり小児科もついに10回目の新年を迎えることになりました。本当に早いものです。改めて皆様にお礼を申し上げます。今年は穏やかな年になることを願っております。
昨年末からウイルス性胃腸炎は減少し始め、インフルエンザが少しずつ見られてきました。正月休みで一旦はリセットされるでしょうが、また必ず出てくるものと思われます。毎年同じ話ですが、インフルエンザがまるっきり流行らなかったシーズンはありません。予防法は例年同様(手洗い等、人ごみは避ける、保温・加湿する、休養・栄養は十分に、外出は暖かい雨の日になどなど)ですがどうぞご留意ください。
先月も書きましたが1月5日(土)より平常診療となります。どうぞお間違いのないようにお願いいたします。
この3月で10年になるのを機に、水曜日午前中に新たな医師に来ていただこうかと思っております。詳細は未定でまた改めてお知らせいたしますが、諸般の事情で水曜日の午前中のみ、受付時間を12時に変更させていただく予定です(他の曜日は12時45分)。時間短縮となりまことに申し訳けございませんがよろしくお願い致します。




mark 12/12/05
年末年始の診療について
spacer spacer
spacer

今年も師走を迎えると同時に温かいものがうれしい気候になりました。近隣では嘔吐下痢症が小流行といった感じです。インフルエンザは区内でも少しずつでているようですが、このあたりではまだ流行には至っていないようです。
万物は流転するものだそうで、当院でも職員さんたちの入れ替わりがあります。インフルエンザワクチンの時期と重なり患者さんが最も多くいらっしゃるこの時期に人手不足気味となりいろいろご迷惑をおかけしているかと思います。心よリお詫び申し上げます。近々新戦力も加わっていただける予定です。みなさんが慣れるまでもう少し時間をいただけたらと思います。
不活化ポリオワクチンワクチンはだいぶ渋滞が解消してまいりました。ほぼふつうにご予約いただけるかと思います。しかし4混混合ワクチンはまるっきり不十分です。8月1日以降に誕生の方に一斉に紙が配られているのに現場がこの状態ではまことに歯がゆい思いなのですが、もう少しお待ちいただくか、または3種混合と不活化ポリオをうつという選択をしていただければと思います。しかしこの事態はいったいどうなっているのでしょうか?
年末年始は以下のごとく臨時診療体制をとらせていただきます。

12月28日(金)までは平常診療
12月29日(土)板橋区休日当番
(9:00〜22:00です)

平成24年12月30日(日)
    〜平成25年1月4日(金)
年末年始休暇のため休診

1月5日(土)より平常診療
(1月5日は12:45までです。)


ご迷惑をおかけいたしますがお間違いのないようにご留意ください。
すこしはやめですが年末のごあいさつをいたします。今年もまたなんとか一年間無事に過ごすことができそうです。いつも同じ文言ですが、患者さんやご家族はじめはっとり小児科にかかわってくださった方すべてにあらためてお礼を申し上げます。来年こそ地球上すべて安穏な年であることを強く願います。




mark 12/11/09
不活化ポリオワクチンの件
spacer spacer
spacer

先日来お騒がせしている不活化ポリオワクチンの件です。大変ご迷惑をおかけしておりますが、ワクチンは少量ずつですが入荷するようになってまいりました。全面解禁とはまいりませんが、以前ご予約をいただいている方から順次接種を再開したいと思います。お手数ですがお電話等でご連絡をお願いいたします。




mark 12/11/05
11月になりました。
spacer spacer
spacer

11月になりそろそろ木枯らしなんてな言葉を聞くようになりました。この季節は本当に進みがはやいですね。
今月から接種可となった4種混合ワクチンですが、極端な供給不足で希望量の1割も入手できない状況です。厚生労働省は“地方自治体に聞いてください”、自治体は“メーカーさんに聞いてください”、メーカーさんは薬を供給してくださるいわゆる“おろしさんに聞いてください”、おろしさんは“とにかく入ってこないんです”とのことです。どうなっているんでしょうか。4種混合不足に伴い一旦は潤沢になった不活化ポリオワクチンまでも同様な状態になっております。そのため不活化ポリオワクチンに関しては、@新規の予約は当面中止、A一旦お受けした方も延期あるいは間隔を延ばすという対策をやむを得ずとらせていただいております。突然これだけ不足するのは未経験でまことに断腸の思いです。さいわい国内にいる限りは当面ポリオの危険はなく、接種間隔が伸びても効果には問題はない(実際諸外国に比し日本はかなり足早なスケジュールです)のでまだ救われる思いですが、お待ちいただいた方にはワクチンが入り次第優先的に接種させていただきます。入荷状況は院内掲示、お電話およびこの欄でもお知らせいたします。
この数年ワクチンに関し毎年同様な騒ぎが起こっております。新型インフルエンザのような予期せざる事態がおこったわけでもなくこの騒ぎですから、ワクチン行政の貧困さを感じずにはおられません。偉そうなことを言うようですがワクチンの目的は“こどもの健康”ひいては“病気の撲滅”であり、役人の保身、製薬業者の利益、病医院の集患対策、マスコミへのネタ提供でもありません。一番の被害者はちゃんと接種を受けられない赤ちゃんかと思います。もう一つワクチンネタですが日本脳炎ワクチン後の死亡例について厚生労働省の会議の報告がありました。私がみても亡くなられた2名の方はいずれもワクチン接種との因果関係はおそらくないだろうと思います。接種直後に亡くなられた方が特に気になっていたのですが、不整脈を起こしうる使用禁忌薬剤を服用されていたこと、アナフィラキシーらしき所見がないことおよび小児にしては蘇生に対する反応が悪い点は、致死的な不整脈の可能性を示唆しているかと思います。いずれにしてもお亡くなりになったことは紛れもない事実です。ご冥福をこころよりお祈り申し上げます。
予防接種は非常に大勢の健康な方が対象の医療行為なので、接種後の悪い出来事(有害事象という)は多数おきてしまいます。この有害事象には真の副作用とニセの副作用(紛れ込み事故)が含まれますが、真の副作用ではないという証明はかなり難しいと思われます。実際は紛れ込みが多いものと推測されています。 ワクチンの副作用の記載で、ワクチン接種後30日以内に“おむつかぶれ”なんてあると“?”と思ってしまいます。しかしどんなに低頻度でも真の副作用は見逃せません。地道で慎重な観察はずっと継続されることは絶対に重要です。マスコミの“○○ワクチン接種後に死亡”の記事は問題がありますね。部分的には正しいのでしょうが、そのうち予防接種後の帰り道にマンホールに落ちて死亡したなんてなのも問題になるかもしれません。私も50年ほど前にポリオの生ワクチンを経口接種したのですが、突然死をしたら新聞に載るんでしょうか。




mark 12/10/24
4種混合ワクチンについて(2)
spacer spacer
spacer 先日のこの欄で4種混合ワクチンのお知らせをいたしました。このワクチンの発売開始が11月1日でまだ手元にはないのですが、どうも注文した本数の配給は難しそうとの連絡が入っております。本年9月の単独の不活化ポリオワクチンの時と同様で、供給本数は十分に確保されているとのことです。当面少しずつしか予約をお受けできませんが、一時的なことかと思いますのでご理解をお願いいたします。しかし毎度同じような騒ぎになるのを防ぐためには、発売日を接種開始日より少し早めていただいたら良いのではと私のような単純な人間には思えてしまいます。
先ごろ日本脳炎接種直後に死亡された方の報道がありました。原因の如何にかかわらずお亡くなりになられた方及びご家族の方には心より哀悼の意を現させていただきます。元気だったお子さんを亡くされるということは本当につらいことかとお察しいたします。詳しい情報はまだありませんがVPDの会の見解をご紹介させていただきます。私もほぼ同意見です。ワクチン接種との因果関係が完全に否定(かなり難しいこととは思います)されない限り補償は手厚くしていただけたらと思います。もちろん日本脳炎は蚊に刺されなければ罹らない病気ですのでご不安な方はもう少し情報でるまで待って来年の蚊が出るころまでには接種するという方法もあるかと思います。もし日本脳炎流行地にいらっしゃる方はこの限りではありません。
11月3日(土・休)は板橋区休日診療当番日です。診療は午前9時から午後10時までですが、午後3時からは小山先生の診療となる予定です。そよかぜ薬局さんはお休みで、その他の薬局さんのご利用になります。



mark 12/10/18
4種混合ワクチンについて
spacer spacer
spacer 本年11月より4種混合ワクチンが始まります。4種とは従来のDPT3種混合+不活化ポリオワクチンです。接種対象は生後3か月から7歳半までですが、3種混合およびポリオワクチン(経口生ワクチンを含む)を未接種の方となっています。そのどちらかを1回でも受けた方は4種混合は接種せず従来のワクチンを継続します。(ポリオはもちろん不活化ワクチンでの継続になります)
本年8月1日以降に生まれた方は用紙が区より郵送されますが、それ以前のお誕生で4種混合ワクチンをご希望の方は母子手帳持参で保健センターに取りにいらしてください。ご予約はもう開始しております。接種開始は現物が確実に入ってからという趣旨で11月6日(火)からとさせていただきたいと思います。
最近、予防接種あるいは健診で母子手帳あるいは用紙をお忘れになる方がおいでになります。母子手帳がないと今までのワクチン歴がわからず、接種ができない場合もありますしまた記録もできず今後の接種ミスの誘因になります。また用紙がない場合は自費扱いになりますのでくれぐれもお忘れない様にお願いいたします。



mark 12/10/13
10月も中旬になり…
spacer spacer
spacer さすがに涼しくなってきました。とともに風邪も増えてきました。RSウイルスという言葉を耳にされた方も多いかと思います。このウイルスは赤ちゃんが罹患すると呼吸困難をおこし入院に至ることも多く、未熟児さんなどでは生命にかかわることもあるわれわれ小児科医にとっては嫌なウイルスですが、われわれもしょっちゅうもらうポピュラーな風邪のウイルスでもあります。患者数が増えたとの報道されていますが、昨年10月から健康保険で外来での検査が認められ(制限はあります)、検査をすることが多くなったことも大きな要因かと思われます。保育園等で一般的な風邪予防のためにも手洗いや咳エチケットの励行はまことに良いことですが、 聞きなれない病名とのことで必要以上に恐れたり、過度な検査を希望される方やあるいは保育園等もあるようですが冷静に対応していただきたいものです。これに限らずマスコミの情報は“部分的には正しいんだけれども・・・”なんてなものが多く要注意です。
先月から始まった不活化ポリオワクチンですが、供給もだいぶ安定し軌道に乗ってきました。効能はまったく文句はないのですが、イモバックスという名前はともかく気に食わない点がひとつあります。それはわれわれへの納入価が約3倍になっているという点です。以前は個人で少量ずつ輸入していたわけですが、大量に公で買うようになって値段が倍以上になっているということが、 経済に疎い医者には全く理解できません。ましてや以前よりかなり 円高ユーロ安だと思うのですがなおさら変な気がします。定期接種で窓口負担はないので皆さんはあまり感じないかもしれませんが、板橋区等の自治体の負担は生ワクチンのころに比べかなり増大したかと思います。私は医療費はなんでも無料が良いとまでは言いませんが、ただでさえ予防接種の負担は全国から見ると最低レベルの板橋区(たとえばヒブと肺炎球菌ワクチンでも全国の約90%は無料ですが板橋区は1回併せて1万円で全部で4万円です)なのですから、イモバックスの納入価が以前並みになれば少しでもほかのワクチンの無料化が期待できるかと思います。このままだと板橋区の乳児死亡率が全国最悪なんて事態になるかもしれません。



mark 12/09/06
9月になりました。
spacer spacer
spacer 9月になり残暑が続いていますが、朝夕の鳴き声はセミから秋の虫に主役交代しつつあるようです。気温も下がりはじめ、幼稚園、学校も始まるとともに風邪も流行りだし、また喘息の方も要注意な季節を迎えますので、どうぞみなさま体調管理にご留意ください。
今月より不活化ポリオワクチン接種が始まりました。当院でも予約をお受けし始めましたが、当面入手しうる薬剤量が限られており、早くも渋滞気味になっております。入荷した本数に応じてすこしずつしかお受けできない状態ですが、最終的に供給量は十分にあるそうですので、この渋滞も一時的なものかと思います。前にも書きましたが現在日本にはポリオはありませんので、流行地域(アフガニスタン、パキスタン、ナイジェリア等)にご旅行される方以外はあせる必要はないと思われます。しかしポリオが日本に入ってくる危険性は常にあるので早めに接種されることはお勧めいたします。繰り返しますがワクチンを受けない、あるいは4種混合ワクチンの発売を待つという選択肢はお勧めできません。
あわせて今年度のインフルエンザワクチン接種法が決まりました。接種量、方法は昨年と同じです。上記のごとくポリオも個別接種となり、ワクチン接種枠がきつくなっておりますので、今年は例年より早く開始しますが、接種可能人数は昨年より少なくなると予想されるため、接種対象は原則小児に限らせていただきたいと思います。接種回数は6か月〜12歳は2回(2〜4週間隔)13歳以上は1回です。注射費用は1回目3000円、2回目2000円ですが、他院で1回目を受けた方は3000円です。なるべくおつりのない様におねがいします。用紙は当院に用意してあります。可能ならあらかじめ用紙を取りにいらしてください。受付開始は9月11日(火)で電話でのみお受けいたします。2回接種の方は2回分まとめてお受けします。接種開始は10月16日(火)を予定しております。
9月17日(月・敬老の日)は板橋区の休日当番日です。



mark 12/08/09
8月になり猛暑が続いています。
spacer spacer
spacer これといった疾患の流行もなく、例年のことながら小児科は最もひまな季節を迎えのんびり過ごさせていただいております。
9月より実施予定の不活化ポリオワクチンについては詳細な実施方法の通達が現在のところ未だなく、薬剤もまだ手元にないところから予約受付はしておりませんが、決まり次第開始させていただきます。供給量は十分にあるそうですが、どうしても開始早々は一時的に品薄になることも予想され、現時点では流行地域(アフガニスタン、パキスタン、ナイジェリア等)にご旅行される方以外は一刻を争ってうつ必要はなさそうですが、ポリオが日本に入ってくる危険性は常にあるので早めに接種されることをお勧めいたします。ワクチンを受けないあるいは4種混合ワクチンの発売を待つということはお勧めできません。
この秋から(今までは保健センター等での集団接種だった)ポリオも個別接種となり、インフルエンザワクチン接種の時期とも重なる上に当院のマンパワーの事情もあるためワクチン接種枠の不足が予想されます。こちらも鋭意努力し皆様になるべくご迷惑をかけない方法を検討いたします。詳細はもうしばらくお待ちください。
水の事故等には注意し残り少なくなった夏休みを楽しく有意義に過ごされることを望みます。
先月も書きましたが8月11日(土)および8月22日(水)〜8月28日(火)まで学会出張も兼ねてお休みをいただき29日(水)より平常の診療とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。



mark 12/07/7
7月になりました。
spacer spacer
spacer 梅雨真っ盛りですが早いもので七夕を迎える頃になりました。古来からの年中行事は旧暦でやったほうが良いのでしょうが、七夕はその感が一層強く梅雨空を眺めながら星空を想像するより盛夏にやった方がずっと季節にそぐうような気がします。
毎年同じような話になりますが、気温上昇に伴い突然高熱が出る“夏カゼ”が増えてきました。口の中にポツポツのできるヘルパンギーナや、手のひらや足の裏を中心に口の中以外にもポツポツのできる手足口病も夏カゼの仲間です。全身状態は比較的良好ですが、いずれも口の中が痛くなるため水分摂取が不十分になり脱水になることが危惧される病気です。逆に言えば元気で水分が摂れ、おしっこが出ていればまず大丈夫でしょう。
このところ諸事情で幾人かの職員さんが交代されます。新しい方々が慣れていただくまでいろいろご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお見守りいただきますようお願いいたします。
不活化ポリオワクチンは9月から単独ワクチンが開始になる予定です。詳細については行政サイドからの連絡を待って来月に改めてお知らせをいたします。ただしDPT3種混合ワクチン未接種の方は、(この冬以降開始予定の)DPT+不活化ポリオ4種混合を待たずに3種混合をおうちになることを強くお勧めいたします。現在日本にはポリオの患者さんはいらっしゃいませんが、百日咳の患者さんは気づかれずにかなりいるものと推測されます。前にも書きましたが乳児期の百日咳は治療を施しても死亡する可能性があります。私が小児科医になったころはちょうど副反応うんぬんでDPTワクチンが見合わせになっていた時期で、たくさんの非常に悲惨な赤ちゃんを拝見いたしました。もうそういった赤ちゃんは絶対に見たくありません。
7月22日(日)は休日当番日です。午後3時からは小山先生の担当になります。また近隣の薬局はお休みになりますが、比較的近所の薬局が19時過ぎまではやってくださるそうなので早めの受診をお勧めいたします。
夏休みの予定です。8月11日(土)および8月22日(水)〜8月28日(火)まで学会出張も兼ねてお休みをいただき29日(水)より平常の診療とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。



mark 12/06/01
6月になりました。
spacer spacer
spacer 6月になり、梅雨間近を感じさせられる頃となりました。相変わらずこれといった病気の流行もなく平穏な日々が続いておりますが、全国的には昨年に比し風疹(三日ばしか)の患者さんが増えているそうです。板橋区近隣で増えているわけではなく、ワクチンの効果は高いので、既定のワクチン(今はMRワクチンですね)を接種されている方はあわてる必要はありませんが、未接種の方はお受けになることをお勧めいたします。風疹は比較的軽症の方が多いのですが、まれに脳炎などもあり、妊婦さんが罹患すると赤ちゃんに問題が出る(先天性風疹症候群といいます)ことが多く要注意です。
よく妊娠をされてから風疹抗体価の検査を受け、"陰性なんだけどどうしましょう"という相談を受けるのですが、妊娠をしてからでは風疹ワクチンは受けられず、"人込みは避けましょう"ぐらいのことしか言えません。これから妊娠を希望される方は、是非あらかじめ検査を受け、陰性ならワクチンを受けてのちに妊娠されることをお勧めいたします。
話は変わりますが、スイセンをにらと間違えて食べて中毒という報道がありました。この手の話は毎年あるようです。私は花は苦手ではっきり区別できるのはたんぽぽとチューリップくらいなのですが、にらとスイセンの区別はできるようにも思います。間違える時には仕方ないのでしょうか。中毒の話のついでにもう一つ銀杏(ぎんなん)中毒のお話をします。銀杏を食べすぎるとけいれんを起こすということはご存知でしょうか?子供に多く、そのメカニズムも解明されています。昔から"こどもには与えるな"、あるいは"年齢の個数以上は食べるな"などといわれているようです。重症例では死に至ることもあるようですのでこちらもお気をお付けください。
長期間お手伝いいただいた志賀先生ですが、6月13日(水)が最終の外来となります。故郷で新規のご開業とのことです。本来は昨年とのお話でしたが、例の地震で延期になってしまったとのことです。健康に留意され、いわき市近隣のお子さんのために大活躍されることをお祈りいたします。



mark 12/05/16
すこしサボっているうちに…
spacer spacer
spacer あっという間にゴールデンウイークも過ぎてしまいました。 例年ならば最も過ごしやすい季節ということなのですが、季節外れの落雷だ雹だ、時には竜巻だと落ち着かない天候が続いています。一方病気のほうはさすがにインフルエンザもほぼ見られなくなり、これといった疾患の流行もなく近年まれにみるほどの穏やかな日々です。
そこで病気の話題をやや転換して事故のお話を。ご存知の方も多いでしょうが乳児の死亡原因の第一位は"不慮の事故"で、その大半が誤飲による窒息です。赤ちゃんの誤飲は日本は欧米諸国よりも多いそうです。その原因の一つは畳の生活で、赤ちゃん這い回る環境にいろいろ雑多なものが転がっているのも一因でしょう。和室の生活はベッドからの転落はない分誤飲はより要注意ですね。こういった事故は6か月以降に多発するので6・7か月健診の際原則皆さんにご注意申しあげることにしています。特に危ないと思えるえるお母さんにのみ申しあげているわけではないのでご了承ください。プロ囲碁棋士の吉原由香里さんのブログにまさにこの月齢のお子さんが碁石に興味を持って食べたがるというお話がありましたが思わずうなずいてしまいました。
赤ちゃんに限っていえばあらゆる病気、毒物、自動車事故、放射能汚染、ワクチンの副反応よりひとつの碁石やたばこの吸い殻のほうがはるかに危険物なのかもしれません。



mark 12/04/01
新年度を迎えました。
spacer spacer
spacer 新年度を迎えました。以前にも書きましたが、本当に遅い春で4月になったのに桜が開花したのしないのと言っていることはあまり記憶がありません。そのせいか、今シーズンはインフルエンザの流行が長く続きました。ひと冬でAとB両方にかかった方も多くいらっしゃいました。まことにご災難でしたが、来年度以降はかかりにくくなったと前向きに考えていきましょう。
この季節はスタートの季節とともに別れの季節でもあります。幼かった頃よく来てくださった方が見違えるほど立派になって入学や就職などでご挨拶に来てくださると、本当に一小児科医としての喜びを感じます。が一方かすかな淋しさみたいなものも感じることもあります。まあ万物は流転して、世の中がうまくいくのでしょう。世の中も一つの生命体のごとく動的平衡が保たれているのでしょうか。
4月21日(土)は日本小児科学会(福岡市)に出席のため休診とさせていただきます。まことにご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。
少し先の話になりますが、ゴールデンウィークはこよみ通りの診療予定です。5月6日(日)は板橋区の休日当番日で診療です。午後3時からは小山先生の診療の予定です。また近隣のそよかぜ薬局さんは夕刻までやってくださるそうですので早めの受診をお勧めいたします。



mark 12/03/07
3月になりました。
spacer spacer
spacer おかげさまでなんとか無事に9周年を迎えることができました。あの頃うまれた赤ちゃんはもうかなり大きくなり一人前の口も利けるようになったと思いますが、われわれはまだまだだ発展途上だと感じています。改めて現在まではっとり小児科にかかわってくださった方すべてに心からお礼申し上げます。これからもよろしくお願い致します。
今シーズンのインフルエンザの流行は例年より高くかつ長い印象です。考えられる理由としては春の到来が遅いこととこの2年間いわゆる新型に押され鳴りをひそめていたA香港型が3年ぶりに暴れだしたたため、この型に対する免疫を持っている方が少なくなっていたことが考えられます。加えてB型も例年になく頑張っているためにこのような事態になっているのかなと思います。1シーズンに2回かかる方も多く見られています。まだまだお気をつけください。でももうそろそろ温かい雨が降って終焉と行きたいものです。
年度末にあたり毎年同じ話ですが、年長さん、中1および高3世代の方ははしか・風しん混合ワクチン(MRワクチン)の2回目の接種はお済みでしょうか。3月末までが有効期限です。是非お忘れなく。
先月も書いたことですが、3月になってもまだ梅もほとんど開花していません。このまま急に温かくなると、梅と桜が同時に咲くなんてなことになるかもしれません。北国ではそう毎年そうなんでしょうが、関東地方ではやはり違和感がありますね。心地よい季節まで本当にもうひとふんばりだと思います。



mark 12/02/08
2月になりました。
spacer spacer
spacer 例年より寒かったり、東京でも雪が降ったりといろいろたいへんですが、大方の予想通りインフルエンザの流行がピークを迎えつつあるように思います。前野町近隣はほとんどがA型のようです。一昨年のシーズン(2009-2010)に大流行したいわゆる新型ではなく(もう新型ではなくなりましたが)、旧来からあるいわゆる香港型です。ということは一昨年あるいは昨年にA型になった方でもまたなる可能性は十分にありますので要注意です。また小児科の話題ではありませんが、この型はご高齢の方が罹患すると重症化しやすいのでおじい様やおばあ様とご一緒に住んでいる方は一層の警戒が必要です。また板橋区の一部地域ではB型もでているので1回済んだからといって油断は出来ません。毎年同じようなインフルエンザ騒ぎですが、幸いことしは薬は効いている方が多くまた薬の種類も増えました。決して侮れない疾患ですが、恐れすぎずに対応しましょう。
そろそろ春が恋しくなってきました。もうひとふんばりですね。



mark 12/01/01
あけましておめでとうございます
spacer spacer
spacer あけましておめでとうございます。
はっとり小児科も9回目の新年を迎えることができました。本当にはやいものです。改めてお礼を申し上げます。
ことしは本当に穏やかな年になると良いですね。

昨年末はこれといった疾患の大流行はない代わりに、少しずつインフルエンザ、水ぼうそう、ウイルス性胃腸炎などが見られて結構忙しかったのですが、正月休みでリセットされ何がでてくるかはわかりません。が、気候も例年より早く冬型の気圧配置が目立つようで、本命はやはりインフルエンザでしょうか?なにしろインフルエンザがまるっきり流行らなかったシーズンはありません。予防法は毎年同様(手洗い等、人ごみは避ける、保温・加湿する、休養・栄養は十分になどなど)ですがご留意ください。
先月も書きましたが1月5日(木)より平常診療となります。なお1月9日(月・祭)は板橋区の休日当番日で診療です。午後3時からは小山先生の診療の予定です。また近隣のそよかぜ薬局さんは6時までやってくださるそうです。また1月18日(水)と25日(水)の外来が服部と志賀先生で交代となります。すなわち11日、18日が志賀先生となり、25日は服部となります。いろいろ複雑でご迷惑をおかけいたしますがお間違いのないようにご留意ください。 



mark 11/12/10
12月になりました
spacer spacer
spacer 12月になりました。と同時にあたかもスイッチを秋から冬に入れ変えたように寒くなりました。それとともに病気歳時記も冬となったようで嘔吐下痢症が少しずつ見られてきました。インフルエンザも区内でちらほらと現れつつあるようですが、近隣ではまだ話は聞きません。マイコプラスマはまだ見られるようですが、ピークは越えたようにも思います。ただ今年のマイコプラスマ感染症は抗生物質が効きにくいものが多く治療に難渋するケースも多いようです。しかしマイコプラスマ感染症は基本的に全身状態は悪くないのが特徴で、マスコミ等で死に至る可能性があると大々的に喧伝するのはどうかなと思ってしまいます。もちろんそういう可能性もあるでしょうが、あたかも罹患した人すべてに命の危険性があるように思わせてしまう報道はやや扇情的のようにも思います。まあマイコプラスマに限った話ではなくこれがマスコミの本質なのかもしれません。

年末年始の体制です。
12月28日(水)まで平常診療
(午前のみです)

12月29日(木)板橋区休日当番

12月30日(金)〜1月4日(水)
年末年始休暇のため休診

1月5日(木)より平常診療
 

なお1月9日(月・祭)も板橋区の休日当番日で診療です。午後3時からは小山先生の診療の予定です。

また1月18日(水)と25日(水)の外来が服部と志賀先生で交代となります。すなわち11日、18日が志賀先生となり、25日は服部となります。
いろいろ複雑でご迷惑をおかけいたしますがお間違いのないようにご留意ください。

すこし早めですが年末のごあいさつをいたします。今年もなんとか一年間無事に過ごすことができそうです。患者さんやご家族はじめはっとり小児科にかかわってくださった方すべてにあらためてお礼を申し上げます。来年こそ地球上も皆様も安穏な年だと良いですね。



mark 11/11/09
11月になりました
spacer spacer
spacer 当院でもインフルエンザワクチン接種がはじまり、例年のことですがマンパワーが不足がちになってしまい、いろいろ皆様にご迷惑をおかけしているかと思います。どうかお許しいただきたいと思います。
夕方の予防接種のご予約は最終17時でお受けしております。というのも厚生労働省の指示で接種後しばらく観察時間を置かなくてはなりません。そのため17時30分までには接種を終えたいと考えております。夕方遅くおいでいただいても接種できなくなる可能性があります。まだ診察時間内なのにとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、そのような事情ですので遅刻はなるべくせずにお越しください。
乳幼児の細菌性髄膜炎予防のためにヒブワクチンおよび小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)の接種が一部公費負担でおこなわれておりますが、板橋区の推定接種率は約30%くらいだそうです。一部公費負担といっても両方併せて1回1万円の負担は決して軽くはありません。実は日本の90%くらいの赤ちゃんは無料でこのワクチンが受けられるそうですし、そのような地区の接種率はだいぶ板橋区よりは高いようです。また板橋区より負担の多い地区はほとんどないようです。無料がすべて良いとは思いませんが、"わが党の力でワクチンの公費助成を達成うんぬん・・"なるポスターを区内で見ると"?"と思ってしまいます。今後板橋区内は他地区より細菌性髄膜炎が多数発生しましたなんて記事は目にしたくありませんね。
11月27日(日)板橋区の休日当番日で診療です。そよかぜ薬局さんはお休みだそうで、当番薬局さん等のご利用になります。



mark 11/10/01
10月になりました
spacer spacer
spacer "暑さ寒さも彼岸まで"とはよく言ったもので彼岸すぎからめっきり秋になりました。それに伴いいろいろな風邪がはやってきているようです。中でもマイコプラスマあるいはRSウイルスといったやや聞きなれない感染症がでているようです。どちらも咳が多く、マイコプラスマは年長児や成人、逆にRSウイルスは年少児が重症化しやすく時に入院を要することもあります。最も心配なのは小さく生まれたり心肺に問題のある赤ちゃんがRSウイルス感染症にかかることなのですが、彼らにはシナジスという予防の注射を受けておられることは心強いことです。もちろん咳エチケットや手洗い等の予防には気をつけていただきたいのですが、しかし多くの方軽症ですむ場合も多いので過度な心配は不要と思われます。いつも思うのですがマスコミに煽られすぎないことも大切でしょう。
今年度のインフルエンザワクチン接種法が決まりました。使用ワクチンは昨年と同じですがこどもの接種量と接種間隔が変更になりました。またこどもの公費の一部負担がなくなりました。接種回数は6か月〜12歳が2回(2〜4週間隔)、13歳以上は原則1回です。接種量は6か月〜2歳は0.25ml、3歳以上0.5ml(いずれも1回あたり)です。年齢によっては昨年までの2倍以上になります。先月も書きましたが昨年までの量は日本独自のもので、変更によってむしろ世界の標準になりました。インフルエンザワクチンは、他のワクチンに比べその効果が弱いことが指摘されていましたが、これにより効果の上昇が期待されます。また量を増やしたことによる副作用の増加は認められなかったそうです。
注射費用は1回目3,000円、2回目2,000円、ただし他院で1回目を受けた方は3,000円です。なるべくおつりのない様におねがいします。用紙は当院に用意してあります。可能ならあらかじめ用紙を取りにいらしてください。受付開始は10月5日(水) 電話あるいは直接お受けしますがお待ちいただく場合があります。2回接種の方は2回分まとめてお受けします。接種開始は11月1日(火)といたします。
震災の関係で供給量はやや少なめとのことですが、マスコミがインフルエンザ騒ぎを全くしていないので一昨年のようなことはないものと思います。
10月10日(月・祭)は板橋区の休日当番日で診療です。そよかぜ薬局さんはお休みだそうで、当番薬局さん等のご利用になります。



mark 11/09/15
インフルエンザ予防接種について
spacer spacer
spacer 更新をさぼっているうちに9月中旬になってしまいました。昼間はまだまだ残暑真っ盛りですが朝夕は秋めいてきました。それに伴いこの夏大流行だった手足口病に代表される夏風邪は減少する一方、咳や鼻汁を伴うふつうの風邪が増えつつあるようです。
そろそろインフルエンザワクチンの予約受付が近づいてきました。今年のインフルエンザワクチンには変更点が2つあります。ワクチン自体は昨年と変化はないのですが、昨年までは新型とされていたウイルスはもはや新型ではなくなり季節性の扱いになりました。これに伴い公費の一部負担はなくなりました。(65歳以上の方はあります)また小児の接種量が増え、年齢によっては昨年までの2倍以上になります。実は昨年までの量は日本独自のもので、あまり根拠はなく変更によってむしろ世界の標準になったということです。今までもインフルエンザワクチンは、他のワクチンに比べその効果が弱いことが指摘されていましたが、これにより効果の上昇が期待されます。また量を増やしたことにより副作用の増加は認められなかったそうです。
震災により一部メーカーのワクチン供給量が減り入荷量が不明なことと、上記の理由により必要なワクチン量が2倍ほどにふえたたため、今年度の詳細(予約開始時期および接種費用など)がまだ決定できません。公費負担の打ち切りと接種量の増加により若干の負担増になるかと思われます。決まり次第あらためて院内掲示およびこの欄でお知らせいたします。
つい最近インフルエンザの話をしたと思っていたのに、一年の巡りは本当にはやいものですね。



mark 11/08/01
8月にはいりました。
spacer spacer
spacer 暑さもやや小康状態になったまま8月になりました。今年は節電騒ぎも加わっているのでより大変ですが、昨夏ほどの猛暑でないことを期待するところです。
日本脳炎ワクチンについて訂正です。先月の項に平成6年6月1日以降に生まれたと書きましたが平成7年6月1日以降の間違いです。申しわけありません。つまり現在高1世代の方ですね。
もう一つお知らせがあります。8月から第2、第4水曜日の午前は服部に代わって志賀先生の外来になります。志賀先生はこの数年木曜の午後外来をやっていただいていたのでご存じの方も多いかと思います。よろしくおねがいいたします。8月10日(水)からということになります。
8月21日(日)は休日当番日です。午後3時からは小山先生の担当になります。そよかぜ薬局さんはお休みなので、近隣の薬局さんのご利用となります。同じことの繰り返しですが、当番薬局さんは夕方までのところもあるため、早めの受診をお勧めいたします。
夏休みは翌8月22日(月)〜8月30日(火)まで学会出張も兼ねてお休みをいただき31日(水)より平常の診療とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくおねがいいたします。



mark 11/07/07
7月にはいりました。
spacer spacer
spacer 7月にはいり梅雨はつづいておりますが、だいぶ暑くなってきました。それに伴っていわゆる夏カゼと思われる急に高熱を発する方が増えてきました。この時期ただでさえ脱水になりやすいので熱のある方や、食欲のない方は特に水分と電解質の補給にお気をつけください。スイカに梅干しなんてちょっとオツでお勧めかもしれません。
日本脳炎ワクチンについて平成6年6月1日以降にうまれた方は20歳までいつでも接種できるようになりましたが、区からのお知らせのはがきは8月末になるそうですので、流行地に旅行する等お急ぎの方は取りにいらしてください。またMRワクチンの4期は高3世代の方が対象でしたが、高2の方でも可能となりました。
最近ポリオワクチンについてのお問い合わせを受けます。ポリオワクチンには2種類あり口からのむ生ワクチン(以下OPVとします)注射でする不活化ワクチン(以下IPVとします)があります。いろいろなサイト等で解説されているので簡単に述べます。日本では現在OPVが導入されていますが、数百万回に1回ほどワクチンウイルスが体内で強毒化し麻痺を起こしてしまう可能性があります。
また強毒化したウイルスも便から排泄されるために免疫のない人に感染させてしまう可能性もわずかにあります。IPVはその危険はないためわが国でも来年度には導入されるという動きはありますが、確定ではないようです。
現段階では3つの選択肢がありますがそれぞれにわずかながらのリスクはあります。
@従来のOPVを接種する:上記のように数百万分の1に麻痺がおこります、また免疫のない方に感染する可能性があります。

A個人輸入のIPVを接種する:万一予期せぬ副反応が起きた場合に国からの補償は受けられません。

Bどちらも接種せずにおく:万一ポリオが日本に入った場合や、上記の生ワクチンを接種した方からの感染の可能性が残ります。

実際昨年タジギスタンという国で(この国ではワクチン接種を中止していたそうです)隣国のパキスタンとアフガニスタンからポリオが入り流行したそうです。
この3つのうちのどれかは親御さんに選択していただくしかないのですが、どれを選択しても現段階ではリスクはきわめて低いといえると思います。
現在の日本ではIPVの導入が望ましいと考えますが(実際にほとんどの先進国はIPVです)、かつて大流行していた日本において国交のなかった国から緊急にOPVを輸入し世界に先駆けてポリオを絶滅した歴史はすばらしいことと思います。先人のご判断とご努力には敬意を表します。OPVは非常に安価で医療関係者でなくても投与しうるというメリットがあるわけですから、流行しているアジアやアフリカの諸国のお子さんにはその存在価値はいまだ大きいと考えます。

夏休みの予定です。
8月21日(日)は休日当番日です。
8月22日(月)〜8月30日(火)まで学会出張も兼ねてお休みをいただき、
31日(水)より平常の診療
とさせていただきます。



mark 11/06/01
6月にはいりました。
spacer spacer
spacer 関東地方も例年より早く5月末から梅雨入りとのことです。毎年梅雨入りすると、早く明けてほしいと思うのですが、といって暑い夏もごめん蒙りたいですね。今年は特に節電騒ぎがありそうなのでなおさらです。まあわがままな感想と言えばその通りですが。
日本脳炎およびMRワクチンについてまた制度の変更があります。日本脳炎は今までうてなかった7歳半から8歳の方および13歳以上の方にも接種できるようになったようです。またMRワクチンは今まで高3世代だった4期が高2からうてるようになるようです。区および医師会から正式なお達しをいただいてからまた詳しく述べさせていただきます。
6月より木曜午後は志賀先生に代わって小山隆之先生(帝京大小児科)の診療となりますのでよろしくお願いいたします。小山先生は帝京で病棟医長をされ、アレルギー外来も担当されている若手のホープです。診療に関しては全く問題はないと考えられますが、当院の電子カルテにはおそらく不慣れなので当面はいろいろそちらでご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いいたします。といってもデジタル音痴の我々の世代と違いすぐ慣れていただけると思います。
また6月19日(日)は板橋区の休日当番日です。午後3時からは志賀先生の診療となります。



mark 11/05/11
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン再開
spacer spacer
spacer 5月になりゴールデンウイークもあっという間に過ぎてしまいました。さすがにインフルエンザは見られなくなりましたが、代わりあいましてという感じで、みずぼうそう、おたふくかぜ、溶連菌感染症、りんご病等が少しずつでてきているようです。その中で気になるのは板橋区内にも麻疹(はしか)の患者さんが発生というニュースです。はしかはこどものはやり病いの中で最も重く、特効薬もありません。しかし予防注射によりほぼ予防することができます。1歳になった方はただちに(厳密には誕生日の1日前から可能です)はしか・風疹混合ワクチンを受ける事を強くお勧めいたします。併せて年長さん、中1、高3の方も2回目の接種を受けてください。それ以外の方は自費になりますがご相談ください。
また食中毒の話題も巷間をにぎわせています。腸管出血性大腸菌による食中毒は嘔吐、下痢にとどまらず命にかかわることもあるので大変深刻です。これらの菌は牛の腸に住んでおり牛にとっては無害な菌ですが、われわれにとっては時に猛毒になります。肉は基本的には無菌なのですが表面には付着している可能性はあります。そこで表面だけ十分に加熱すれば危険のないことになります。ですからレアのステーキは大丈夫ということになりますが、ハンバーグのようなひき肉は内部まで完全に熱を通す必要があるので要注意です。私は料理はほとんどできませんが、ハンバーグが中まで火が通っているかを見るのは難しいですね。もしこども料理教室などでハンバーグ料理をするときは煮込みハンバーグがお勧めです。またハンバーグをこねた手や調理器具は汚染されていると考えて、手洗いや消毒を十分に心がけてください。まちがってもハンバーグをこねた手でそのまま野菜サラダを作らないでください。なんせ1つの大腸菌は20分で2つに分裂します。大腸菌がたった1個ついただけで、2時間あまりで人への感染が成立する100個になります。単純計算ですが10時間で約10億になります。保存も大切ですね。でも冷凍庫に入れても細菌は増えないだけで死滅するわけではありません。それにしても昔はこどもはなま肉なんか絶対に食べさせてもらえなかったんですが、時代も変わりました。



mark 11/04/02
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン再開
spacer spacer
spacer 4月になりました。例年になく桜が遅いような気がします。でも小学校の入学式にはちょうど好いタイミングなのでしょうか。
このたびの大震災には本当に言葉を失いました。地震の時は当院も結構な揺れでした。健診と予防接種の時間帯でしたが、ちょうどヒブ、プレベナーが一時中止で来院中の方が少なかった事はさいわいでした。今後ひとりひとりがしっかりと行動し、日本中が落ち着きを取り戻し、被災地が着実に復興してくださることを強く望みます。
さてそのヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン(プレベナー)が4月1日より再開になりました。厚生労働省の調査により、ワクチンの安全性に懸念はないとのことです。ただし板橋区の一部公費負担をご希望の方は予診票は板橋区から配布されたものに限られます。平成23年(2011年)1月以降生まれの方は区から順次郵送されるそうです。その他の方(平成22年以前生まれで4歳以下の方)はご面倒ですが保健センターに直接とりに行ってくださいとのことです。



mark 11/03/10
9年目を迎えました
spacer spacer
spacer 3月になり当院も9年目を迎えさせていただきました。多くの方々に感謝申しあげます。開院当時に生まれた方が小学校3年生になると考えるとそら恐ろしいような気がいたします。これからもマンネリに陥らぬよう少しで進歩できるように地道にやりたいと思います。
インフルエンザはだいぶ下火になりましたが、まだB型がすこし見られます。これは一昨年に酷似しているパターンですが、2つ目の山はやや大きくかつ越したとはいえません。寒さも続くようですしまだまだ油断は出来ません。

報道等でご存知の方も多いかと思いますが、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン(プレベナー)は一時中止になりました。ワクチン接種後に死亡された方の報告があり、厚生労働省からの通達で、死亡原因を調査中のため念のため一時中止とのことです。
お亡くなりになった方とご家族には心より哀悼の念を表します。
原因の如何にかかわらず、自分の子供を突然失う悲しみは想像するだけでも恐ろしいことです。
ただ一方乳児突然死症候群(SIDS)という現代の医学では解明しきれていない病態があることも事実です。これらのワクチンはちょうどそのSIDSがおこりやすい世代が対象であり、また最もおこりやすい季節であったとも推測されます。症例毎の冷静かつ科学的な検討をしていただく必要があると思います。しかしこういった場合はっきりと因果関係が肯定あるいは否定される事は難しいことが多いかと思います。長期かつ多数に亘る疫学という統計学的な検証が必要になるのでしょう。
因果関係が否定できない場合には補償などの面では寛大な判断が望ましいと考えます。またワクチン中止という判断をする場合にもかなり慎重になるべきと思います。中止する場合にはこれらのワクチンで救命されるであろう年間数十名の赤ちゃんのことも考えられるべきでしょう。"念のために"中止すると、乳児期のあらゆるワクチン接種は不可能になるかもしれません。
以前にこれらのワクチンを接種し今なんでもない方はなんの心配もないと思われます。早期に安全性が確認され再開されることが望まれます。以前にも書きましたが、効果100%かつ副反応0%という理想のワクチンはないでしょう。多数の健康な赤ちゃんに接種をするワクチンの問題はいろいろ難しいですね。



mark 11/02/02
2月になりました
spacer spacer
spacer 2月になりました。
1月下旬より急にインフルエンザが増えてきました。大半がいわゆる新型と考えられますが、時期は昨年とは大きく異なり一昨年までと同様なパターンのようです。さいわい比較的軽症の方も多く、坑インフルエンザ薬の効果も高いようですが、油断は禁物です。また鳥インフルエンザも猛威を振るっているようです。鳥インフルエンザの方はすぐに多くのヒトの健康被害が出るわけではないでしょうが、インフルエンザウイルスは変異をしやすいので気になるところです。毎年この時期お決まりのインフルエンザ騒ぎですが、インフルエンザは大陸からの渡り鳥由来との説が強いそうです。
私の子供の頃の話ですが、1月7日に七草粥を作る際祖母が"唐土(とうど)の鳥が日本の土地に渡らぬ先に七日七草、七草ナズナ・・・"などと歌いながら、その年の無病息災を念じていたような記憶があります。旧暦の七草の頃はまさにインフルエンザの最盛期ですが、古来の日本人は唐土(=中国)から渡る鳥が疫病を運んでくることを知っていたのでしょうか?古来からの日本の文化ってたいしたものですね。
2月1日より細菌性髄膜炎予防ための予防接種(ヒブおよびプレベナー)が一部公費負担となりました。 ヒブ4400円、プレベナー5600円(いずれも1回あたり)です。対象は板橋区在住の2か月〜5歳未満(5歳の誕生日の前々日まで)の方だそうです。しかしこの前々日という設定は普通の人の感覚にはあいませんね。対象外の方の料金は従来どおりヒブ7000円、プレベナー9000円(いずれも1回あたり)です。
2月11日(金・祭)は板橋区の休日当番日で診療ですが、午後3時からは志賀先生の予定です。そよかぜ薬局さんはお休みだそうで、当番薬局さん等のご利用になります。



mark 11/01/01
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
はっとり小児科も8回目の新年のごあいさつをすることになりました。本当に速いものです。昨年はおかげさまで突然休診をしなければならない事態もなく、大過なく過ごさせていただきました。改めてお礼を申し上げます。
昨年12月は例年にも増して種々の疾患が流行し、インフルエンザワクチン接種も重なりかなり忙しく感じました。いろいろご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
年末年始のお休みでいろいろな病気もいったん静かになるものと予想されますが、こんどはインフルエンザの出番となることが危惧されます。いわゆる新型か旧来の香港型がメインになるかはわかりませんが、インフルエンザがまるっきり流行しなかったシーズンはありませんので、一定の覚悟は必要でしょう。まあ例年通りの対策で恐れすぎず、侮らずでやっていきましょう。インフルエンザワクチンがほとんどなくなった分ワクチン接種の予約枠に余裕が出てくるものと思います。ヒブワクチンもほぼ他のワクチンと同様に受けられるようになりました。

年始は1月5日(水)より通常診療です。(5日は午前のみです)



mark 10/12/09
12月になりました
今年も師走を迎え落ち葉が目立つ季節になりました。11月は例年より過ごしやすい日が多かったように思います。インフルエンザは少しずつでてきているようですが、このあたりではまだ流行には至っていないようです。そのためか他の感染症が百花繚乱といった感じで、ゼコゼコする風邪(RSウイルスが代表です)、おなかの風邪(ノロウイルスが代表です)、おたふく風邪、水ぼうそう、溶連菌感染症、プール熱、原因不明の熱がつづく風邪そのほかいろいろです。場所によって流行している病気が分かれているため、通っている学校、幼稚園 保育園名をお聞きすることである程度の診断が可能なときもあります。これは広い地域から患者さんが集まる大病院の医師では経験できません。街医者の醍醐味ですね。
年末年始は以下のごとく臨時診療体制をとらせていただきます。
12月28日(火)までは平常診療
12月29日(水) 板橋区休日当番
12月30日(木)〜1月4日(火) 年末年始休暇のため休診
1月5日(水)より平常診療 (1月5日は12:45までです)

ご迷惑をおかけいたしますがお間違いのないようにご留意ください。
すこしはやめですが年末のごあいさつをいたします。今年もなんとか一年間無事に過ごすことができそうです。患者さんやご家族はじめはっとり小児科にかかわってくださった方すべてにあらためてお礼を申し上げます。来年はいっそう地球上も皆様も安穏な年だと良いですね。



mark 10/11/10
11月になりました
11月になりました。10月は本当に気温の変動が激しく一気に冬になってしまった印象がありましたが、このところは小春日和といった日も多く、東京の紅葉でもなかなかだと思えるときもあります。いずれにしても各種風邪の本格的シーズン到来といったところなので皆様要注意です。
しかし今のところインフルエンザはほとんど散発的にしか見られていないようですし、嘔吐、下痢のウイルス性胃腸炎も例年ほどではない様です。ただしやや時期はずれの咽頭結膜熱(プール熱)や手足口病が見られているところもあります。この1年は本当に小児科の感染症歳時記がすっかり狂っているので、世情同様に先行きがきわめて不透明ですが
●こまめに手洗いをする。
●休養、栄養を摂る。
●人ごみはなるべく避ける。

といった感染症予防の王道は常に有効な事は間違いないでしょう。
インフルエンザワクチンの接種も始まり、時に混雑するあるいは予防接種の予約が入りにくい等いろいろご迷惑をおかけいたしております。ヒブワクチン(アクトヒブ)も手にはいりやすくなりましたが、今までご予約をいただいた方を優先で接種させていただいているため、渋滞の完全解消まではもう少しご猶予をください。
今月から新しい職員の方が入りました。ちょうど小児科が忙しくなる時期に重なってしまい、時折混乱することもあろうかと思いますが、こちらも慣れるまで少しお時間をいただけたらと思います。

今月の小児外科は上井先生のご都合により11月19日(金)に行います。
12月は休診です。来年からは平常通りの予定です。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
やや先の話ですが12月5日(日)は休日当番です。



mark 10/10/01
10月になりました
猛暑一転秋となりました。体調も狂いがちで要注意ですね。
遅くなりましたが今年度のインフルエンザワクチン接種法が決まりました。使用するワクチンはいわゆる新型とA香港型とB型の3種類の混合(早い話が昨年の新型と季節性をまぜたものとお考えください)です。接種回数は例年と同じで6か月から12歳の方は2回、13歳以上の方は1回です。6か月未満の赤ちゃんは対象になりません。注射費用は統一価格(1回目3600円、2回目2550円)です。6か月から12歳までの方は一部公費負担で1回1500円です。
1歳から12歳までの方は用紙が板橋区から送られてきますが、6か月から1歳未満の方は保健センターにとりに行かれてください(母子手帳と健康保険証持参)。なお近々13歳になる方は早めに用紙をとりに行ったほうがよいかもしれません。13歳以上の方の用紙は当院に用意してあります。この世代の方は実質値上げになってしまうのが心苦しいのですが、お上のお達しで逆らう事はできませんのでご了承ください。
なお用紙には新型インフルエンザワクチンと記載され誤解されやすいのですが、上記のごとく季節性も入っております。北区や練馬区などの他区の方も当院で受けていただけますが、ご自分の区から配布される用紙をお持ちください。(区によっては送付されずとりに行く必要のある場合もあるそうです)。公費負担の方は用紙を必ずご持参ください。毎度のことですが複雑でややこしいですね。
受付開始は10月9日(土)で、接種開始は11月1日(月)です。電話あるいは直接来院していただいてお受けしますが、開始早々は混雑のためすこしお待ちいただく場合があることをおお含みください。また2回接種の方は2回分の予約をまとめてお取りいたします。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。
日本脳炎ワクチンについても新たな通達が出ました。7歳半を超えた未接種の子はどうなるんだという話は前からもありましたが、9歳から12歳の方(第2期といいます)で今まで3回うっていない方はこの間に受けられることになりました。回数は以前に接種したものも数えて全部で3回となります。また7歳半までに3回うった方は2期として1回受けていただくことになります。これまたややこしい話ですね。
日本脳炎は蚊に刺されなければかからないため冬にはまず発症しないので、他のワクチンを優先し年明けにしても良いと思います。ただし年齢制限である13歳間近な方と、東南アジアなどの流行地域に行く方は例外です。
アクトヒブ(ヒブワクチン)も今月から流通がよくなるそうですので今までのようなご迷惑はおかけしないようになるかと思います。
話は変わりますが、、お子さんの自転車よりの転落等の相談をよく受けます。いわゆるママチャリで死亡事故の報告もあります。“生まれてから利用した乗り物は飛行機、船、列車、自動車、自転車だが、このうち乗っててけがをしたのは自転車だけだ”という方は実は多いのではないのでしょうか。考えようによっては最も危険な乗り物かもしれません。みなさまお子さんを乗せたときはとくにご注意を。
10月11日(月・祭)は板橋区の休日当番日で診療ですが、午後3時からは志賀先生の予定です。



mark 10/08/24
お盆も明けました
更新をさぼっていたら8月も下旬になってしまいました。この時期は小児科が最も暇になる季節ですが、昨年の今ごろは新型インフルエンザ騒ぎで右往左往していたことを思い出します。もう1年以上経過したのに新型でもないのでしょうが、ブタインフルエンザと言えばとんかつ屋さんや養豚業者の方が嫌がるでしょうし、メキシコあるいは北米インフルエンザなどとするときっと現地の方が拒否なさるのでしょう。とはいってA/H1N1(2009)あるいはA/H1N1pdm なんという名前では一般的ではないので名前をつける方も困っているのでしょうか。
8月11日にWHOはこのインフルエンザのパンデミックは終息したと発表しました。大変結構なことですが病気がなくなったと言うわけではなく、現に今でも局地的に発生し死亡者も出ているので、これから秋から冬にかけてもちろん日本でも警戒が必要です。
しかし公共機関等にいまだに新型インフルエンザが流行していますなどのやや古びた張り紙あるのにも疑問を感じます。警戒警報はずっと出しっぱなしだと効果は薄くなってしまうように思います。
今年度のインフルエンザワクチンにはこのいわゆる新型もはいります。供給量も十分だそうなのでマスコミで変に騒がない限り不足騒ぎはなさそうです。当院でのスケジュールは未定ですが改めてご案内いたします。
中学1年生を対象にMR(はしか・風疹混合)ワクチンが実施されています。これは保護者があらかじめ所定の用紙にサインをしていただけば本人のみが来院されても実施できます。しかしほぼ同世代に実施するDT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチンには適応されず必ず保護者の同伴が必要です。これに限らず未成年者対象のワクチンはすべて同様です。ではなぜMRに限ってOKなのかはおそらくちゃんとした理由はなさそうですが、すこしでも接種率を上げるためと解釈しておきましょう。実際東京都の接種率は全国でもワーストに近く、中で板橋区も決して良いほうではないようです。
前にも書きましたが、

8月27日(金)〜31日(火):休診

9月10日(金)午後:
志賀先生の代診

9月11日(土):休診

9月20日(月祝):診療
板橋区休日当番日のため(午後3時からは志賀先生の予定)

9月30日(木)午後:志賀先生出張の為に服部が診察

とやや不規則な体制になります。ご迷惑さまですがよろしくお願いいたします。



mark 10/07/17
夏季臨時診療案内
梅雨明けも近く幼稚園や小学校もそろそろ夏休みになるようです。
以下のように夏季の臨時診療体制をとらせていただきます。

8月15日(日)
板橋区休日診療当番日

8月16日(月)〜8月18日(水)
夏季休暇のため休診

8月27日(金)〜8月31日(火)
学会出張のため休診

9月11日(土)
学会出張のため休診

9月20日(月)
板橋区休日診療当番日

尚、9月10日(金)午後志賀先生の代診になります。

いろいろとご迷惑をおかけいたしますがお間違いのないようにご留意ください。また板橋区休日診療当番日には最寄りのそよかぜ薬局さんはお休みですので別の薬局さんのご利用となります。



mark 10/07/07
梅雨の盛りです
あいかわらずいろいろな病気が少しずつはやっているという感じで、例年とはかなり異なる様相です。中で気になるのはここ2ヶ月ほどで急激に百日咳が増えていることです。
百日咳の発生状況をご参照ください。患者さんの大半は10歳台から成人の方です。これはDPT三種混合ワクチンの有効性を示す一方で、その有効性が成人までは持続しにくいことも示していると思います。成人は、乳幼児のような典型的な症状が現れないため診断が難しく、知らず知らず家庭内で感染源になることが問題となります。最大の被害者は3種混合を受けていない赤ちゃんです。百日咳はお母さんからの免疫は無効なため、赤ちゃんでもかかってしまいます。小さいほど重症化しやすく亡くなる場合も珍しくありません。小児科医は皆赤ちゃんの百日咳ではいやな思いをしていま。
DPT三種混合ワクチンは生後3か月でうつ事ができこれでほぼ予防できるのですから、3か月を過ぎたらすぐうってほしいのですが、板橋区では4か月の健診時に予診票(黄色い紙)を受け取りその際にBCGも受けるため、開始が5か月以降になってしまう方がほとんどです。区に改善をお願いしたいのですが、現状ではご面倒でも予診票を個別に健康福祉センターに取りに行っていただき、(BCGより早く)3種混合の早めの開始をすることをお勧めいたします。
また百日咳と診断された方の周囲にワクチン未接種の赤ちゃんがいる場合は抗生物質による予防が可能な場合がありますので是非医療機関にご相談ください。百日咳は百日咳菌という細菌で発症するために抗生物質は有効です。しかし一旦発症してしまうと菌が出す毒素によって症状が現れるため、抗生物質で細菌は殺しても病状は改善しませんのでより予防することが大切です。また将来的には小学校高学年あたりで現在行われている2種混合ワクチンに代えて3種混合接種を早急に検討すべきかと思います。(諸外国では行われているところもあります)
暑くなって虫刺されが増えてきました。大半は蚊と思われます。私の幼少のころからみるといろいろな動物が減ってきており、メダカが絶滅危惧種と伺ったときには本当に驚きでしたが、蚊と烏とゴキブリは例外のようです。蚊に刺されると日本脳炎はともかくこの時期とびひへの移行が危惧されるのでこれも予防することが一番かと思います。子供服は四肢丸出しのものが多いように思うのですが、夕方などに公園など戸外に出るときは少々の暑さは我慢しても四肢を覆う服のほうが良いのではないでしょうか。風通しがよく蚊が嫌うような材質の子供服を考案していただきたいと思います。昔の蚊帳(死語に近いのでしょうか?)のような材質で服はできないものでしょうかね。



mark 10/06/08
6月になりました
梅雨への入口といった感じです。あいかわらず手足口病、胃腸炎、水ぼうそう、おたふく風邪、溶連菌感染症などの小流行は持続しているところに突然の高熱といった夏かぜタイプの病気も見られるようになりました。例年より多彩な外来です。例年と比べるといっても昨年の今頃はそろそろ新型インフルエンザ騒ぎが始まったまるっきり様相の違う初夏でしたが、えらく昔のようにも感じます。
新しい日本脳炎および肺炎球菌ワクチン接種が加わったためか、予防接種の枠が混雑しご迷惑をおかけしているかと思います。期限に余裕のある追加接種等緊急性のあまりない接種に関しては一呼吸おいてお出でいただいたほうが良いかもしれません。
また水ぼうそうなどで患者さんに接触してから緊急の接種を希望される方もいらっしゃいます。いわゆる“あとうち”が効果的な場合もありますが、完全とはいいがたくせっかくの接種がまるっきり無駄になることもあり、何でも流行する前に接種しておくのが原則かと思います。病気に限らず回りが騒ぎ出すととあせる気持ちになるのは私もそうですが、災害対策などと同様で早目のご準備が最良と思います。梅雨時はどうしても湿っぽくなりやすいのですが、せめて爽やかな心持で日々を過ごしたいものです。



mark 10/05/12
5月になりました
あっというまにゴールデンウィークも過ぎてしまいました。4月中はずっと早春といった感じの肌寒い気候でしたがいきなり初夏に突入といった感じです。季節性インフルエンザがほとんど見られなかったうえに、不順な気候の影響もあり、やや季節外れの手足口病の流行など小児科歳時記がすっかり様変わりしてしまった感じがします。そのためか患者さんの数の変動が例年より激しく、時には“1時間待ちの1分診療”なんということになりまことに申し訳なく思ってしまいます。休みの前後をお避けいただいて、特に天候の悪いときなどでしたら逆に“1分待ちの1時間診療”も可能な場合もありますので可能な方は“時差受診”をよろしくお願いいたします。
日本脳炎ワクチン接種が実質的に再開となり板橋区は3歳の方には紫色の予診票を郵送するそうです。しかし4歳以上の方には当面郵送はされて来ないということになりますので、その方たちはご面倒ですが健康福祉センター等でお受け取りください。以前にも書きましたが7歳半が期限ですので6歳半を過ぎた方はお急ぎください。



mark 10/04/06
新年度を迎えて
新年度を迎え、桜も満開になりましたが、ことしはとくに天候が不順のように感じます。新入園、入学あるいは引越し等で環境も変化する頃なのでみなさん体調管理に気をつけましょう。
今年は2月、3月にほとんどインフルエンザをみないというきわめて異例のシーズンでした。新型インフルエンザも沈静化し、季節性インフルエンザはほぼ皆無だったようです。このまま新型が季節性となるのかわかりませんが、この新型ウイルスは必ずしも寒い時期に流行しやすいというわけではなさそうなので、慎重に経過を見る必要はあると思います。よく言われることですが、騒ぐときはわっと騒いで喉もと過ぎるとなんとやらはわが国の気質なのかもしれませんがやや問題があるようにも思います。
4月は例年同じ話になりますが、新中1および新高3年世代の方ははしか・風しん混合ワクチン(MRワクチン)ができるようになります。数年前のはしか騒ぎの頃に比べ皆さんの関心は低いようですが、2回目をうつことにより免疫が強化され、一生持続することが期待されます。はしかは春先に流行りやすいこともあり、忘れないうちの接種を強くお勧めいたします。もちろん1歳になった方は最優先に受けることをお勧めいたします。
桜は華やかではありますが、花の咲く頃はいろいろな別れも多く寂しさを感じるころでもありますね。



mark 10/03/08
前回のお話の追加と訂正
前回の予防接種のお話で若干の追加と訂正がありますのでお知らせいたします。
日本脳炎ワクチンですがいままで旧来のワクチンをうった方への追加は板橋区医師会病院での接種のみでしたが、新型ワクチンによる追加が認められ当院でもできるようになりました。当面7歳半までの接種は同様なので6歳を過ぎる方は特に早めの接種をお勧めいたします。
肺炎球菌ワクチン(プレベナー)ですが接種年嶺を9歳未満と書きましたが、9歳以下(=10歳未満)の誤りでした。お詫びと訂正をいたします。
よろしくおねがいいたします。



mark 10/03/01
3月になりました。
3月になりました。おかげさまで8年目を迎えることができました。この1年間は私の入院、新型インフルエンザの流行という予期せざる出来事があり皆様方にもご迷惑をおかけいたしました。私自身としては、慣れ過ぎを反省し7年前のフレッシュな気持ちを思い出して行こうと思っております。今後もよろしくお願いいたします。
今月はワクチンの話題が多いので箇条書きにしてみます。

【1】はしか・風しん混合ワクチン(MRワクチン):板橋区内にもはしかの患者さんがでました。例年春に流行ります。年長さん(4月に小学校入学の方)、中1の方、高3世代の方いずれも今月一杯が期限です。非常にお勧め度の高いワクチンですので忘れずに接種いたしましょう。1歳の方ももちろんお忘れなく。

【2】日本脳炎ワクチン:新型ワクチンが発売され1年近くたち供給も安定しつつあることと、新たな小児患者さんが発生し、厚生労働省もようやく重い腰を上げ積極勧奨差し控えを見直し、実質的に再開の方向で動いているようです。しかし当面7歳半までの接種なので特に6歳を過ぎる方は早めの接種開始をお勧めいたします。また西日本に行くことが多い方はお勧めです。また中国南部や東南アジアに行く方はなおさらお勧めです。

【3】ポリオワクチン:最近神戸市の赤ちゃんがポリオを発症したとの報告がありました。この方はワクチン未接種で、ワクチン接種された別の方の体内でウイルスが強毒化し、それが感染したものと考えられています。まことにお気の毒なことです。ただしこの現象は以前よりあり数百万に1回程度おこることが知られています。この数字は私の幼少時のようにポリオが大流行し、多くの感染者や死亡者が出ているときは無視しうる数かもしれませんが、現在の日本のように数十年も患者が発生していない社会では無視はできません。そこでこの危険のない不活化ワクチンへの転換が求められると思います。不活化は注射なので痛い、高価などの欠点はありますが十分検討されるべきでしょう。ほとんどの欧米先進国はじめ、かなりの発展途上国でもそうなってますなんと言う話はもううんざりですね。ただし現時点でポリオの接種を見合わそうということにはならないと思います。このリスクを軽減する意味でも、その地域に一斉に投与する集団接種になっているわけです。
【4】ヒブワクチン(アクトヒブ):ご承知のように極端な供給不足で予約後1年以上かかっておりましたが、最近は緩和されつつあり待ち時間は減る傾向にあるようです。多くの方への接種が望まれます。
【5】肺炎球菌ワクチン(プレベナー):ごく最近発売されました。詳しいことは下欄に別掲します。【4】との併用で赤ちゃんの化膿性髄膜変のおそらく9割がたの予防ができるとされ、これは本当にすばらしいことです。
この約1年で上記【1】【2】【3】のほかに子宮頸がんワクチンおよび新型インフルエンザワクチンを加えると5種類ものワクチンが出てきました。ワクチンが増えることは良いことではあるのですが、自費のワクチンはいずれもかなり高価であることが問題となります。自治体によっては補助がでるところもあるようですが、現状では板橋区ではそのようなはなしはありません。子供にかける予算の見直しをし、ワクチンにもう少し比重をおいて頂けるとありがたく思います。前にも書きましたが11〜12歳へのDT(ジフテリア、破傷風)2種混合ワクチンの接種率も低いようです。もうすぐ13歳になる方は早めにご確認をお願いいたします。

肺炎球菌ワクチン(プレベナー)について:肺炎球菌とは文字通り細菌性肺炎を起こす細菌ですが、小児の化膿性髄膜炎や中耳炎の原因としても重要です。化膿性髄膜炎の原因としてはこれとインフルエンザ菌b型(ヒブ)が両横綱で、おそらく年間で数十名ずつの赤ちゃんが亡くなられ、重い後遺症に悩まされている方もその数倍いると思われます。化膿性髄膜炎は小児科医が最も注意を要する病気の一つですが、困る点は熱の出始めではおそらくどんな名医が診ても単なる風邪と区別しにくいことと、最近は抗生物質の効きにくい菌が増え治療も難しくなってきている点です。ほとんどの先進国では1980年台にヒブワクチンに続き2000年頃から肺炎球菌ワクチンが実施され、この病気は激減しているようです。肺炎球菌はいろいろタイプがありすべてに有効というわけではないのですが、効果はかなり期待できる一方で安全性は高いようです。有料という点が心苦しいのですがお勧め度は高いワクチンです。対象は2月以上7月未満の方が標準(初年度3回翌年1回の計4回)ですが、それ以上の方(7月以上1歳未満が計3回、1歳以上2歳未満が2回、2歳以上9歳未満が1回のみ)も可能です。DPT三種混合やヒブワクチンと同じ時に左右の腕に接種することも可能です。受付開始日は3月4日の予定で、費用は1回9,000円です。なお蛇足ですがおじい様やおばあ様が肺炎球菌のワクチンを受けたという方もいらっしゃるかと思いますが、これはニューモバックスというワクチンで肺炎球菌予防という目的は同じなのですが、製法が異なり赤ちゃんには効果が期待できません。



mark 10/02/12
2月になりました。
2月になりました。例年ですと2月上旬はインフルエンザがピークを迎え小児科医は大変なのですが、ことしは様相が全く異なります。新型インフルエンザは幼稚園や学校が始まって、散発的に出ているようですが爆発はしないようですし、季節性インフルエンザはまるっきり鳴りを潜めています。このまま平穏にすむかは不明ですが、慎重に経過をみたいと思います。もしこのまま“新型”が季節性のソ連型や香港型にとってかわってくれると、タミフルがあまり効かないソ連型やはお年寄りの死亡率が高い香港型が流行するより人類にとって朗報なのかもしれません。しかしこんな言い方をしてしまうと、新型が重症化しお亡くなりになった方はまことにお気の毒ですね。
新型の重症化と言えば最近オーストラリアから非常に興味深い報告が出ました。知人のサイトよりのうけうりなのですが、重症化した方は血液中のIgG2という免疫の物質が極端に低いそうです。もしこれが重症化の要因であるならば、比較的簡単に検査や治療ができるようになるでしょうし、妊婦さんが重症化しやすいという理由の説明にもなりそうに思います。これは若い女性の研修医が偶然に発見したそうですがすばらしいことかと思います。抗生物質の発見など医学上の歴史的発見も偶然に見つかることも多いのですが、それを見逃さない眼は賞賛されるべきかと思います。



mark 10/01/01
明けましておめでとうございます
明けましておめでとう存じます。昨年は私の健康問題に加えインフルエンザ騒ぎもありいろいろご迷惑をおかけいたしました。やや疲れ気味でしたので例年よりやや長めに正月休みをいただき、心機一転2010年も頑張ってやらせていただこうと思っております。今年もよろしくお願いいたします。
昨年後半はインフルエンザ一色という感じでしたが、さすがに年末にはだいぶ減ってきたようです。気になるのは例年一月中旬くらいからインフルエンザはピークを迎えることから、今後患者さんがまた増えることが危惧されます。新型がまた暴れだすのか、別の季節性のインフルエンザが出てくるかは神のみぞ知るというところですが、私は諸外国の動きからも新型が再興する可能性は低いのではと予測しておりますが絶対とはいえません。
ことしは地球レベルでも、日本の国も、皆様も、はっとり小児科も私個人も平穏であることを祈っております。
なお、1月10日(日)は板橋区の当番日です。



mark 09/12/17
年末年始の診療について
新型インフルエンザ騒ぎでバタバタしているうちにあっという間に年末になってしまいました。さすがのインフルエンザも徐々に治まってきていましたが今週にはいり激減しているという感じを受けます。北半球の諸外国でも同様でこのまま終息していくことが望まれます。一方いわゆる季節性インフルエンザはほとんど発生していないようで(これも諸外国も同様のようです)、年明けに爆発することが危惧されます。今後例年同様の警戒が必要に思います。
再入手およびキャンセルにより季節性インフルエンザワクチンに若干の余裕を生じました。そこで再受付をさせていただきます。時間的にそう余裕がないため受付は随時とし受ける方の制限はなしとさせていただきます。

年末年始は以下のごとく臨時診療体制をとらせていただきます。
12月28日(月)までは平常診療
12月29日(火)板橋区休日当番
12月30日(水)〜1月5日(火)
年末年始休暇のため休診

1月6日(水)より平常診療 (1月6日は12:45までです)
ご迷惑をおかけいたしますがお間違いのないようにご留意ください。
今年はインフルエンザのみならず、私の健康問題等でいろいろあわただしく皆様にご迷惑をおかけいたしました。あらためてお詫びを申し上げます。来年は地球上も皆様も安穏な年だといいですね。



mark 09/11/30
季節性インフルエンザワクチン接種
3回目の予約受付について
今年はインフルエンザのおかげで諸方面がいろいろ振り回される感じですね。
季節性インフルエンザワクチンの件ですが、再入荷およびキャンセルにより若干の余裕が出たため3回目の受付を開始させていただきます。ただし数量に限りがあり、前回のような電話による受付ですと、一部の方しかつながらずこちらも通常診療に支障を来たすため、今回は抽選方式を取らせていただきたいと思います。
対象:中学生以下とさせていただきます。
受付期間は期間は12月1日(火)より12月5日(土)までで、期間中に来院、記名していただき7日(月)朝までにに抽選をさせていただき、当選した方のみこちらから連絡させていただきます。余裕が出ればまたご案内させていただきます。
また新型インフルエンザワクチンに関しては当院で1回目をやった方の2回目の接種を優先させていただきますが、これも少数ながら再入荷あるいは接種対象の方がインフルエンザに罹患したためにキャンセル等もあり、以前申し込まれた方の中から再抽選し、逐次ご連絡を差し上げていく予定です。
よろしくお願いいたします。



mark 09/11/15
新型インフルエンザワクチン接種についてのお知らせ(3)
新型インフルエンザワクチンに関してもご迷惑をおかけいたしております。ワクチン接種のご希望が殺到し、混乱を避けるため抽選するという方法をとらせていただくことといたしました。以下の要綱で行いたいと思います。
接種日:11月27日(金)のみ
対象:基礎疾患を有する方および幼児(1歳から就学前)で当院受診歴のある方  
抽選申込期間:11月17日(火)より11月21日(土)まで
方法:上記期間中に来院していただき、必要事項を記入していただだいた方の中から24日(火)に抽選当選した方のみこちらから連絡させていただきたいと思います。なるべく早めのご連絡といたしますが、キャンセルがでた場合などにはギリギリになってしまう可能性もあるかと思います。今のところ小児は2回接種ですが、2回目の接種もふくめ、今後ワクチンが再入荷した節は改めてご案内します。



mark 09/11/10
新型インフルエンザワクチン接種に関してのお知らせ(2)
新型インフルエンザワクチンの件で追加です。極端に供給量が少ないため、当面は当院に受診歴のある方に限らせていただくことといたしました。不公平なようで心苦しいのですが、普段診させていただいている弱いお子さんを優先していただきたいとの思いからです。申し訳ありません。
新型ワクチンの件では、お上からのお達しもあわただしくかつ日替わり定食状態の上、こちらの対応もてんやわんやで申し訳ございません。おそらくどこの小児科も同様でしょうが、インフルエンザの治療をしながら、ワクチン接種(それも2種類)するなんという経験ははじめてでしょう。おそらく今年限りのこととは思いますが・・。早く春が来ると良いですね。



mark 09/11/08
新型インフルエンザワクチン接種についてのお知らせ(1)
いろいろお問い合わせをいただいている新型インフルエンザワクチンの件ですが、やっと手に入ることになりました。ただしなんと1本のみということです。一旦開封すると使い切ってしまわなくてはならないので、接種日を限定しなくてはならず、以下の要綱で行いたいと思います。
接種日は11月27日(金)のみです。(変更は不可能です)

対象は
(1)基礎疾患を有する1歳から小学校3年生の方
(2)上記以外(小学校4年生以上)の基礎疾患を有する方
(3)幼児(1歳から就学前)


とさせていただきます。基礎疾患に関しては、申し訳ありませんが厚生労働省からの通達に基づきこちらで判断させていただきたいと思います。

予約開始は
(1)の方は11月10日(火)より((2)、(3)の方より優先順位が上のため先行させていただきたいと思います)とし、追って(2)、(3)の方は11月17日(火)よりとさせていただきたいと思います。もし(1)の方で定数に達してしまった場合にはご容赦ください。(3)の方については希望される方が多くなる可能性がありますので受付方法を考えさせていただくかもしれません。
すでに新型インフルエンザにかかったと思われる方は、接種は不可能ではありませんが、限られた薬剤の有効利用という観点からご遠慮いただけるとありがたく思います。
もしドタンバでのキャンセル(突然の体調不良はやむをえませんね)や連絡なしでいらっしゃらないということになりますと、非常に不足している薬剤を破棄するというまことに罰当たりなことをしなくてはなりませんのでよろしくお願いいたします。また現在のところ小児は2回接種(変更の可能性があるそうです)とのことですが、2回目の予約までは受けられません。今後入荷した節は改めてご案内します。
季節性も含め今年のインフルエンザワクチン騒ぎはまことに申し訳ありません。こちらとしても恩着せがましくしたり、もったいぶったりしているつもりは毛頭ないのですが・・。
このごろこの欄が事務的なご連絡ばかりでつまらないですね。



mark 09/11/01
季節性インフルエンザワクチン接種
再予約について
季節性インフルエンザワクチンについてはいろいろご迷惑をおかけいたしております。その後一旦定数が一杯になってしまいましたが、若干数の入手およびキャンセルがございましたので、再予約を開始いたします。受付は11月4日(水)から、前回同様に電話での予約を優先とし中学生以下の方に限らせていただきたいと思います。13歳未満の2回接種の方は2回まとめてとさせていただきたいと思います。
また新型インフルエンザワクチンに関しては全く入手のめどが立っておりません。わかり次第お知らせいたします。



mark 09/10/9
10月になりました。
10月になり雨模様の日が続きます。例年ですとこの時期喘息が主役になるのですが、今年は新型インフルエンザの話題が多いですね。相変わらず特定の小中学校で爆発し、そこではかなりの患者数になるのですが、それがご両親の職場にはあまり連鎖してはいかないといった印象があります。大半の患者さんは重症にはならず治癒するようですが、ごく一部に脳炎・脳症あるいは呼吸不全に至る方がいるようですので、意識の低下やけいれんあるいは急激な呼吸困難には要注意です。子供さんがインフルエンザを発病するとご親が出勤停止になる職場があるようですが、患者数が増えてくると社会的な影響が大きくなること、中高年には少ないことおよび発症前には感染力は強くはなさそうなことを考え合わせると、通常の予防法を施し、親御さんは何らかの症状が現れた時点でひっそり帰宅していただくという対応くらいが現実的かなと考えます。
インフルエンザワクチン(以前からある季節性)に関しては前のお知らせのとおりですが、ある程度ワクチンを確保してから予約をお受けしたいということから他施設に比べ遅くなりました。ご容赦ください。ただ新型インフルエンザがはやっているから特別季節性ワクチンを早めにうつ必要もないのかなと考えております。新型ワクチンに関してはまだ具体的情報がなく、すみませんが今しばらくお待ちいただきたいと思います。
そろそろ入園や入学願書のシーズンになり健康診断書の提出を求められいらっしゃる患者さんもおられます。なるべく間違いを避けるためお名前ご住所などの記入は原則として保護者の方にお願いしたいと考えております。なお園や学校がこちらの記載を要求している場合はもちろん例外です。またレントゲン撮影や厳密な視力検査や聴力検査を要するものは当院では不可能です。
10月25日(日)は休日当番です。いつも同じような話ですが、薬局の関係上なるべく早いうちのご来院をお勧めいたします。



mark 09/09/30
季節性インフルエンザワクチンの
予約開始。
例年より遅れましたが季節性インフルエンザワクチンの予約開始いたします。受付は10月16日(金)から、電話での予約を優先とし中学生以下の方に限らせていただきたいと思います。13歳未満の2回接種の方は2回まとめてとさせていただきたいと思います。本年度は供給量が今のところ例年の1/3程度しかなく、できる限り多くのお子さんに受けていただきたく苦渋の決断をいたしました。今後供給量が増える可能性もあります。その際にはあらためてお知らせし再受付させていただきます。ご不便をおかけし申し訳ありません。
なお言うまでもありませんが、この季節性インフルエンザワクチンはブタ由来のいわゆる新型には無効です。しかしこの冬に、季節性のホンコン型などが暴れる可能性はありできれば受けられることをお勧めいたします。また新型インフルエンザワクチンに関してはわかり次第お知らせいたします。



mark 09/09/05
9月になりました。
今年の夏は梅雨明けも遅く例年よりずっと涼しかった気がいたします。暑いとぶつくさ言うくせに何かもの足りない感じもするのは勝手なものです。
板橋区では例年より1週間早く学校も始まり、冷夏の影響もあるためか新型インフルエンザの流行がはじまっているようです。感染力はかなり強く、多くの人(とくに若年者)が免疫を持っていないウイルスに対してはこういった事態はある程度想定の範囲内といえるかと思います。流行期を脱しつつある南半球でも予想されたより亡くなられた方は少ないようで、これはたいへん心強い情報です。一人一人が冷静に例年と同じ対策をとっていただくことが大事です。ただ例年ですとインフルエンザ騒ぎは1月ほどで済むわけですが、へたすると今年は半年くらいこの騒ぎが続く可能性もありあまり張り切りすぎるとピークの頃に疲れてしまう恐れもあります。
また園や学校あるいは企業も神経質になるお気持ちもわかりますが、早すぎる受診や検査の強要は、かえってインフルエンザにかかる機会をふやし、検査キットの枯渇を招き、インフルエンザパニックをひきおこすという事態も危惧されます。お亡くなりになられた方やご家族はまことにお気の毒ですが、インフルエンザは栄養を摂って寝ていればほとんどの方は治る疾患であることも再認識したものです。
インフルエンザワクチンに関しては、現時点で新型のインフルエンザワクチンに関しては五里霧中ですが、旧来の季節性インフルエンザワクチンに関してもわれわれに何本供給されるのか全く情報がなく、責任をもって予約開始ができないのが現状です。予約をいただいたのにワクチンがないという事態だけは避けたいと考えておりますのでもうしばらくお待ちいただきたいと思います。決まり次第、この欄、院内掲示などでお知らせいたしますのでよろしくお願い申し上げます。不安なお気持ちを助長するようで申し訳ありませんがご賢察ください。
先月も書きましたが、月曜午後は服部、木曜午後は志賀先生となりました。9月14日(月)は服部の受診のため志賀先生にお願いすることになりました。
申し訳ありません。



mark 09/08/01
8月になりました。
学校や幼稚園は夏休みで帰省される方も多く小児科が最も静かなシーズンになります。海や山にお出かけの方も多いかと思いますがどうぞ事故にはご注意ください。7月3日に警察庁より昨年の山と水の事故の概況が発表されました。それによると昨年山の遭難で亡くなられた方は281名、一方水の事故では829名だそうです。水で亡くなる方が山よりもずっと多いのですね。また山に比べ若年者に多いのも特徴だそうです。水に入る季節や人数は限られていますから、海や川に入るということは、交通事故などに比べてもかなりリスクを負うことだと思います。危険なのは海や川だけではありません。最近入浴中に赤ちゃん用の浮き輪がひっくりかえって2名の赤ちゃんが死亡したという報告がありました。ご使用の方は絶対目を離さぬようにお願いいたします。浴槽だけでなく洗濯機や便器でも水の事故はありえます。いやな話ですが注意いたしましょう。
急な話なのですが、月曜午後の志賀先生外来は事情により8月10日の週より木曜日に変更になります。代わって月曜午後は服部が診療いたします。また8月3日(月)午後は臨時に泉先生の診療になります。突然の変更でまことに申し訳ありません。以前も書いたように8月16日(日)は休日当番日ですが、毎度申し上げるように薬局の関係上お早めのご来院をお勧めいたします。



mark 09/07/11
新しい日本脳炎ワクチンのこと
前回もすこし触れましたが、先月より新しい日本脳炎ワクチンが発売になり当院でも接種可能となったため予約を開始いたします。ただし当面は供給量が極めて少ないことをお含みおきください。現時点での対象は3歳〜7歳半の方で、日本脳炎ワクチン未接種の方です。旧来のワクチンご希望の方は従来どおり板橋区医師会病院のみでの接種となります。いろいろなケースが想定されますが、詳しくはお問い合わせください。ただし行政的な話はおそらくお答えできないので保健センターへおたづね頂いたほうが良いかもしれません。
7月20日(月)は休日当番日です。午後3時からは志賀先生の診療となります。いつもながら薬局の関係上明るいうちの受診をお勧めいたします。
8月13日(木)から8月15日(土)はお盆休みとさせていただきます。8月16日(日)は休日当番日のため診療いたします。
8月27日(木)から8月31日(月)は日本外来小児科学会出席のため休診とさせていただきます。9月1日(火)より通常診療です。いろいろ複雑で御迷惑さまですがよろしくお願いいたします。



mark 09/07/01
7月になりました
7月になりました。ことしの梅雨はよりそれらしい感じがします。そのせいか新型インフルエンザも爆発はせず、また夏カゼも例年よりおとなしめのようで、のどかに過ごさせていただいております。
そこで話題を変えます。先日辻井伸行さんという20歳の全盲のピアニストが米国のバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝し話題になりました。まことにすばらしいことで、最大の敬意と祝意を表します。ところで私は彼のピアノの音色が大好きです。なんといっても彼の楽しさが伝わってきます。今後の辻井さんが大いに楽しみです。しかし気になるのは彼のハンディキャップのみに焦点を当てた報道が多いことです。音楽家としての評価に、盲目であることを考慮したらかえって失礼に当たると思います。辻井さんにはお涙頂戴が好きな馬鹿なマスコミと、わかっていない人たちにつぶされないで大成していただきたいと思います。私はバイオリンではイツァーク・パールマンが好きですが、彼は幼少時にポリオに罹患し歩行困難なのですが(皆さんポリオのワクチンも受けましょう)、それとパールマンの音楽は無関係と思います。
同じ頃、こころみ学園という知的障害のある方たちが作ったワインの紹介が報道ステーションという番組でありました。こちらのコンセプトは“同情でなく味で買ってもらえるワイン”とのことです。私はこちらも大好きで、味で買わせていただいています。見学に行ったことがあるのですが、急斜面の畑に陣取りブドウを狙うカラスを懸命にどらをたたいて追い払っている姿に感動いたしました。私にはとてもできません。皆で町に買い物に行ったとき、スーパーで自分たちの作ったワインが買われるのを見ると喜ぶとか、お小遣いの半分ほどもするワインを定価で買ってしまうなどのエピソードをほほえましく伺いました。
障害をさり気なくサポートしてさし上げることは重要ですが、彼らの障害を軽蔑するのは論外ですが、同情ではなく個性として受け入れる成熟した社会になると良いなあと思います。
7月から新しい日本脳炎ワクチンを当院でも接種できるようになります。現時点では詳細が決まっておりませんのでまたあらためてご連絡いたします。7月20日(月)は休日当番日です。いつもながら薬局の関係上明るいうちの受診をお勧めいたします。



mark 09/06/05
6月になりました
6月になりました。先月末からもう梅雨入りしたかのような天候でした。気分爽快とはいきませんが、インフルエンザの流行を防ぐのには良いのかもしれません。インフルエンザ騒ぎはやや度を越しているように思います。赤ちゃんがちょっと発熱しただけでお父さんの出勤停止はまだしも、患者の発生した企業や学校を非難するなどは悲しい話です。WHOはじめ専門家は強毒のトリインフルエンザのパンデミックを想定していたのではじめから話が大騒ぎになってしまった面もあるのでしょうか。おそらく今一番大事なことは、これからのシーズン南半球では感染が拡大するでしょうからこの新しいウイルスの特性を見極め、強毒株への変異を監視しそれに基づきワクチンをはじめとする対策をこの冬までにたてることでしょう。もちろん通常の予防も必要で、油断は出来ませんが、必要以上に恐れることはなかろうと思います。夏休みの南半球への旅行は考え物かもしれません。
そのほかにはこれという病気の流行もなく穏やかな日々がつづいております。私の声のかすれはつづいておりご迷惑をおかけしています。今しばらくご容赦ください。
6月7日(日)休日当番日です。また午後3時からは志賀先生にお願いしてありますが、いつもながら薬局の関係上明るいうちの受診をお勧めいたします。



mark 09/05/09
ご心配とご迷惑をおかけしました
5月になりました。サボっていたために更新が遅れてしまいました。遅れるとまた体調をくずしたのではとご心配くださる心の優しい方もいらっしゃるのですが、決してそうではなく生来のものぐさに起因するものなのでご安心ください。復帰後なんとか一月が経ちました。おかげさまで体調は徐々に戻ってはいるのですが、声のかすれはつづいておりご迷惑をおかけしています。今しばらくご辛抱ください。
世間は新型インフルエンザで騒々しいですね。まだ情報が少なく、また私はウイルスあるいは公衆衛生の専門家でもないのですが、世界中に感染確定者が出ておりいずれは日本国内に広がっていく可能性は高いと思います。しかし幸い毒性は低そうなこと(といってもインフルエンザウイルスはいつ何時変異をして強毒になる可能性もあるので油断は出来ませんが)、季節が夏に向かっていることはありがたいことかと思います。今のわれわれはスペイン風邪の時代に比べ、栄養状態は改善し、情報もすぐ手に入りまた医学も進歩したため有利な点も多くスペイン風邪と同等の毒性の新型ウイルスが流行しても被害はずっと少なくてすむという予想があります。ただ当時に比べ不利な点は
【1】交通機関の発達で人の行き来が大量かつ迅速である。
【2】情報量が多すぎてパニックに陥る危険がある。

といったところでしょうか。心したいものです。要ははやりだしたら普通のインフルエンザと同様の対策を行い、恐れすぎず侮らずで対応することかと思います。



mark 09/04/01
ご心配とご迷惑をおかけしました
このたびの入院に際しましては、たび重なる予定変更も重なりご心配とご迷惑をおかけいたしました。おかげさまで過日無事生還し、3月31日より診療を再開させていただきました。ただし、当面声がかれてお聞き苦しいことと、外来受診のため時にお休みをいただく2点をご容赦いただきたいと存じます。早速ですが4月3日(金)午前休診とさせていただきます。よろしくお願いします。



mark 09/03/24
休診のお知らせ
3月24・25・26日、3月27日午後、3月28日及び3月30日午前
都合により休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。 なお、3月27日(金)午前・3月30日(月)午後志賀が診療します。
3月31日(火)からは通常診療の予定です。



mark 09/03/11
休診のお知らせ
私の入院、手術のため、3月16日(月)より3月24日(火)までお休みをいただきたいと存じます。ただし16日と23日、月曜午後の志賀先生外来はあります。また経過によっては延びる可能性もありますので、お問い合わせください。事態が二転三転しご迷惑をおかけいたしましたが、ご賢察いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。



mark 09/03/03
6周年を迎えました
早いもので3月を迎えました。この冬後半は暖冬で雨も多かったためか、インフルエンザも早めに終息に向かいつつあるようです。しかし局地的な流行はまだ見られており油断は禁物です。中1および高3世代の方に最後のお知らせです。未接種の方は今月中に麻疹風疹混合ワクチン(MR混合ワクチン)の3期あるいは4期を受けましょう。どうぞもう1回母子手帳と、家にベージュ色の用紙がないか確認して下さい。
私の体調の件では話が二転三転し申し訳ありません。当人もわかっていない状態ですが、わかり次第この欄にも書きますのでよろしくお願いいたします。当院もこの3月1日で6周年を迎えさせていただきました。今年はなんかバタバタして、特に感慨もないままに7年目になりましたが、今後もできる限りがんばって行きますにのでよろしくお願い申し上げます。3月8日(日)は休日当番ですが、前回同様15時からは志賀先生の診療となります。また薬局の関係上なるべく明るいうちのの受診をお勧めいたします。




mark 09/2/24
休診日変更のお知らせなど
2月25日より休診の予定でしたが、諸事情により延期となりました。あらためて3月中旬あたりからお休みをいただくかと思いますが、当面は平常どおりに診療させていただきます。決定次第この欄でもご案内いたします。今後も予定変更の可能性もあり、お出でになる前にご確認くださる様お願いいたします。多大なるご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



mark 09/2/5
2月の休診のお知らせなど
2月になり梅の花もちらほら開いてきました。年中行事のようですがことしもインフルエンザがピークを迎えているようです。例年に増して患者数も多く、またワクチンを受けた方からの発症も多いようです。ただし軽くすむ方が多く、タミフルを使用した方も有効の方が多いように感じます。どうもマスコミは“患者数が多い”、“Aソ連型のほとんどがタミフル耐性”と部分的には間違いではない情報を強調して人心を煽る傾向があるように思います。ましてや“鳥インフルエンザ”や“新型インフルエンザ”と混同してパニック気味になっている方もおられるようです。
インフルエンザは決して侮れない疾患で、もちろん新型インフルエンザのパンデミックには十分な対策は絶対必要ですが、“今流行中のインフルエンザは安静と栄養でほとんどの方は治る”、“鳥インフルエンザは鳥と接触のない生活を送っている日本人にはまず無縁で、世界での発症もトリ、ヒトともに一昨年のシーズンから減少傾向にある”“新型インフルエンザは地球上にまだない仮想の病気である”ことも事実です。
私の体調に関しご迷惑やご心配をおかけし申し訳ございません。入院、手術のため2月25日(水)より3月2日(月)午前までお休みを頂きたいと存じます。3月2日(月)午後は志賀先生の診察となります。経過によっては伸びる可能性もありますがお問い合わせください。また2月11日(水、祭日)は休日当番ですが、午後3時からは志賀先生にお願いいたしました。いろいろと迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



mark 09/1/22
1月30日の診療時間変更のお知らせ
急な話ですが、体調不良(そうは見えないかもしれませんが)で1月30日(金)に病院を受診することになりました。そのため1月30日(金)は午前は9:00から10:00まで、午後は16:00からという臨時体制でやらせていただきます。予約をいただいていた方はじめ多大なるご迷惑おかけしますが申し訳ありません。今後もお休みをいただくかもしれません。なるべく早くお知らせします。よろしくお願いいたします。
 
mark 09/1/7
あけましておめでとうございます。
やや遅れましたがあけましておめでとうございます。早いもので6回目の新年を迎えさせていただきました。今年の正月の天気図はまるで縦書きの便箋のようで東京は本当に晴天が続きました。ただ日本海側にお住まいの皆さんには申し訳ない気もいたします。冬の日本の気候は格差社会ですね。ただし寒くて乾燥した天気がつづくとインフルエンザ流行が危惧されます。そろそろ幼稚園や学校も始まるので要注意です。注意点は例年と同じで、十分な休養と栄養、手洗い等のほかには、用も無いのに人ごみは避ける、どうしても行きたければ雨の暖かめの日に、部屋は加湿するてなところでしょうか。既存のインフルエンザの流行を抑えることで、いわゆる新型インフルエンザの発生を遅らせることも期待されます。
インフルエンザ菌b型ワクチン(ヒブワクチン、アクトヒブ)に関しては予想通り渋滞気味になっており、心苦しい限りです。事情をご賢察いただけると幸いです。本年もよろしくお願いいたします。



mark 08/12/02
いろいろとお知らせがあります。
12月になってしまいました。ことしは急に寒くなったためか、東京でも紅葉がなかなかきれいに感じます。時間的にも精神的にもなかなか山の中に行く余裕もないわれわれにはちょっとした目の保養です。ふだん暑いの寒いのと文句を言うくせにやっぱり四季が巡るありがたさは感じますね。
今月はいろいろお知らせがあります。
まず代診の先生と時間帯が変わりました。月曜午後が志賀勝秋先生(帝京大小児科)の診療となりました。代わって金曜午後は服部の診療となります。急な話のうえ変更が多くまことに申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
次に年末年始休暇の件です。12月27日(土)までは平常診療ですが、12月29日(月)は板橋区休日当番です。なお12月7日(日)も休日当番です。29日は近隣の薬局さんも開けてくださるそうです。12月30日(火)から1月4日(日)年末年始休暇をいただき1月5日(月)より平常診療とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがお間違いのないようにご留意ください。
以前からこの欄に書いてきましたが、いよいよ12月19日よりインフルエンザ菌b型ワクチン(ヒブワクチン、アクトヒブ)が発売されることになりました。当院でも12月8日(月)より予約を開始いたします。ただし当面は供給量が極めて少なく(月あたり3名分)、予約をいただいてからメーカーに発注し入荷日が決まりあらためて接種日を決定するという面倒な方法になりますことをお含みおきください。標準的には2月〜7月未満の児に接種を開始(最初の年3回約1年後に追加の計4回です。DPT3種混合に似ていますね)ですが5歳未満の方は接種回数を減らして接種することは可能です。なお自費となり1回7,000円の予定です。(是非公費でお願いしたいものです)なおDPT3混との同時接種も可能です。 



mark 08/11/17
次回の休日当番
すこしサボっていたら11月も半ばとなりそろそろ暖房がほしい陽気になりました。この一月間は咳の風邪、熱の風邪に加え嘔吐や下痢も出てきて今年はじめから考えても最も忙しかった気がいたします。インフルエンザの予防接種も重なり皆様にいろいろご迷惑をおかけしているのではと危惧しています。前にも書きましたがなるべく休日の前後を避けていただき、さらに雨の日などはお勧めです。
以前もこの欄に書きましたが、b型インフルエンザ菌(Hib)に対するワクチンがようやく12月19日から発売になるそうです。ただし供給量が少なく1人ずつ予約をいただいてからメーカーに発注するという面倒かつ迂遠な形になるそうで、かなりの混乱が予想されます。詳細が決まりましたらまたお知らせをいたします。
11月といえば七五三ですが、ただ着飾るだけの衣装屋と写真屋を喜ばせるだけの行事程度に思っていたのですが、考えなおしてみると、昔は赤ちゃんの多くは小さいうちになくなり、無事に節目の歳を、おおいなる喜びと感謝で迎えたのでしょうね。現代では皆正常に生まれて、誰でも元気に大きくなれると錯覚しがちですが、われわれすべて無事に過ごせることへの感謝の気持ちを持ったほうが良いような気もします。
休日当番の件ですが、次回は12月7日(日)ですが、区内の当番薬局さんは夕方5、6時までのところが多いそうで早めの受診をお勧めいたします。また院内にすこし薬を用意することも検討したのですが、当院は院外処方で届出をしているために、制度上困難とのことです。なかなかうまくいきませんね。



mark 08/10/08
急に寒くなってまいりました。
10月になり急に寒くなってまいりました。それに伴い急に発熱に咳や鼻汁を伴う風邪が増えてきました。月並みでがどうぞご用心ください。
前回お知らせしたごとく10月3日午後より疋田先生に代わって泉陽一先生に診療していただいております。とてもソフトな小児科医ですが当院のコンピュータシステムにに慣れていただくまで渋滞気味になるかもしれませんがご容赦ください。電子カルテはいい面も多いのですがこういった時にはかなりのネックになってしまいます。私自身も月一回ほど西台の板橋区小児平日夜間応急クリニックに伺うのですが、毎回のごとく操作がわからなくなり事務の方にお伺いを立てる始末です。私のは単に機械音痴なだけかもしれませんが…。
平日夜間の話が出たついでに休日当番の話です。ご承知のように交代で休日当番をやっておりますが、今まで当番の日には近所の薬局がご好意であけてくださっておりました。ところが今月以降は人員の確保が困難とのことで開けることが難しいとのことです。私のところは院外処方箋なので薬局がないと投薬に支障をきたします。区内の薬局さんも当番制で空けてくださっておりますが必ずしも近所とは限らずまた夕方5、6時までのところが多いそうです。夜半には院内にすこし薬を用意するか検討中です。なお次回の当番日は10月13日の体育の日です。医院でも薬局でも休日に長時間開けておくことは経営上はなかなかきびしいものがあります。何らかの補助も検討されるべきと思います。行政は院外処方を勧めておきながらちぐはぐな気がいたします。




mark 08/09/24
診療体制の変更とインフルエンザ予防接種予約開始のお知らせ。
10月より診療体制の変更があります。
金曜午後は疋田医師のご都合で担当医師が変わります。どなたかは未定です。当院のコンピューターシステムに慣れていただくまで渋滞気味になるかもしれませんが、どうぞお含みおきください。また小児外科外来(予約制)は上井医師のご都合で原則第2木曜になります。(10月のみ第3です)なお、はっとりの外来には変更はありません。
また10月より例年通りインフルエンザワクチンの予約を開始いたします。接種開始は11月の予定です。)ワクチンの本数とマンパワーに限りがあるため昨年より接種数を減らさざるを得なくなりました。そこで本年は原則こどもさん優先とし、成人の方は先着100名とさせていただきます。苦渋の決断ですが事情をご賢察いただきたいと思います。いずれもよろしくおねがいいたします。



mark 08/09/04
9月になりました
9月になりました。お休み中ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。学校や幼稚園も始まり通常の日々に戻った方も多いように思います。8月末から気温は低めでしたが、湿度は高くまた雷や局地的な豪雨もみられ天候も政情も不安定な日々です。そのためか9月はじめにしては風邪の方も多めでまた喘息の方には要注意なシーズン到来といった感じです。
先月も小児科医のよろこびについて触れましたが、もうひとつの喜びに単純なことですがお子さんの笑顔にであえることがあります。特に生後3月ぐらいの赤ちゃんのが屈託のない笑顔を見せてくれる時は至福のひとときです。まさに天使の微笑み(Angel's smile)ですね。もっともものの一月もたてば皆さん号泣するようになりますが、これまた正常の発達で仕方がないことです。時折謝るお母さんがいらっしゃいますがその必要はないと思います。私は赤ちゃんに限らず相手の笑う顔を見るのがすきなのですが、皆がその気持ちを持てれば世界は平和になるだろうなんてのは書生論なんでしょうか。
9月27日(土)は小児保健学会(札幌市)に出席のために休診とさせていただきます。その代わりというのではないのですが23日(火・秋分の日)は板橋区の休日当番日のため診療いたします。お間違いのない様にお願いいたします。
駐車場が1台分増え5台分になりました。他のスペースは当院とは無関係なのでほかに駐車したり、はみ出したりせぬようにおねがいいたします。事情をご賢察の上ゆずりあってご利用ください。



mark 08/08/04
8月になりました
8月になりました。例年小児科がもっとも暇な月なのですが、遠隔地に引っ越した方や近隣に里帰りされた方が久しぶりに顔を見せてくださることがひそかな楽しみの一つです。懐かしい方にお目にかかれるうえに、お子さんの成長の早さに驚かされることも小児科医の喜びのひとつです。最近は8月には病気が少ないと油断しがちですが、昔はむしろ病気が多くそのために予防接種も夏はしませんでした。夏の病気のひとつに食中毒があげられます。ほとんどの食中毒は普通に加熱することにより予防できると考えられますが、生の肉などは結構汚染されているようです。まさか離乳食に生肉を与える方はいらっしゃらないでしょうが、肉を切った包丁やまな板でスイカを切ったり、あるいはハンバーグを作った手をよく洗わずに赤ちゃんに触れるなんてなことも危険ですね。安全は決してまわりから与えられるものではありません。



mark 08/07/19
8月の診療予定
ようやく梅雨明けとなりました。8月の診療予定を決めましたのでご報告させていただきます。8月16日(土)〜19日(火)までをお盆休みとして、また28日(木)〜31日(日)を日本外来小児科学会出席のために休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがお許しいただきたいと思います。また8月1日(金)の午後は疋田先生が学会出張のためお休みで服部が代わって診療いたします。小児外科外来と心理外来ほっとは例月どおりの予定です。なお小児外科外来は上井先生のご都合で10月からは木曜日午後に移る予定です。いろいろごちゃごちゃいたしますがよろしくお願いいたします。



mark 08/07/04
梅雨のさかりですが…
梅雨のさかりですが、気温が例年より低めでやや不順のように感じます。さいわい特定の疾患の大流行は見られていないようです。一時チャドクガの幼虫による皮膚炎が見られましたが、昨年ほどの騒ぎには至らないようです。他には溶連菌感染症がすこし見られている程度です。
また予防接種のお話ですが、いつもと角度を変えてみます。先月の発展途上国の高い乳幼児死亡率とも関連しますが、地球上ではいまだに多くのこどもがワクチンを受けられず予防できる病気で亡くなっています。少しでも彼らを救おうとペットボトルのキャップを集めてワクチン資金にしようという運動があることを最近知りささやかながら協力させていただこうと考えております。ボトルまではリサイクルしてもキャップまでは捨てていた方が多いのではないでしょうか。キャップ800個でポリオワクチン1人分だそうですが、大勢でやれば無理なく効果が上がるような気がします。もしご賛同いただける方がいらっしゃるならはっとり小児科にご持参いただければ、責任を持って協会にお届けいたします。まもなく北海道洞爺湖でサミットが開かれるようですが、こういった問題にも触れいただけると小児科医としてはうれしいですね。
中1および高3の方のはしか風疹・混合ワクチン(MRワクチン)、11歳、12歳の方のジフテリア・破傷風混合ワクチン(DTワクチン)の接種率が低いようです。夏休みがチャンスです。おうちにあるうす茶色あるいは緑色の紙を持ってどうぞいらしてください。(当院は予約が必要ですが)
当院の夏休みに関してはまだ未定なのですが少なくとも7月中は暦どおりの診療をさせていただこうと思っております。決まり次第院内掲示とともにこの欄にも書かせていただきます。よろしくお願いいたします。



mark 08/06/02
6月になりました
5月はこれといった流行もなく穏やかに過ぎた感じです。いつも予防接種の件で怒ってばかりいるようなので話題を変えましょう。
ユニセフのベネマン事務局長が28日横浜で「アフリカ子供白書」を発表しました。2006年に5歳になる前に死亡した子供は世界で970万人、うち半数以上がアフリカに生まれた子だそうです。最悪はシエラレオネという国で、1000人のうち5歳までに270人が亡くなるとのことです。日本は約3人なので100倍近いですね。おそらく大半は栄養不良、下痢、感染症で先進国なら十分に防ぎうる死なのだろうと推察します。日本もかつては乳幼児死亡率が高く、七五三など節目の歳を大きな喜びや感謝とともに迎えたのでしょう。今の七五三は喜び、感謝といった趣はほとんどなく、華美に着飾ることが主目的になっているように見えるというのはきっとなんとかの繰り言なのでしょう。でも地球って相当な格差社会ですね。
日本の乳幼児死亡率は世界最低ですが、乳幼児死因の一位は事故です。残念ながらこどもの事故死率は先進国中では高い方です。交通事故のほかは誤飲、転落、溺水、やけどといった家庭内でのもので、ほとんど予防は可能でしょう。健診等でご注意申し上げることも多いのですが、常に眼を離せないということはかなり大変なことです。すべてをお母さんに任せて責任を負わせるのは無理な話でお父さんやご家族あるいは社会全体でもバックアップするシステムが必要でしょう。これは老人や障害児者の介護でも同様だと思います。弱者に優しい社会って成熟していてすばらしいですがまだまだですね。
6月の診療予定としては20日(金)の午後は疋田先生はお休みで服部が代わります。22日(日)は休日当番です。ほかに心理外来“ほっと”と小児外科外来も予定どおりです。



mark 08/05/09
Hibワクチンについて
あっという間に5月の連休も過ぎてしまったという感じです。4月から5月にかけて雨も多く寒暖の差もありで体調を崩した方も多かったように思います。病気の流行も変な具合で、この時期にまだインフルエンザの方がいたり、RSウイルスというこれまた冬にはやるかぜの方が少し出ているようです。小児科の歳時記もだいぶ狂ってきて、やりにくくなってきたなという感じがいたします。
以前この欄でも書いたHibワクチンの件ですが、本年1月に認可になったとのことですが実際に物は手に入らず夏以降という噂です。このワクチンによりインフルエンザ菌b型による細菌性髄膜炎の予防が期待されるのですが、この菌による病気でほかに急性喉頭蓋炎という病気があります。発病してからあっという間に窒息を起こし死に至るまれですが大変恐ろしい病気です。髄膜炎同様に発病初期には普通の風邪との区別が難しい厄介な病気ですが、Hibワクチンが施行されている多くの国ではほとんど見られなくなっています。最近私のところにおかかりの方がこの疾患に罹患されました。さいわい近隣の病院のおかげで回復されましたが、一歩遅かったらと考えると凍りつく思いがいたします。繰り返しますが、予防接種を受けるか否かは個人の自由と思います。が受ける自由を行政により奪われるべきではないと思います。日本はワクチン超後進国です。



mark 08/04/01
新年度を迎えました。
桜も咲いて新年度を迎えました。花冷えもあり体調を崩す方も多いようです。ソメイヨシノは実を結ばない品種で接木により広がったそうですね。生物学的には同一の遺伝子を持ついわばクローン桜ということになるのでしょうか。そのため一斉に開花し、なおさら興趣を添えるのでしょう。しかし環境の変化や天敵の出現に対しては弱さも持ち合わせているのでしょう。国花としては意味深長ですね。
またワクチンの話題ですが、はしか風疹混合ワクチン(MR混合ワクチン)が、中一、高三の方も公費で受けられるようになりました。そこで現時点でのお勧めをまとめてみます。
【1】1歳の方:直ちにワクチンを受けましょう。ポリオよりも優先です。
【2】新年長さん、中一、高三世代の方:2回目のワクチンを受けましょう。期限は来年3月ですが、春先ははしかがはやりやすいのでなるべくお早めに。

しつこくワクチンの話題です。百日咳がひそかに流行しているようです。お父さんは咳の長い風邪と思っていたところ赤ちゃんがうつって一大事になることがあります。乳児の百日咳はしばしば致死的です。3月を過ぎたらなるべく早めにDPT三種混合ワクチンを受けましょう。これもポリオより優先です。



mark 08/03/03
5周年を迎えて。
3月1日をもって無事5周年を迎えさせていただきました。節目の年なのですこしほっとしております。あらためて、患者さん、ご家族はじめはっとり小児科におかかわりくださったすべての方々に深く感謝いたします。今後もよろしくお願い申し上げます。本当にあっという間のようにも感じますが、赤ちゃんだった方たちが真新しいランドセルでいらっしゃったときなどにはこんなに時間が経過したんだなどと開業小児科医の喜びみたいなものを感じます。今後さらに気を引き締めてゆきたいと考えております。
今冬はこの5年間でもっともインフルエンザが少なかったように思います。その分嘔吐、下痢やゼコゼコするかぜが多く見られ小さい赤ちゃんたちにはかえってご難だったかもしれません。春が近づくと昨年のようなはしかの流行が危惧されます。板橋区内でも成人を中心に散発しているようです。しつこいですがはしかワクチン(MR混合ワクチン)を受けましょう。また、以前この欄でも触れましたインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンが今年から使えるようになるとのことでしたが実際に出回るようになるのは今夏との話もあります。厚生労働省も懸案の諸問題があり大変でしょうが、早くしていただきたいものです。ただ問題としては自費となり計4回で約3万円ほどかかるのではと言われております。個人負担では大変ですね。九州では公費負担で行うことを決めた自治体もあるようです。板橋区でもぜひお願いしたいものです。私は個人的には全体の医療費を無料化するよりこういったことに重点的にお金を使っていただいたほうが、子供たちの幸せにつながるようにも思います。



mark 08/02/03
2月になりました。
正月はみなさん一斉にお休みになるので明けは静かなことが多いのですが、今年は特にその傾向が顕著でした。この静けさをいっぺんに打ち破るのは例年インフルエンザなのですが、今冬は寒いことは寒いのですが断続的に雨や雪が降ったためか大爆発には至っていないようです。しかし本格的な流行はこれからでしょうから決して油断はできません。残念なことに板橋区内では未だ麻疹(はしか)が散発しているようです。4月に新たに小学1年生になる方々はMR(はしか、風疹混合)ワクチンはお済みでしょうか?3月一杯が期限です。また4月以降に新たに中学1年、高校3年になる方々がMRワクチンの追加接種の対象になると思いますが正式な通達が来ておりません。また改めてご案内いたします。

最近マスコミ等で医師不足が言われています。最近まで医師過剰が言われていたのにどういうわけでしょうか?厚生労働省は医師不足といってはおりませんが現場では足りないのは事実でしょう。その原因は詳しくはわかりませんが
(1)研修医制度の変更で2年間新戦力が補充されなかった。
(2)高齢化や病気で診療できない医師が増えている。
(3)女性医師の増加に伴い子育て等の理由で一線を退いている医師が増えている。
(4)医師が都市部や大病院に偏在している。

などの理由が考えられます。思うに夜間診療のことを考えれば医師数は以前から不足していたのではないでしょうか。特に若い医師たちの使命感でなんとか支えられていたのかと思います。最近はそれらの医師も高齢化し、時代の流れから医師たちの思考の変化、夜間外来の需要増大で問題が顕在化してきたのかなと考えます。由々しき事態に至らぬよう改革を望みます。



mark 08/01/01
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。おかげさまでまた新たな年を迎えさせていただきました。5年目になるとさすがに年間のペースもわかってきた感もあるのですが、いまだに診療に関して年毎に新発見があります。開業したての不安と希望がごちゃごちゃになっていた気持ちを忘れず今年もいきたいと思います。このような時よく“初心忘るべからず”ということばを引用しますね。どうもこれは本来の意味は慣れてきて上手になりはじめた頃が最も危険であるということを言ったものだそうです。どちらの意味でもいまのはっとり小児科にあてはまるような気がします。どうぞ本年もよろしくお願いいたします。



mark 07/12/05
12月です。
今年の秋は例年より暖かく病気の方も少なかったのですが、11月以降風邪の方もやや増えてきました。しかし昨年今頃のノロウイルス騒ぎを考えるとだいぶおとなしいようです。またインフルエンザも散発しているとのことですが、今のところ幸い大爆発には至っていないようです。
最近、食品メーカーなどの賞味期限改竄が話題ですが、われわれが有効期限切れの薬品を使用するようなもので許されざる行為であることは論を待ちません。しかしどうしてもひっかかってしまうことは、実際にはわれわれ消費者も見分けられないのですから、賞味期限切れでも十分食べることはできるものなのでしょう。とするとまだ食べられるものを廃棄するということになるわけで、地球上には飢えている方が大勢いらっしゃるのにこれまた罰当たりな行為と思えてしまいます。もっと賢い解決法があるように思います。
当院でも有効期限切れのワクチンを接種することは絶対にありませんが、医学的にはおそらく有効な余ったワクチンを発展途上国のこどもたち接種してあげたいとも思ってしまいます。たとえば板橋区の集団接種で余ったポリオワクチンをインドやアフリカのこどもたちののませてあげればどれだけのお子さんを死亡や麻痺から救ってあげられるのでしょう。

年末年始の診療体制をお知らせいたします。年末は12月29日(土)まで診療いたしますが、29日は休日当番日です。30日から1月4日までは生意気にお休みをいただき5日(土)より通常診療(土曜日なので半日ですが)とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいいたします。



mark 07/11/05
11月になりました。
つい先日まで暑いのなんのと文句を言っていたのに速いものです。例年通りインフルエンザの予防接種が始まりました。昨年も触れましたが、この時期だけのものなのでどうしても人手不足となりご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますがご寛恕いただければありがたいです。小児科をやって感じるのは、混む時とすく時の差が激しいことです。季節だけでなく、曜日、時刻、天候などさまざまな要素があるようです。“ゆっくりお話したい”と“長時間お待たせしたくない”の両立は難しいものです。予約制にすればある程度解決できるのでしょうが、前にもこの欄に書いた理由でためらいがあります。どうぞあまり待ちたくないとお考えの方は、休みの前後、受付時間の開始直後あるいは終了間際をできる限りお避けいただきたいと思います。あと雨の日はお勧めかもしれませんが大変ですね。もっともこの問題はどの業界にでもあるでしょう。私も新幹線や飛行機などを利用するのが、年末年始、ゴールデンウイーク、旧盆の頃にほぼ限られるのでいつも超満員というイメージがあります。
話は変わりますが○○ちゃんを救う会などと架空の難病患者さんと会をでっち上げ善意の方々の寄付をだまし取るという犯罪があったことを知りました。医療関係者として腹立たしいというより悲しい出来事です。救う会の是非論はともかく、病気に苦しむ患者さんとご家族のお気持ちを思うといたたまれません。
11月23日は板橋区の休日当番日で診療をいたします。申し訳ありませんが服部は所要のため午後1時くらいで疋田先生と交代する予定です。



mark 07/10/01
10月になりました。
先月末から急に寒くなりました。近年気候の変化が激しくなっているような気がしますが何事も穏やかに願いたいものです。われわれは郵政民営化の影響はあまりなさそうですが、医療制度も変更があり板橋区などで中学生までの医療費が無料になりました。小児科医にとってもありがたいことには違いないのですが、一方で難病のお子さんへの補助等は厳しくなっているのも事実で釈然としません。いずれにしても医療費は有限であり無駄遣いはしたくないものです。
またインフルエンザワクチンの季節となりました。接種開始は11月1日を予定していますが、10月2日より予約をお受けしております。お電話あるいは直接お受けいたしますが、人手不足等のためいろいろご迷惑をおかけするかもしれませんがご容赦ください。今シーズンもインフルエンザにあまり暴れてほしくないものです。



mark 07/09/11
9月になりました。
長い間サボって申し訳ありませんでした。ことしは秋が早いのでしょうか?このところ台風も多くくるように感じます。日本だけの話でなくハリケーンの話題も増えているようですし、地球温暖化による海面温度の上昇のためと考えるのは杞憂でしょうか?子孫のためになるべく自然のままの形を残して生きたいものですが、人間が生息していく限り自然への負荷はかけていますね。特に医学なんてかなり不自然なことをやっているのかもしれません。
小児外科外来はおかげさまで第2火曜日午後に予約制でさせていただいておりますが、今月は予約があふれてしまいました。ややお待たせするかもしれませんがご理解ください。状況によっては回数を増やしたいと思います。また9月24日(祝)は休日当番9月28日(金)午後は疋田先生が学会出張のため代わりに服部が診察させていただきます。



mark 07/07/28
夏季休診のお知らせ
ことしは7月に入ってからのほうが雨が多い気がします。昔に比べ梅雨明けがだんだん遅くなっているように感じるのは歳のせいでしょうか?その上台風、地震と各地でいろいろご難続きです。人間の力ってやっぱりちっぽけですね。
はしかはだいぶ沈静化したようです。のどもと過ぎれば何とやらの方もおいででしょうが、ワクチン未接種の方はぜひこの際受けられることをお勧めします。(もう耳タコでしょうが…)さいわいワクチン不足も解消しつつあり、当院でもどなたもお受けいただけるようになりました。ただ板橋区の緊急接種は8月31日までなのでご注意ください。なお板橋区小児科医会としてはぜひ期間延長をとお願いしているところです。話のついでですが任意接種である水ぼうそうとおたふくのワクチンにも区からの補助をいただけるようお願いしています。他の区(足立区、品川区)や自治体では実現しているところもあります。日本脳炎ワクチン、Hibワクチンなどこの国のワクチン政策もまだまだだなあと感じます。

夏季休診のお知らせですが、8/11(土)から8/13(月)をお盆休みとして、および8/23(木)から9/1(土)は国際小児科学会(ギリシア共和国、アテネ市)に出席のため休診とさせていただきます。9/3(月)から通常診療です。御迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。開院して初めての海外出張のため例年より長くサボってすみません。
先回もお知らせしましたが小児外科外来は原則第2火曜日午後に予約制でさせていただいておりますが、8月のみ第1火曜日の7日にさせていただきます。また8/3(金)午後は疋田先生が学会出張のため代わりに服部が診察させていただきます。いろいろ変則的ですみません。



mark 07/07/03
車で来院の方へのお願いと
診療についてお知らせ
梅雨にしては雨が少ないまま7月に入りました。マスコミのはしか騒ぎも一段落というところでしょうが、まだはしかはでており警戒は必要です。ただ乳幼児の患者数が例年より増えていないという事実は1歳児へのワクチン接種の普及の賜物と考えてよいでしょう。騒ぎがすめば忘れるのが日本人の悪い癖なんでしょうが、はしか撲滅のチャンスでもあるわけですから対象の方には積極的にワクチンを受けていただきたいと思います。また板橋区の緊急接種は8月31日までなのでご注意ください。ただワクチン不足が続いていることは心苦しい限りです。
車でおいでいただく方にお知らせとお願いです。当院駐車場は4台分になりました。新しい場所はやや狭くてご迷惑をおかけします。他のスペースは当院とは無関係なのでほかに駐車したり、はみ出したりせぬようにおねがいいたします。事情をご賢察の上ゆずりあってご利用ください。
小児外科外来は原則第2火曜日午後に予約制でさせていただいておりますが、8月のみ第1火曜日の7日にさせていただきます。また7月6日(金)午後は疋田先生が学会出張のため代わりに服部が診察させていただきます。7月16日(月)は板橋区の休日当番日のために診療いたします。なお後半は疋田先生にお願いする予定です。ことしは明るい夏になるといいですね。



mark 07/05/30
はしか(麻疹)その2
はしか騒ぎが続いています。大学生世代を中心とした流行で、この世代は例のMMRワクチン騒ぎ(下記に解説します)で接種率が低かったことが最大の原因かと思います。保育園幼稚園世代はかなり接種率が高いために近隣の園をはじめ大流行にいたっていないことが小児科医として少しは慰められるところです。板橋区では緊急接種として生後9か月から中学生までの未接種未罹患の方に無料でワクチン接種をすることになりました。

「麻疹(はしか)の緊急対策(予防接種)のお知らせ」

これ自体は英断と思いますが、ここに来てワクチン不足が問題になっています。厚生労働大臣はワクチン供給は問題ないとおっしゃっておられましたが、われわれのような零細医院では十分に手に入りません。そこで心苦しいのですが当面未接種の中学生以下の方を優先に接種をさせていただくことといたしました。もちろん今までに予約をいただいた方には責任をもってやらせていただきます。限られた本数で最大の効果を得るための措置ですのでご賢察いただけると幸いです。なおこの事態はかなり流動的ですので適時お問い合わせください。
しかし昭和30年台に日本でポリオが大流行した際、当時国交のない国からもポリオワクチンを緊急輸入し見事に流行を鎮圧しかつポリオを日本から絶滅した歴史に学ぶことはできないのでしょうか。きっと今なら国交のある国々からはしかワクチンを緊急輸入できると思うのですが。私が厚生労働大臣なら…なんて、ややしつこいですね。思い返すと昭和60年代のMMRワクチン導入失敗はまことに痛恨事だと思います。
先月も触れましたが小児外科外来は6月10日(火)より予約制にさせていただきます。ただしご存知でない方もおいでかと思いますので、皆様に診察は受けていただこうと思っておりますが予約のない方はお待ちいただく時間が若干長めになるかもしれません。また6月15日(金)午後は疋田先生が学会出張のため代わりに服部が診察させていただきます。
よろしくお願いいたします。


(解説)
MMRワクチンとははしか・風疹・おたふく風邪の3種混合ワクチンで、今の高校生から大学1年生にあたる世代が赤ちゃんのころにはしかワクチンに代わってこのワクチンを受けることができました。しかしこれに含まれるおたふく風邪ワクチンで無菌性髄膜炎が多発したため中止になりました。そのためこの世代は(はしかの単独ワクチンをうつ選択肢もあったのですが)接種率が低くなってしまいました。なお日本以外のほとんど先進国ではMMRの2回接種が行われこれらの病気は過去のものとなっているそうです。



mark 07/04/28
はしか(麻疹)
タミフル騒ぎが一段落したと思ったら今度ははしか騒ぎのようですね。同じことの繰り返しですがはしか(麻疹)は適切にワクチンをうてば撲滅が可能な病気です。周辺諸国ではしか撲滅宣言が出される中で、わが国でこのようなことが繰り返されることは小児科医として情けない気がします。が、禍い転じてということでこの際小児のみならず罹患歴のない成人も含め希望者全員にワクチン接種をするくらいの政策をとれないのでしょうか。(ワクチン供給の問題はありますが)私が厚生労働大臣だったらぜったいにやるなあ。
4月10日の小児外科外来は多くの方においでいただき、お待たせして申し訳ありませんでした。今後は予約制も検討しますが、次回は5月8日(火)15:30より従来どおりに行います。よろしくお願いいたします。どうぞお気軽においでください。
まもなくゴールデンウイークですね。ことしは暦どおりの診療体制ですが4月30 日(月)は板橋区の休日当番日のために診療いたします。なお後半は疋田先生にお願いする予定です。5月は明るい月になるといいですね。



mark 07/04/01
桜が咲きました
桜には華やかさと同時に寂しさを感じます。ことしは花が咲いてもまだインフルエンザがみられています。峠は越えましたが、ワクチンの効果も薄くなっていることしょうから今しばらくの注意は必要でしょう。タミフル騒ぎも続いています。タミフルを使った方も、他の抗インフルエンザ薬(リレンザなど)を使った方にも、また一切薬を使わないインフルエンザの方も、さらにはインフルエンザ以外の高熱の方も異常行動の報告はあります。お亡くなりになった方は本当にお気の毒ですが、頻度はそう多くはないようです。タミフルが悪者なのか否かは現在のところ神様しか知らずまた人体実験もできないのですから、厚生労働省には冷静かつ公正で大規模な調査をしていただきたいと思います。ワクチン行政も同じですがお役人様の保身のためでなくこどもたちの健康という視点でお願いしたいものです。また騒ぎを作って耳目を集めるのがマスコミの本質といったら言い過ぎかもしれませんが、マスコミに煽られ過ぎない様にしたいものです。
4月10日(火)午後より小児外科外来を始めます。担当は帝京大学で小児外科を担当しておられた上井義之医師です。彼は間違ってもこどもが泣いたことを怒るような外科医ではなく、小児外科のみならず小児科一般にも精通しておられます。対象疾患はとお聞きしたところ、“おへそ、お尻、おちんちん、たまたまちゃん、いろんなところのしこり、うんちに関する悩み、ケガの治り、ケロイド等”とのことでした。小児(内)科でカバーできないことにはなんでも対応(少なくとも相談)しようとは思ってますとのことです。当面は予約制はありません。どうぞお気軽においでください。もちろん特別料金などは不要です。



mark 07/03/01
4周年を迎えさせていただきました
3月になりました。相変わらず暖かでこのまま春を迎えてしまうのでしょうか?もし温暖化が進行し国が海に沈むなんて許されないことだと思います。大国のエゴですね。
外国の話が出たついでですがおとなりの韓国ではしか撲滅宣言がでました。一方北朝鮮でははしかが大流行し、死者も4名と報告されましたが実数はもっと多いのでしょうね。感染症の制御にも政治の力は大きいようです。ところが板橋区内でさえ先月も数名のはしかの患者さんが出ており、日本でのはしか根絶はほど遠いようです。その原因は国のワクチン施策にも大いに問題があると思いますが、受ける側にもあるように思われます。われわれ医療者の啓蒙も不十分なのでしょうが、国民全体に危機意識が薄いような気がします。前にも書きましたがきちっとしたポリシーをお持ちでワクチンをうけないというお考えは尊重されるべきと思いますが、実際にワクチンを受けていない方の大半は、怠慢、無理解に基づくものがほとんどに感じます。最大の被害者はワクチンをまだ受けられない年齢でかかってしまう1歳未満の赤ちゃんです。そこで啓蒙の一環として小児科医有志が“ワクチンうってはしかを完封”なる広告を千葉マリンスタジアムに出しておりましたが、ことしは広島市民球場に出すことになりました。予算の関係で年に1か所なのですがなんとか拡げていきたいものです。でもこんなことって小児科医だけでは無理な話で本来は公の仕事でしょうね。

話題は変わって、最近タミフルが騒がれておりますが、それについて簡単に書かせていただきます。
私の考えを箇条書きにすると
● インフルエンザには必ずタミフルが必要なわけではありません。
●タミフルを使用した場合には、特に使い始めは十分な監視をしましょう。
● 十分な栄養と安静に勝る治療法はありません。
● いずれにしてもほとんどすべての方が問題なく治ります。

てなところでしょうか。

隔週水曜午後に、心理外来“ほっと”をやらせていただいておりますが、院内には心理スタッフ2名しかおりません。彼女らは心理は専門家ですが、ふつうの小児科診療についてはプロではありませんのでお問い合わせ等には十分に対応し切れません。“院内に子供がいるのに・・”というご不満もありましょうが、事情をご理解くださる様にお願いいたします。
最後になりましたが、3月1日をもって4周年を迎えさせていただきました。月並みですが、患者さまはじめはっとり小児科におかかわりくださったすべての方々に深く感謝いたします。今後もよろしくお願い申し上げます。



mark 07/02/01
2月になりました。暖冬ですね。
2月になりました。暖冬ですね。そのためか今のところインフルエンザは例年ほど暴れてはいないようです。地球温暖化は大いに気になりますが、小児科医としては暖冬は歓迎です。しかし先月も書きましたがインフルエンザはけっして油断できる病気ではありません。
ところで近隣ではしか(麻疹)が発生したという極めて気になる情報がありました。ワクチン未接種の高校生の方だそうです。前にも書きましたがはしかも大変恐ろしい病気ですが、ワクチンを適切に行うことにより絶滅させることが可能な感染症です。現にWHOの発表によればワクチンの普及で開発途上国のはしかの患者、死者ともに激減しているそうです。ところが板橋区内の新1年生の皆さんの麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の接種率が約50%くらいとかなり低いようです。3月いっぱいが期限ですが、もし皆さんいっせいに接種を希望されるとワクチンが足りなくなることが予想されます。最悪のケースとして1歳になったばかりの方がワクチンを受けられず4月に保育園ではしか流行という事態は是非避けたいものです。もし日本ではしかが増加したら世界の笑いものでしょうね。
2月4日(日)は板橋区の休日当番です。
朝9時からですが15時より服部に代わって疋田医師の診療の予定です。よろしくお願いいいたします。



mark 07/01/05
新年おめでとうございます。
はっとり小児科もおかげさまで4回目の正月を迎えることができました。ありがとうございました。

12月はかなり暖かだったようでそのためにインフルエンザはまだほとんど出ていないようです。毎年同じことを言うようですが、けっして侮れない病気で毎冬必ず流行します。十分な注意が必要ですね。
具体的には…
● 十分な休養をとりましょう。
● 手洗いうがいを励行しましょう。
● 部屋の加湿をしましょう。
● 人込みはできるだけ避けましょう。
● 不適切なダイエットはやめましょう。
● 外出はなるべく雨の降る暖かい日にいたしましょう。
● 帰宅後は着替えやシャワーをしましょう。
● ワクチンは可能な限り受けましょう。

てなところでしょうかか。

前にも書きましたが、1月16日(火)は都合により午前は11:00までの受付とさせていただきます。また同日午後は15時30分より服部に代わって疋田医師の診療となります。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいいたします。



mark 06/12/06
ウイルス性の胃腸炎と
年末年始の診療について
12月になりました。嘔吐下痢症が大変はやっています。ウイルス性の胃腸炎ともいわれ、時に大人もやられます。私ももらいましたが、吐き気ってほんとうにつらいですね。そこで感じる事を箇条書きで
(1)ウイルスの名前に神経質になりすぎないでください:よく“ノロウイルスですか?”などと聞かれますがふつうの病医院ではウイルスは推測はできますが特定できません。大切なことは何ウイルスであろうが特別な治療法はなくやることは同じだということです。
(2)最も大切なのは水分補給です:私も二言めには“よく水を飲んでね”といいますが、真水ばっかりではダメで電解質つまり塩も重要です。というとたいていのお母様方は“じゃポ○○ス〇〇ト・・・”などとおっしゃるのですがどうも市販のいわゆるスポーツドリンクは小児の下痢に対する電解質補給液としては塩が少なく砂糖が多過ぎるようです。市販のものでしたらORSと表示してあるやつの方が適当のようです。また簡単におうちでも作れます。(500mlのペットボトルに塩1gと砂糖20gと水をいっぱいいれてレモン果汁等で香りをつける)でもそんな大層なことをしなくても味噌汁やスープあるいは麺類の汁あるいはおかゆに梅干なんてお勧めかもしれません。
(3)感染予防にはやはり手洗いをしましょう:ウイルスは吐物と便に含まれています。おむつ替え後や吐物処理後の手洗いは特に念入りにお願いします。
新聞等でノロウイルスで死亡などと書かれると心配になりますが、おそらくそのほとんどはご高齢者やハンディキャップを持つ方かと思います。適切な経口補液さえすればふだん元気な方の嘔吐下痢症のほとんどは時間が解決してくれるはずです。

年末年始の診療体制をお知らせいたします。まず12月17日(日)は板橋区の休日当番日です。年末は12月29日(金)まで診療いたしますが、29日も休日当番日です。休日当番日は夜10時までの診療ですが、検査等は対応できないものもあります。また夕方から代診の先生にお願いする可能性もあります。30日から1月4日までは生意気にお休みをいただき5日(金)より通常診療とさせていただきます。また1月16日(火)は都合により午前は11:00までの受付とさせていただきます。また同日午後は15時30分より服部に代わって疋田医師の診療となります。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいいたします。



mark 06/11/10
インフルエンザの予防接種始めました
11月に入り当院でもインフルエンザの予防接種が始まりました。この季節だけの物なのでマンパワーが不足しがちで渋滞気味になることをお詫びいたします。このワクチンは毎年われわれも接種しており、一定の効果は得られてはいるのですが、はしかやポリオのように病気の絶滅を目指せるようなものではありません。もっとパワフルなインフルエンザワクチンができるといいですね。
以前にもここに書きましたが細菌性髄膜炎ワクチンの早期導入(Hibワクチンと肺炎球菌ワクチン)を厚生労働省に求める署名が始まりました。当院も賛同しています。できましたらご協力をお願いいたします。
最近、学童期の方を中心にマイコプラスマ感染症が良く見られるようです。的確に治療をすれば、ほとんどは重症に至らず治癒すると思われるのですが、お母様方からするとマイコプラスマに限らず、ヘルパンギーナであるとか、アナフィラクトイドなどどうも病名がカタカナで特に長いと驚く方が多いように思います。私の子供の頃はカタカナ名の欧米製品だとありがたがった名残りでしょうか?どうぞ病名だけでびっくりなさらないでください。




mark 06/10/05
10月になりました
以前にもお知らせしましたが、今月より金曜午後は疋田敏之医師にお願いすることになりました。疋田先生も十分信頼に足る小児科医ですが、当院の電子カルテシステムに慣れるのにはやや時間が必要かと思われます。その点のご理解をお願いする次第です。

ことしも来月よりインフルエンザワクチンの接種を開始いたします。それに先立って10月3日より予約受付を始めました。電話がつながりにくい等でご迷惑をおかけし申し訳ございません。

さて今月はおたふくかぜと難聴についてお話したいと思います。おたふくかぜ(正式にはムンプスといいます)の合併症としては髄膜炎が有名ですが難聴もあります。これは以前から知られてはいたんですが一万人に一人以下の比較的まれなものと考えられていました。しかし最近の調査では数百人に一人という報告もあり決して無視できないもののようです。たいていは片側だけなのですが、高度難聴で治療も難しくまた回復しないことも多いようです。髄膜炎はまず治りますので難聴のほうがずっと問題ですね。そこで提案なのですが

(1)おたふくかぜと診断された方は“指こすり”などの方法で発症後2週間ほど簡単な聴力チェックをいたしましょう。


(2) おたふくかぜワクチンをうけましょう。100%の効果が期待できるわけではないのですが難聴になる可能性を減らすことは間違いないでしょう。

なおご興味のある方は、
「ムンプス難聴の部屋」というホームページをご覧ください。
蛇足ですがおたふくかぜの合併症として巷間有名な睾丸炎からの男性不妊はお子さんではほとんど見られないようです。



mark 06/09/11
お知らせ
金曜午後は池本先生に来ていただいておりますが、ご都合により10月6日(金)より疋田敏之医師が代わることになりました。疋田先生はお若いですが小児科の経験も豊富で信頼できる先生だと思います。池本先生同様よろしくお願い申し上げます。
9月18日(祝)は板橋区休日当番日のため診療いたします。朝9時から午後3時まで服部が、以降は池本先生にお願いしています。こちらもよろしくお願いいたします。



mark 06/09/05
予防接種のおはなし
  あっという間に9月になりました。 今年は例年に比べ残暑がきつくないように感じるのは歳のせいでしょうか?
先週はお休みしたためご迷惑をおかけいたしました。おかげさまで床の張替えも終わり、またスタッフ一同学会出席し新たな知見とやる気をもらってまいりました。
学校、幼稚園も始まり気温も下がるとまた風邪が流行したり、喘息発作も起こりやすくなります。どうぞご注意ください。

また予防接種のお話ですが来年入学されるいわゆる“年長さん”児に麻しん・風しん予防接種(MR混合ワクチン)の第2期用の薄茶色(というのでしょうか)の用紙が配られているかと思います。1歳児に比べこの世代の接種率がやや低いようです。来年3月一杯ですので早めに接種されることを強くお勧めいたします。1年生になった頃には約10%のお子さんははしかの抗体が弱くなっているようです。どうも一般的に、親御さんたちはお子さんが大きくなるほど予防接種のことを忘れ気味になるようですね。
関連してもうひとつ11、12歳児を対象としたジフテリア・破傷風予防接種(DT二種混合ワクチン)の件です。緑色の用紙です。このワクチンを接種される方もかなり少ないように思います。理論的には乳幼児期にするDPT三種混合とDT二種混合の比率は4:1になるはずなのに実際は100:1くらいです。大きくなっても破傷風は怖いですよ。赤ちゃんの時にやったDPTは無効ですよ。日本の土中には破傷風菌は一杯いますよ。特にどろんこで怪我しやすい方には強くお勧めいたします。
さらにもうひとつ前にもこの欄で書いたHibワクチンの件ですが、細菌性髄膜炎の患者のお母さんが、ワクチンの早期導入(Hibワクチンと肺炎球菌ワクチン)をもとめる署名活動を始めるためHPを立ち上げられました。
『細菌性髄膜炎』から子ども達を守りたい

下記バナーからもHPに行けます。
小児科医として頭が下がります。
どうぞご覧ください。



mark 06/08/06
梅雨明け
梅雨もあけ8月になりました。暑いのは文句を言うくせに梅雨明けはうれしいものですね。例年8月はこれといった感染症もはやりません。そこで話題を変えて見ます。鮭の稚魚が成長し海から遡上するときに生まれた川へ戻っていく事は有名な事実です。ではなぜ生まれた川がわかるのかかは定説はないようですが、生直後に生まれた川の匂いや味を覚えているためのようです。これを刷り込み現象というそうです。大したものですね。われわれ人間も同様なことはあると思います。われわれがお乳につづいて最初に味わう離乳食はまさに刷り込みかと思います。大しておいしいとも思えないおふくろの味に懐かしさを覚えるのも離乳食の味付けが刷り込まれているためかもしれません。ところでこのごろ気になるのは離乳食に既製の物をそのまま与えるお母さん方が増えているようにも思います。自分流の味にアレンジしてから赤ちゃんに与えおふくろの味を刷り込んでおいたほうがいいようにも思います。
といったわけで小児科が最もヒマな季節を利用し、だいぶ汚れてしまった床の張替えおよび日本外来小児科学会への出席のためもあり8月17日(木)〜19日(土)および8月28日(月)〜9月2日(土)の日程でお休みをいただこうと思っております。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。
 



mark 06/07/04
梅雨の真っ盛りです。
先週あたりから突然の高熱、咳や鼻水はほとんどない、元気はまずまずといったタイプの風邪(いわゆる夏風邪なのでしょう)の患者さんが目立ってきたようです。病気にとっては季節の変わり目なのでしょう。新入園児さんは特に要注意ですね。といっても手洗いをして、栄養や休養を十分にといったあたりまえのことしかありませんが…。しかしあたりまえのことというか昔ながらのことというのは育児でも大切なことが多いような気がします。絵本なんかもそうですね。私なんぞもむかし同じ絵本を何回も読んでもらった記憶があります。先日1歳半健診で“絵本などで指差しをしますか?”という質問に対し“絵本は見せてない代わりにテレビを見せています”という方がいらっしゃってびっくりいたしました。2歳以下のお子さんにテレビを長時間見せていると言語発達遅延等の障害がでるのは事実のようですし、“テレビは子供には百害あって一利なし”あるいは“注意欠陥多動性障害(ADHD)”の発症との関連があるのでは”なんという意見もあります。当院でも待合室のテレビを撤去いたしました。テレビは絶対にいけないとはいいませんが、どうか皆さんもテレビに子守りはさせないようにいたしましょう。



mark 06/06/01
6月になりました。
ゴールデンウィーク明けから梅雨のような天候が続きますね。そのためか例年になく喘息の方の調子が今ひとつのようです。えらそうなことを言ってもわれわれ人類は自然の中で生きている生物であることを感じさせられます。

早速ですが、わが板橋にもはしかの患者さんが発生したようです。ここ数年予防接種の接種率が上がりほとんどなかったのですが、まことに残念でかつ恐ろしいことです。何とか拡大を防ぎたいのですが、そのためにもワクチン未接種の方の緊急接種をお勧めいたします。ただワクチンを接種された方でも流行がなくなったため抗体の持続ができずにかかってしまう方もおられます(その対策としてこの4月からの方は2回うちになったわけです)。
われわれ小児科医の願いははしか撲滅であり、実際ほとんどの先進国でははしかは過去の病気になっています。もうはしかの脳炎の患者さんは見たくありません。先月も違う病気で同じようなことを書いた気がします。本当に情けないですね。  



mark 06/04/20
新戦力が加わりました
前回お知らせした新戦力の件ですが、4月14日より新しい先生:池本博行医師が来てくださっています。(毎週金曜日午後)池本先生は小児科の診療経験も豊富でやさしい良い先生だと思いますが、当院の電子カルテシステムに慣れるまでには若干の日時を要するものと思われます。その点ご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご協力とご理解をお願いいたします。

どうもこの欄では予防接種の話題が多いのですが、たまたまこの3日間Y新聞にHibワクチンのことが連載されたのでふだん思っていることを書かせていただきます。聞き慣れないと思いますがHibとはインフルエンザ菌b型と呼ばれるもので(冬にはやるインフルエンザやエイズウイルスすなわちHIVとは違います。ややこしいですね。)赤ちゃんの化膿性髄膜炎の原因菌で最も多いものです。小児科医なら何回かこの病気で大変いやな思いをしているでしょう。いまだに日本で年間約600名ほどの赤ちゃんがこの病気で苦しんでおり亡くなる方や重大な後遺症が残る方もおられます。この病気の困る点は、熱の出始めではおそらくどんな名医が診ても単なる風邪と区別しにくいことでしょう。ほとんどの国ではワクチンが実施され過去の病気となっているそうです。日本でもワクチンの申請はされているのですがいまだに認可はされておりません。日本小児科学会でも昨年インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンの早期承認に関する要望書を出しました。どうぞ皆さん新聞記事に載っていた地図だけでもご覧ください。ほんとうに情けないことにこのワクチンが受けられない国はアジアの日本、北朝鮮、アフガニスタン、イラク、イラン等それにアフリカ諸国と旧ソ連の一部くらいです。私もベトナムやフィリピンで出産されたお母さんにHibワクチンの続きをお願いしますと言われたときとてもつらい思いをいたします。どうもこの国は子供しか被害を受けないことには非常に腰が重いのかなと感じるのは小児科医のひがみでしょうか。

かさねてのお知らせですが、
5月6日(土)は休診にさせていただきたいと存じます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



mark 06/04/01
4月です
この時期の話題はさくら、引っ越し、新学期といったところで、この欄でも新入園児はかぜをもらいやすいよとかおなじみになった方とのお別れがすこし寂しいなぁといった話が出がちですね。
そんなわけですこし話題を変えてプロ野球が開幕しました。前にも書きましたが千葉マリンスタジアムにワクチンうってはしかを完封との広告があるのですが、今年は風疹も加わりました。ところがマリーンズが優勝したせいか広告料が高くなったため当院でも些少ですが負担をさせていただくことになりました。今月からMRワクチンに移行しますのでこれを機に東京ドームをはじめいろいろなところへ出したいんですが小児科医だけの力では難しいですね。
新戦力が加わります。院長が歳のせいかやや疲れ気味なのと保育園、幼稚園や大学病院の仕事が増えたため、金曜日の午後の外来に新しい先生に来て頂こうかと考えております。詳細は後日またご紹介いたします。診療についての不安はないのですが、電子カルテを採用しているためこれに慣れるまでの時間が結構大変かなあと思います。皆様のご協力とご理解をお願いする次第です。
ゴールデンウィークですが5月6日(土)は休診にさせていただきたいと存じます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



mark 06/03/06
はっとり小児科も3周年…
3月です。早いもので3周年を迎えることができました。多くの患者さんとご家族の皆様はじめかかわってくださった方すべてのお力と感謝いたしております。ありがとうございました。3歳といえば人間ならばいっぱしの口を聞いてなかなかなものですがわれわれのほうはようやくひとり立ちができるようになった頃かなと思っております。

寒い寒いといっておりましたが、気がつくと梅もだいぶ開いてきました。伴ってインフルエンザもだいぶ少なくなりました。しかしまだ油断は禁物ですね。またインフルエンザというのは大した病気でインフルエンザが大流行をするとほかのウイルス性疾患は鳴りをひそめてしまう傾向があります。そんなわけでインフルエンザが減るに従いほかの病気たとえば水ぼうそう、嘔吐下痢症、りんご病あるいはプール熱などが見られ始めているようです。また溶連菌感染症(これはウイルスではありませんが)も以前から流行しています。このような感染症はヒトからヒトへと感染するものですが、これらを恐れすぎて学校や園などで不必要な隔離や検査を要求されることもみられ、まれにはいじめまがいの行動も耳にするのは残念なことですね。感染症には正しい知識をもって対応することが重要です。われわれの努力不足もありますね。自省します。しかしまだまだわかっていないことも多々あって困りますね。

話は変わりますが小児の救急がいつも問題になりますが日本小児科学会がおかあさんのための救急&予防サイト‐こどもの救急 http://kodomo-qq.jp/ というのを立ち上
げました。ご参考になさってください。でも私としてはおかあさんのための・・・というのがやや気にかかります。子育てはおかあさんだけのものではないでしょ。




mark 06/02/02
インフルエンザがそろそろ本格的になってきました
2月になりました。今年は寒い冬ですね。お正月休みは北海道に行っていたのですが帰ってきた東京の方が寒く感じられ冗談のようでした。おまけに雨も少ないためか、インフルエンザがそろそろ本格的になってきました。前野町近辺のインフルエンザは今のところ全部A型です。A型はB型に比べやや重症の方が多いようですが、幸いインフルエンザワクチンを適正に受けた方からの発症は昨年などより少ないようで発症しても比較的軽症の方が多い様にに思います。また希望された方にはタミフルの処方をしておりますが効果は見られているようです。ただし小児科医同士でのうわさ話では薬を使わなくても比較的軽い経過を辿る方もおられるのでタミフルの効果とは断定できません。毎年この季節はマスコミも小児科医のうわさ話も、インフルエンザ、抗ウイルス薬、ワクチン、学級閉鎖なんてな言葉が飛び交いますね。予防、治療の決定打に乏しくまたわかっていないことも多いために流言飛語も多いですね。でもやっぱりインフルエンザには安静と水分補給を基本とし、恐れすぎず侮らずですね。

いつも同じような話題で恐縮ですが麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)が4月から実施されます。(任意の場合は今でもできますが・・)それに伴い2歳以上で麻疹あるいは風疹ワクチンを未接種の方は4月から公費では受けられなくなります。ご注意ください。




mark 06/01/01
あけましておめでとうございます
なんとか3回目の新年を迎えることが出来ました。皆様にお礼を申し上げるとともにまた今年もよろしくお願いいたします。
またインフルエンザの話題ですが、昨年は私のところではインフルエンザと診断した方はまだいらしゃいませんでした。年末年始の休みで学校や職場がいっせいにお休みとなるので本格的な流行はきっと今月中旬以降かなあと考えております。ただこの冬は寒くて乾燥しているため大流行も危惧されます。新聞等でも出ていましたがタミフルの副作用うんぬんでまた不安を募らせている方も多いかと思います。今シーズンはなるべく正確で科学的な情報をお示しして親御さんにも判断していただこうかとは思っているのですが、まだまだわかっていないことが多いのとこの時期は患者さんがたくさんお出でいただくことが多く時間があまりとれない事が悩みです。なんとかいい方法をと模索中です。昨年も書きましたが、迅速診断やタミフルは万能ではありません。絶対に言える事はインフルエンザに対する最良の治療は安静と栄養と適度な保温だと思います。また合併症も大変に恐ろしい病気ではありますが、ほとんどの方が一週間もすれば完全に治るという事も事実ですね。恐れすぎず侮らずでいきましょう。栄養も大切なのでこの時期不適切なダイエットはやめましょう。




mark 05/12/23
年末年始の診療のお知らせ
遅くなってしまいましたが、年末年始の診療体制をお知らせいたします。
年末は12月29日(木)まで診療いたしますが、29日は板橋区の休日当番日です。夜の10時までの診療ですが、検査は対応できないものもあります。30日から1月5日までは生意気にお休みをいただき6日(金)より通常診療とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいいたします。また1月14日(土)は都合により10:30までの受付とさせていただきます。重ねてお詫び申し上げます。その代わりというわけではないのですが、1月22日(日)は休日当番日で診療させていただきます。当番日は結構ヒマなことが多くゆっくりお話ができるかもしれません。
では皆様良いお年を・・。来年はみんなもっといい年になるといいね。




mark 05/12/02
12月になりました
早いもので・・というのが枕詞となったような月初めのご挨拶です。ゼコゼコする方はだいぶ落ち着いたようですが嘔吐、下痢の方がかなり目立つようになって来ました。どうもウイルスは一種類ではなさそうで、くり返してかかってしまう方も見受けられます。親御さんで、もらってしまう方も居られます。私も経験がありますが『吐き気』って辛いですよね。でも吐き気はたいてい半日くらいで山は越えるように思います。その後下痢をする事も多いのですがこれは一週間くらいは続く事も多いようです。後半戦は食欲も回復し元気も出てくれば安心でしょう。水分補給も含めた食事療法が最も大切かと思います。診察室でも申し上げるのですが、下痢の赤ちゃんは時折笑ってかつおしっこがまずまず出ていればまず大丈夫でしょう。
私はあまりテレビは見ないのですが、どうも鳥インフルエンザあるいはタミフルが少し話題になっているようですね。たしかに歴史的に見ても、自分のわずかな経験からでもインフルエンザは現在人類が直面する最も厄介な感染症のひとつであることは間違いないでしょう。そしてわれわれ一人一人は冬になるといろいろ対策を講じる必要があると思います。この件はまた来月以降にも書かせていただこうかと思いますが、まずはじめに言いたいことは、マスコミに煽られすぎずにしましょうということです。




mark 05/11/04
インフルエンザの予防接種がはじまりました
11月になりました。あっという間にになってしまったという感じです。例年より雨が多かっためか、ゼコゼコしやすいお子さんにはちょっときびしい秋のような気がしています。
当院でもインフルエンザの予防接種がはじまりました。
ことしは当院の事情でやや人手不足のため予約等の面でご迷惑をおかけしているものと思います。申し訳ございません。

話は変わりましたがプロ野球千葉ロッテマリーンズが日本一になりました。私は別にプロ野球にはさしたる興味はないのですが、ことしはひそかにマリーンズを応援しておりました。というのも、千葉マリンスタジアムに小児科医有志が出した「はしか撲滅!ワクチン打って麻疹を完封!」なる広告があるからです。失礼ながらどちらかといえば地方区のマリーンズでしたが、交流戦や日本シリーズのおかげで少しは全国区となり、これを機にすこしでもはしかワクチンに対する関心が高まればよいなと考えています。天然痘やポリオと同様はしかはワクチンで絶滅が期待できる病気とされています。
ところで昨月にも書きましたが麻疹(はしか)と風疹の混合ワクチン(MRワクチンといいます)の件ですが板橋区に問い合わせたところ7歳半までは有効というオレンジ色やピンク色の紙は来年4月以降は無効はならず、2歳の誕生日の前日までは有効とのことらしいです。(ポリオ会場で配られた要旨の説明とずれがある?)いずれにして早めに接種することをお勧めいたします。
一般的な話ですが、ワクチンは効果100%、副反応0%というのが理想ですがそんなものは現在はありません。そこで親御さんが熟慮されポリシーを持ってこのワクチンはうちの子には見合わせておこうというお考えは尊重したいと思います。しかしいま未接種者のほとんどの方は『忘れてた・うったと思っていた・面倒だった』なんてな方が失礼ながら多いようにお見受けします。それではあんまり子供さんがかわいそうに思ってしまうのですが・・・。




mark 05/10/01
インフルエンザの予防接種の予約受付を開始いたしました
10月になりました。例年より秋が早く来ているように感じますが歳のせいでしょうか?『暑さ寒さも彼岸まで』とよく言ったものでお彼岸を迎えた頃より涼しくなり、それに伴って咳や鼻水がでてくる風邪の患者さんが増えてきました。初めての運動会という方も多いと思いますが、初めての方は免疫があまりないわけですからどうぞ休養と栄養を十分に摂り風邪にお気をつけください。
さて当院でも来月からインフルエンザの予防接種を行います。それに先立ち今月1日より予約受付を開始いたしました。ほかのワクチンに比べ効果や効果持続期間等にはまだ不満もありまた有料なのが心苦しいのですが一定の効果はあると考えられますのでご希望の方はお早めにお願いいたします。なおわれわれも毎年やっております。
またワクチン関連でもうひとつの話題です。来年4月1日以降の対象の方より、麻疹(はしか)と風疹のワクチンが混合ワクチンを2回うつ事になった様です。1回目(1期といいます)は1歳時にうつと言うことはよいのですが、2期が『5歳以上7歳未満で、小学校就学の1年前から小学校就学の前日までの方』とのことです。1回読んだだけでわかった方はいらっしゃいますか?私にはチンプンカンプンでした。要するに年長さんの時にやろうとのことのようですが・・。これに伴って最も問題なのは現在2歳以上ではしかや風疹のワクチンをうっていない方です。7歳半までは有効というオレンジ色やピンク色の紙をお持ちかと思いますが、それが来年4月以降は無効になるようです。(理由はわかりません)どうぞいま一回母子手帳をご確認ください。




mark 05/09/03
9月になり学校、幼稚園も始まりました
私どもも長期にお休みを頂きご迷惑をおかけいたしました。おかげさまでリフレッシュできました。また学会にも出席できいろいろと新しい知識と刺激も得ることができました。開業したらなかなか学会には行けないだろうと考えていたのでうれしかったです。ありがとうございました。今月はおそらく残暑が気になる間はまだあまり風邪もはやらないでしょうが、徐々に涼しさを覚えるころにまたいろいろなウイルスが活躍しだすのではないでしょうか。いわゆる夏の疲れとあいまって要注意ですね。また台風が近づくと喘息のあるお子さんはなおさら大変な方が多いですね。あやしい方は準備をしておきましょう。しかし小児科というのは本当に季節感のある仕事で、独特の季語が存在します。さしづめ今月は喘息発作かな。あんまりうれしくありませんね。話は変わりますが、以前この欄でご紹介させていただいた心臓疾患の患者さんが無事心移植を受けられて帰国されました。喜ばしいことです。ホームページはhttp://ami.heart.mepage.jp/です。




mark 05/08/05
8月の休診のお知らせ
  本格的な夏になりました。暑くなって風邪のウイルスもおとなしくなり、幼稚園や学校はお休みで流行もなく、その上帰省等で留守にされる方も多いため8月は小児科が最もヒマな季節です。
最新情報ですが来年4月から、麻疹(はしか)と風疹の予防接種が2回接種(1歳過ぎと小学校入学前くらい)になるようです。詳細はわかり次第またおしらせいたします。小児科医としては2回接種は歓迎ですが、2歳を超えて未接種の方のあつかいがどうなるかが少し気がかりです。制度が移行する際はどうしても間にはさまってしまう方が出てしまいますね。そういった方が不利益にならないように願いたいものです。
そんなわけで8月にお休みと学会出張(日本外来小児科学会)をさせて頂きたいと考えています。そのため8月15日(月)から20日(土)ならびに25日(木)から27日(土)を休診とさせていただきます。長期間サボってご迷惑をおかけしすみません。




mark 05/07/07
日本脳炎のこと−その2−
  この6月は暑い日が多かったですね。
先月この欄でも触れた日本脳炎ワクチンの件ですが、ご承知かと思いますが6月20日より公費での接種は当院のような所ではできなくなりました。ご希望の方は最寄りの健康福祉センターで「説明書・同意書」の発行を受けた後に医師会病院で接種とのことです。

ところで暑さと日脳騒ぎのせいかことしは蚊に刺されるお子さんが気になります。蚊の多い場所や時間帯に外出される時は、虫除けグッズを活用する、赤ちゃんの露出部位のあまりにも多い服は避ける等の心配りも必要かと思います。私は洋服のことなどはとんとわからないですが、赤ちゃん用に風通しがよく、肌に密着せず(汗疹も多いですね)、露出部位は少なめで、できれば蚊が嫌がる材質で洋服は作れないものなのでしょうか?ほとんどの赤ちゃんはお母さんより絶対に蚊に好かれていますから。日本脳炎ワクチン勧奨差し控え対抗策やなんかいえば売れるような気がするんですが・・・。




mark 05/06/02
日本脳炎のこと−その1−
  もう6月になってしまったという感じです。日が長いのは気分がいいのですが梅雨は不得手です。
さて数日来われわれ一線の小児科医は日本脳炎ワクチン騒ぎで右往左往しています。私はY新聞をとっておらずまたTVもあまり見ないのでまさに寝耳に水でした。マスコミに流れてからほぼ丸2日後に正式な通達が(日付は前日のでした)届きました。順番が逆ではないのかなという気がしたのは私だけでしょうか。それも中止ではなく「積極的勧奨の差し控え」というまさにお役所的な文言で希望の方には同意書をいただいた後に接種してもよいとのことです。任意接種ではないのでこのあたりはお役所のご意見に従わざるを得ないのですが、できる限り患者さん(というより保護者の方々)にお話をして対応させていただきたいと思っています。
いろいろなワクチン論争は私が小児科医になる前からずっとつづいていますね。完璧なワクチン(効果が100%で副反応が0)は存在しないのですからその時点でのワクチンを受けるリスクとワクチンを受けないリスクの2つを冷静に比較して、最終的にはどの選択がその子の利益になるかを子どもに代わって保護者が判断してあげるべきだと思っています。われわれはそのためにできる限り公正なデータを示すのが役目であると思います。ワクチン推進論者も否定論者もあまり宗教的にならずに科学的に行きたいものですね。
 でも「日本脳炎ウイルスを持った蚊に刺されないよう」なんという勧告ってなんか笑っちゃいますね。




mark 05/04/28
ゴールデンウイークの診療のお知らせ
  新入園や新入学のお子さんは風邪などをもらって調子の悪い方も見受けられます。特に初めて集団生活に入った方などはが、わが子が急に病弱になってしまったと思う親御さんもいらっしゃるかと思います。けれどもこれは皆さん辿る道でもあります。1つ風邪をひけば1つ丈夫になったとぐらいに思っていただければよいですね。 ゴールデンウィークに子連れで遠出をなさる方も多いかと思いますが、どうぞ無理をなさらずにお出かけください。しかし小さい赤ちゃんなんかを(とくに体調の悪いのを押してまで)むりやり連れまわす方を拝見しますと、子どもの見方を自認する小児科医としては『きっとこの子は楽しくないだろうになあ』などと思ってしまいます。
5月1日(日)は板橋区の救急当番医
なので午前9時から診療をいたします。(この日はいらっしゃる方も少なめなのでお勧めです。ただし検査などはあまりできませんが・・)2日から6日まで生意気にお休みをさせていただこうかと思います。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

<GW診療案内>

4月29日(金)…休診
4月30日(土)…診療(午前診療)
5月01日(日)…診療(9時〜22時)

5月02日(月)
  ↓    …休診
5月06日(金)

5月07日(土)…診療(午前診療)




mark 05/04/ 01
新年度を迎えて
  インフルエンザもおちつき花粉症以外の方は平和に新年度をお迎えかと思います。新年度となっても特に小児科は変わりはないのですが、新入園や新入学のよろこびのおこぼれをいただける反面、おなじみになった方たちが転勤に伴い遠方に引っ越され一抹の寂しさを感じております。どうも歳をとってくると桜の花に寂しさを感じるようになるようですね。新入園児たちの希望あふれるはつらつさももらって新年度の再スタートを切りましょう。今年度もまたひとつよろしくお願いいたします。




mark 05/03/02
おかげさまで2周年
  3月の声を聞きおかげさまで2周年をなんとか迎えることとなりました。ほんとうにありがとうございました。この先も、わずかずつでも前進、発展を目指しますのでよろしくご指導、ご協力をお願い申し上げます。
さて先月中頃からインフルエンザが流行しております。ここ数年来マスコミの報道がSARS絡みや新型トリインフルエンザの話題もあり過熱気味でしたが、今年はノロウイルスに話題を先行されたためかおとなしいですね。しかし感じとしては昨年以上の流行という印象があり絶対に油断はできません。今年のインフルエンザの感想を私なりに列挙してみます。
(1)A型とB型がほぼ同時に並行して現れています。ということはたてつづけに2回かかる方もいらっしゃいます。
(2)検査万能とお考えの方がいらっしゃいますが決してそうではありません。特に発熱直後に来診されても検査はできません。
(3)タミフルさえあれば安心でもありません。効果が薄い方(おもにB型)がいます。また副作用が全くないわけでもありません。
(4)逆にA型でタミフルが著効した方の中にはインフルエンザを侮る方がいらっしゃいます。タミフルでインフルエンザ脳症の危険がなくなったわけではありません。解熱した後直後に大暴れすることは危険です。


インフルエンザに限りませんが私なりの結論です。
(1)風邪には昔ながらの安静、栄養、保温という治療法が最高と思います。
(2)マスコミ等の情報には踊らされすぎないのが賢明かと思います。




mark 05/02/03
2月になりました。
  小児科医はどうしてもインフルエンザにはいやな記憶があり、桜の花を待つ心持ちになってしまいます。例年小児科医が最も忙しい季節なのですが、インフルエンザが爆発していないためか、比較的安穏な生活を送らさせていただいています。ただどうしても患者さんのいらっしゃりやすい時間帯というのがあるらしく時には長い待ち時間を病気のお子さん方に強いることになるのは心苦しいものがあります。そこで、緊急でない方、比較的時間に余裕のある方、ゆっくりお話をなさりたい方には休日明けでない平日(特に火、金)の11時ころあるいは夕方5時ころがお勧めです。特に悪天候ならなおお勧めですがいらっしゃるだけで大変ですね。予約制を導入すればこの問題はある程度解決できると思うのですが、以前勤務していた病院での経験で予約がある良くなってきた再診の方が優先となり、急に悪くなった方は予約外なので待たされるというのがどうも気になったので小児科にはなじまないかなあと思い躊躇しています。何か良いアイデアがあれば教えてください。
話は変わりますが、実は一昨年私のところからお願いした心臓疾患の患者さんが心移植を望んでおられます。
ホームページは
http://ami.heart.mepage.jp/index.htm
です。もしよろしければご覧になってください。




-- 05/01/01
謹賀新年!
  明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。当初この欄は週1回くらいは更新をなどと考えていたのですが、多忙というより性格的な理由でほったらかしになっておりました。申し訳ありません。今年は少なくとも月1を目指します。昨年暮れはインフルエンザの流行開始は早かったのですが、暖かかった所為か大爆発には至らなかったようです。本日くらいからの保育園に加え、来週くらいから幼稚園、学校も始まりまた本格的な西高東低となってくると大爆発が懸念されます。毎年同じようなことがいわれますが、できる対策は十分に施し皆で警戒していきたいものです。インフルエンザ脳症のお子さんだけはもう見たくありませんね・・




-- 04/09/13
はっとり小児科のページへようこそ
  はっとり小児科も昨春開院以来1歳半健診の時期を迎え、時折転びながらでもひとり歩きができつつあるかなと感じられるようになりました。これも患者さんとご家族の方々はじめ関ってくださった皆様全員のおかげと感謝しております。さてこれを期にホームページを立ち上げる運びとなりました。この欄を利用させていただき、当院からのご連絡、ふだん診察室で話し足りないこと、思っていること等を少しずつ書かせていただこうと考えております。このホームページもはっとり小児科も少しずつでも成長していければいいなあと考えているところです。今後もまたよろしくお願いいたします。